ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

油  7…(備考2)

 

 
 

6/9記事に続き、下記のYouTubeを視聴した後半の感想を。 

https://www.youtube.com/watch?v=buN4-vVUktw

(アシタノワダイサマ動画・6/25現在 上記URL削除)

 

 

 

【上記内容の元ネタの動画】

A:武田氏 論説

https://www.youtube.com/watch?v=DmJiRsxDax4

B:スイス民間防衛について

  1. https://www.youtube.com/watch?v=eT1my43BGpU
  2. https://www.youtube.com/watch?v=tUuxd4ESpsc
  3. https://www.youtube.com/watch?v=EG6CMNFfcOM 

 

C:杉田水脈百田尚樹 フランスフリーペーパーにNHKの広告が…

https://www.youtube.com/watch?v=3SI3Cq7D5xs

 *この対談は上記動画内容にも繋がるような

話題です。(参考までに)

  

 ********************

 

Bの動画(1)で、

 スイスが第二次世界大戦の頃に、

国民の全家庭に配布した「民間防衛」の書から

以下を紹介している。

 

第1段階:工作員を政府の中枢に送り込む。


第2段階:宣伝工作。メディアを掌握し、大衆の意識を操作。


第3段階:教育現場に浸透し、「国家意識」を破壊する。


第4段階:抵抗意志を徐々に破壊し、平和や人類愛を
      プロパガンダとして利用する。


第5段階:テレビ局などの宣伝メディアを利用して、自分で
       考える力を奪ってゆく。


最終段階:ターゲットとする国の民衆が、無抵抗で腰抜けに
     なった時、大量植民。

 

 

 **************************************

 

 

上記内容をブログ記事で掲載している方々もおられる。

気になったので、「民間防衛(スイス政府編)」という書籍を購入してみたが、

この第1〜最終段階までのこの表記は、

民間防衛の書のそのままの転載ではなく、

本書後半の要約と思われる。

それはともかく、現代日本の現状を的確に指摘した内容と思い、

この記事にも記しておきたい。

ちなみに、ヤツラお膝元国家スイスの用意周到さはさすがダ。(苦笑)

 

ワタシのヘンテコな憶測デスが。

(その実、偽ユダなりの利己的なカルマの回避と思っている。

一応、書いてありますよね、伝えましたよね、約束しましたよね…という方法ダ。

こっそりとでも三次元的な表明や契約…偽善で、カルマを回避するというやり方。)

 

 

 

第二次世界大戦終戦直後から現代まで、

なるほど、日本はこのように推移していると思う。

正確には終戦直後に第1段階が始まり、

1段階は継続され2段階が始まり、

1、2段階は継続され3段階が始まり…という

グラデージョン状態の汚染脳であろう。

空気全体に紛れ込む始めはうっすらとした煙のように。

そしてその煙がじわじわと濃度を増していくように。

 

どこからどこまでかが分からないことや、

大衆が疑念を抱く隙を与えないよう、

完全にその状態に浸かるよう

仕向けるのも重要なことでもある。

 

 

大量の恣意的な情報で社会全体を満たしてしまえば、

その中で大衆は思考・選択・行動するようになり、

各々の心に湧く疑問の声はかき消され

真実に目を向けることさえ忘れてしまう。

本当のことに気付いた者、知った者の発言、

まともな判断で行動する者が、

変人扱いされてしまう社会に…。

 

 

一般人では知り得ない、戦後GHQ主導の日本政府の舞台裏で、

全うな日本人と工作員らの暗躍、その攻防戦を彷彿とさせる。

だがしかし、具体的には知り得ない不透明さ。それは増している。

年月が過ぎても明かされない、

あるいは御法度の案件(エネルギー・金融・企業事件…)が増え、

国の闇を更に深くしているようだというのが、いち国民の実感だ。

 

 

************************************************

 

以下、ロッキード事件の背景によせ考えたことを。

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/特別捜査部

東京地検特捜部はGHQ主導で設置された

“隠退蔵物資調査会”が前身なのだそうで。

調査会の設置は“隠退蔵物資事件”ということがきっかけだったという。

(この件も疑惑がうごめいていそうだけれども。

巨悪の末端はややこしすぎて凡庸ないち庶民は追わないことにしときマス…w)

 

戦後日本の混乱期に、国家中枢機関に工作員売国奴

GHQが配属するのは容易なことだったろう。

 

機密を知った者、間接にしろヤツラに加担した

悪事の過去を持つ者とて人の子。

時に、良心の呵責が芽生えたとしても

ヤツラから逃れることができるのは、

きっと死か社会的抹殺より他はない。

中枢の工作員本人が身に沁みていることだろうか。

偽ユダの飴と鞭、報酬と卑劣な間接的脅迫を

受けながら服従している、と想像してしまう。

 

偽ユダ支配が激化した近代から現代まで、家系や組織ぐるみで、

アジア圏に於いて在日・華僑等が、

主軸の工作要員(全てのジャンル・現場)__

_企業・財閥・官僚・議員・

_教育・医療福祉・宗教・芸能マスゴミ・各種団体__が

増え続けていることだろう。

ヤツラが大衆を欺き続ける嘘の上塗りは、

分厚くなる一方なのだから。

 

かつ、時代が下るにつれ世相・風潮が殺伐としたものになるばかり、と

感じるのも、そうした勢力が台頭している故の、

拝金主義、虚飾の権威権力主義、卑怯者の常識(非常識)が、

まかり通るようになってきているから、と思う。

 

ヒエラルキーで自分が優位であれば、

人を見下すことに罪悪感は無く

優越感に浸ることに違和感がない性質。

意識は欲望が席巻し、慈悲心や平等感、良心が欠落し、

感受性の鈍化。是、偽ユダ思考回路。

 

 *************

 

 

毎度、政治経済事件で物々しくTVニュース映像に登場する特捜の様子は、

国家権力への恐怖心を国民に与える非常に有効な

パフォーマンスともなっていることだろう。

ニュースや映画小説ドラマドキュメンタリーなどで

崇敬される超エリート集団のイメージ映像が、

TV局や制作会社要員らで巧みに編集され、大衆に刷込まれる。

 

雲の上のような特捜という組織の出自や実務・実態について、

余程の疑問がない限り、ワタシも同じく多くの人が、知る気も起こらない。

最高裁検察庁と映像や記事に触れただけで思考が停止してしまう。

汚染脳に加え、民主とは名ばかりの思考停止植民化にひた走る日本社会。

 

法律の専門知識を持たない限り言及できない数多の事件が

より一層、社会構造の優性と劣性のヒエラルキーを煽る。

 

現代日本の政治経済の健全化に向け行動した人たちの多くが、

無実の罪を着せられ冤罪となり、工作機関の日本マスゴミから露骨に、

言論の自由や表現・活動の自由を奪われてきた。

 

国家権力の印象や超エリート集団の目的が、実は国民のためではなく、

日本を根本から破壊する意図で、偽ユダが操作しているのだ、と想定し、

改めて認識を進めると、その権威権力がヤツラの脅迫と手代の保身という

裏側の構図が透けて見えてくる。

 

と、すれば権力への畏怖・崇敬からの恐怖心は、

幻影に過ぎないことが、感覚として解ってもくる。

 

近年では、

植草氏(郵政民営化の真相暴露)や

堀江氏(マスメディア・企業買収へのテーゼ)が、

記憶に新しい。

 

かの事件で、国家権力としての検察の恣意と圧力やマスゴミ風評に

彼らは到底抗えず、懲役に服しつつも、事実無根の罪、

冤罪であったことを彼らは受刑後、権力側とは一線を画し、

勇敢な行動で証明している、と。

 

工作員による国家権力茶番劇と、

マスゴミの世論を装った、垂流し捏造風評を

見事に払拭し、彼らの人生そのものは、ヤツラを超越している、と思う。

戦時中の政治宗教思想犯として懲罰を受けた人たちも、

似た経緯を聞いたことがある。

逆に、児玉や笹川のようなエージェントも…戦争内乱や政治経済事件を

きっかけに、登場してしまうようで。

そうした経緯や背景もできる限り、ワレワレ大衆は知るべきだろう。

 

植草氏や堀江氏とは目的が真逆だから、裏社会の輩と

比較しても意味はないけれども。

 最悪の人生の状況下で、「実刑から逃れ更に最悪に向う輩」、

「冤罪の無念で崩れる者」「冤罪を昇華していく人物」の違いは、

冷めた言い方だが、個人の人生としてそれぞれで、

世相・社会との相関も興味深い。

 

 

ヤツラが日本社会の汚染脳化に向け余念がないのは、

潜在的に持つ人間の正義・良心を信じる不屈さへの畏れでもあろうか。

例えば、そのためにも、

第4段階の…

‘抵抗意志を徐々に破壊し、

平和や人類愛をプロパガンダとして利用する’…が、

必須なのだろう。

(それぞれの哲学的な疑問に対するガス抜き…?! 

スピリチュアルのムーブメントもそれを牽引しているかな、意図的に…と。) 

 

 

ともあれ、特捜が扱った多数の事件を

Wikipedia特別捜査部の下部)で概観すると、

国家の舞台裏で行われているのは、〜マスゴミ&ト糞ウ〜という

戦後70年の連携プレー。それは輝かしき実績なのだろう。

ヤツラの手代としては。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

大雑把だがWikipediaで見ると、

戦後から扱った事件が1990年代から急に増えている。

日本乗っ取りが更に激化し始めた時代という目安になるだろうか。

もう一つ言えるのは、大きな政治経済事件がない年もある。

工作員と、そうではない全うな公務員の配属の違いか、とも読み取れる。 

 

 

 ********************

 

 

今日の日本人の汚染脳の段階は、

工作員、エージェント…ヤツラ作戦の勝利か!?

日本も危篤状態にあるが、残念ながらそのことさえ、

ほとんどの日本人は気付いていない。

それが汚染脳の骨頂であろうから…。 

 

 

**************

 

 

約150年前。

開国した明治期から印刷物(新聞発刊)を手始めにマスゴミ汚染脳が

始まっている訳だが、戦後、GHQが進駐してきた段階からは、

汚染脳が、印刷物の新聞雑誌小説の他、映画、ラジオ、レコード、

そしてテレビの登場で、加速したのは言うまでもない。

 

明治から昭和初期にかけて偽ユダによる計画的な

大戦争で、日本国家の中枢にいた人物達も、

それに加担してきたのは、周知されている事だろう。

中枢人物は保身や利己が目的であったか、国防か、

その究極的な本意は知る由もないが…(前者とは思うが…)。

日本は明治以降、偽ユダのシナリオ通りの崩壊へ

突き進まされているだろう。

 

 

今も尚、様々な角度から多くの人が第二次世界大戦

太平洋戦争という呼称に異論を唱え、大東亜戦争だとする

意見もある。そもそも、戦争の原因とその責任を探る議論が

為される矛先が、極東アジア・日本中国朝鮮半島の情勢の

不安定を作り出すための茶番なのだ。

(ヤツラ目的は戦争の火種を絶やさないことダ)

所詮、偽ユダのNWO計画下のことであるのに。

マスゴミや狂育による偽論説に辟易する。

 

 

 

 

 

 

 

****************** 

 

 

 

戦後GHQ主導のもと日本マスゴミ

国民へUSAについてのイメージプロパガンダ・刷込みは、

 

“軍事国家だった日本帝国を壊し法整備を健全に民主化してくれたUSA”

“戦後の食糧難に際し飢餓状態を救済してくれた博愛民主的なUSA”

“科学・技術・産業が発達している豊かな物質社会を

謳歌しているUSAは、進歩発展に向けての良きお手本”

“経済大国、資本主義、思想の…自由の象徴のUSA”。

と、いったイメージであろうか。

 

それと相対するようにして日本人が自国について、

マスゴミや狂育で刷込まれた印象は、

 

大東亜共栄圏と称しアジア圏侵略を企て中国や朝鮮、台湾…

アジア全体を支配せんとし、その報いで負けた悪い日本”

“戦争のせいで食糧に苦しんだ日本国民。戦争に突き進んだ国家と政策は愚かだった”

“西洋文明は優れており発達しているから、小国日本など到底及ばない。

科学、思想、芸術、宗教、法やモラル等、欧州やUSAから学ぶべきだ”

“資源のない日本は工業化による経済活動で進歩発展すべきだ”

 

 

そしてこれらのマスゴミ喧伝や狂育の捏造論理で、

戦後から今の段階で、現代日本中高年層までの世代に、

結界のような意識が引かれ思考停止となったのは…、

日本人自身が日本を肯定すること=

日本という民族性に誇りを持つこと=それについて訳の分からない

罪悪感のような思いが湧いてくる、のではなかろうか。

 

特定の民族だけが優秀だ、とする認識は、

「平等感を美徳とする日本人」には、

差別的で、傲慢な、エラそうな……という、

不条理の根っこのように、感じてしまう内省的な性質。それを

偽ユダは巧妙に利用している

士農工商えたひにんや渡来・在日・という

明治政府が狂育等で流布したプロパガンダを基準に。

戦後狂育でそれは更に厚塗りされた。)

 

中世から日本という民族性を分析して来て(隠れ切支丹を利用しながら)

現代ではマスゴミ狂育の汚染脳にそれを

しっかり込めて注力してきたことだろう。

 

ところが、どっこい欧州白人だけは特別という倒錯的認識

映画小説ドラマ・広告雑誌新聞で込められてきたのである。

純朴で真面目な日本人は、気付けない、…ように誘導されてきた。

 

すごいなぁ、欺瞞勢力の巧妙過ぎる工作手腕はっ!!(笑)

 

 

マスゴミ狂育で汚染脳作戦が常態化している

歴史認識という表層意識にある汚染脳の威力。

 

風化しかけている感もあるが、 

帝国主義であった日本が、大東亜共栄圏として

アジア侵略を企て植民地支配…云々’。

 

 

 

ほとんどの日本人が家族との死別や窮乏という

辛酸を舐めた、、、、、、、

その向けどころの無い怒りや深い悲しみやるせなさを

帝国主義であった日本国家への怒りや不審感に向けられるよう、

マスゴミや狂育=反日狂育・感情で、

日本人にしつこく回想を促されてきた。

 

詳しくないので安易な表現だが。

実際は、東南アジア圏

(インド・フィリピン・インドネシアカンボジアベトナム・マレーシア…)

欧州勢が300年以上、植民地支配を行ってきた史実。

偽ユダ・欧州勢にしたら、

その独裁支配に幕を閉じさせられるきっかけを作った、

想定外の脅威の日本。(ヤツラにしたら、そろばん勘定が合わない国民性への畏れ)

明治初期に作った日本についての、得手勝手な偽ユダご都合未来図を

ヤツラは、いっそう陰湿な未来図に、描き直したことだろう。

 (ヤツラ未来図の是正に、GHQがその役割を担ったかァ?!)

 

 

 

 

戦後のそういった偽ユダ悪意の情報を

新聞テレビ雑誌の喧伝で浴びるようにして、

暮らしてきた今の高齢者から、

その刷込みを持った親に育てられたワレワレ以降の世代。

そして現代の若者。

それが、如何なる思考回路になったかは…、

いわずもがなである。

 

 

哀しいかな、実のところ明治初期、政府中枢に駆け上った人物達も、

ある種の汚染脳被害者ではないだろうか。

(中世の欧州勢の全ての大陸での残虐をもっと知っていたならば…と。)

 

(江戸社会ではならず者、利己が強い出自ゆえ、

 当時の政治に関与した人物は思考停止集団…

 現代の教科書で偉人と定義されている者、あるいはお札の肖像の歴代の皆サマ)

 

USAの家元は欧州であり、史実として明確化できる時代を遡ると、

やはり、欧州勢の大航海時代に帰結する。

 

それはイエズス会という善を名乗る偽善集団=海賊集団の利己を

現実化させるべく、地球のあらゆる利用できる

資源、人力、知力…を強奪した。すべてを破壊尽くした。

欧州貴族の強奪と破壊による繁栄に、歴史狂育で崇敬される人物が、

実は悪魔教徒の中でも最も悪徳な人物(*ブス・錆得ル)らであるにも関わらず。

未だ、真実からワタシたちは目を

逸らさせられている情報に満たされている=西洋礼賛。(´○`;)ポカ~ン

 

 

鎖国時代は、貧しい時代だったデショ???という狂育による刷込みと、

 (…実際は、物心両全に豊かで調和があった。

美しい自然環境は人の精神に呼応するように

恩恵をもたらしていたことは、一切伝えようとしないマスゴミや狂育。)

 

マスゴミで小説ドラマ映画などの偽イメージ喧伝を併せ、

日本が150年前、舵を切った近代化、明治を興した…、

それは正しいというように、今もって、

ワタシたちはそう解釈させられている

 

 

現代日本社会の大きな歪みは、約500年前に端を発していることを

現代に生きる世界中の人が認識する必要性をとみに思う。

 なぜなら、

約500年前に欧州勢が、各大陸を破壊し強奪し領地とした場(植民地)に、

現代社会の生活物資で、大量に消費している植物・動物や

鉱山鉱物に大いに依存し、

かつ、現代の滅茶苦茶な環境破壊の「根源」でもあるからだ。

 

 

 

 

見える世界。見せる(魅せる)世界観…。

物理的な、「証明する・できる」

「引きつける・幻惑する・偽の快感」

(五感の脆弱・波動…意識の粗と微の落差)」、

客観という外的世界の基準と、内包する感情の落差が困惑する、

人為的かつ唯物的な思考・基準によって、

その汚染脳を導引したのだろう。

 

(ヤヤコシイですが…。人間の意識は内なる微細さは、

現代、言葉や五感の一部でしか意思疎通ができず(必然と偶然の作用)、

共通という平均化のための荒いフィルターが、

各々の意識に影響し、粗雑になってしまうのが、現状。

 

その意識の荒々しさ

(利己・欲得=重たい意識・負の意識…。

更に、極一部の三次元の物理的計測認知できる基準が優先)が、

現代社会の精神の混乱であろう、と。

テレパシーがあれば…なぁ。本意が解れば悪意悪徳を回避できるのに…。

 

悪意悪徳=(汚染脳…根源は……

……‘元ユダ’←(この仮説が現代社会、延いては地球に必要、と推測)や、

疑念(ゴイム思考…人類削減)が、元来の叡智・能力を喪失されている。

自然環境が豊かに、地球全体の循環が戻ってくると、

意識の自由自在性は必然になるであろう、と思いマス。)

 

 

 

***************** 

 

 

現代社会に生きる私たちの思考と、

「逝きし世の面影」(渡辺京二著)に著された様相を紐解くと、

明らかに〜壊れてしまった現代日本人〜の像が

浮かび上がり、各々自身の思考回路が「偽物・借り物」

あることを多少は、感じ取れるのではなかろうか。

 

 

日本人であるにも関わらず、民族性を自ら貶め、

政治不審・打倒国家の、マスゴミ・狂育が、

反日感情や母国についての無関心な人々を増幅させる。

それは、自滅の思考回路であり、刷込まれた表層意識に翻弄されて

おしまい、という馬鹿げたシナリオがヤツラによって流布されているのである。

 

それは風化しかけたひとつの、

顕著かつ象徴的な事例がロッキード事件であり、

田中角栄氏への政治家批判はすなわち国民が日本という

国へ不審感を一層、募らせるようマスゴミによって作られた…、

プロパガンダの極みだったとワタシは思う。

 

政治家が、政治家になるその経緯は、どの時代も茶番劇もあろう。

世相・大衆心理をある意味で象徴するものと思う。

 

が、時にプロパガンダを破壊する勇敢な人物が、

社会に出現する。ある種の救世主だ。

(例えば、ベネゼイラの故チャベス氏・リビアの故カダフィ氏・イラクの(故)フセイン氏…)

大衆にとっての救世主は、ヤツラにとっての敵だ。

偽ユダ小番頭キッシンジャーの監視のもと、

党内部権力争いを利用されながらロッキード事件も作られた。

 

田中角栄氏について賛否両論あるようで、ワタシも

今の時代から自然環境問題を思うと、

田中氏の政治構想をすべて肯定できることでもないけれども。 

日本人にとって、今よりはマシな未来を閉ざされた

ターニングポイントのひとつだったという気がする。

 

 

 

************************

 

 

戦争とは、実力行使による物理的な破壊だけが戦争ではない。

それを肝に銘じたい昨今だ。

 

有事ではない時にも、着々とヤツラの意図が進行していることを

このスイス政府が配布した民間防衛の書から多少は読み解けるのでは

なかろうか。

 

 

だが、スイスと言えば偽ユダのお膝元であるから、

肝心なところは伝えないだろう。

国家防衛は十二分に、国民に行って欲しいというのが、

この書のひとまずの目的だろう、と。

 

例えば、物資・食糧が偽ユダにとって安心を維持するために、

彼らの生活圏は安全でなくてはならないのだから…。

 

スイス政府が知恵深く素晴らしいのではなく、彼らの生活圏を

安全地帯にするという目的や、世界中のプロパガンダを発信する

お家元だからこその、本書であろうとワタシは推測?邪推した次第。

 

 ********************* 

 

支配・植民化の目的を達成するには、さきの戦前戦後のみならず、

何百〜千年にも渡って、偽ユダ主導のもと、様々な民族の性質の破壊が

最も重要であることを彼らは熟知しているだろう。

 

民族性破壊とは、衣食住の破壊であり、自然環境破壊であり、

思考・精神の劣化、史実の破壊であり…。

 

ルーツや風土と乖離した、

借り物・偽物の社会が本物だと信じ込ませることであろう。

 

民族に由来する個性・固有性という

揺るぎない事実さえも否定するためのプロパガンダ

教育や政治、マスゴミで波及されているのが現代社会である。

 

 

それは、第4段階に書かれてある平和やら人類愛という

キレイ事の文言で刷込まれてもいる。

悪徳という奇々怪々のルシファー思想が主流になった

悪徳社会(カネ礼賛)で、まともな人々を骨抜きにするには、

「精神や思考で純粋を珍重する人間の良心」に

悪意を隠して、(偽)正義や(偽)愛や(偽)善を訴えかけることであろう。

つまり、“思考停止の清貧なる善人擬き”の量産がひとつに挙げられる。

もちろん、“思考停止の富裕なる善人擬き”がそれを凌駕し牽引する

価値観の喧伝は、もっと激しく行われている訳だが。

 

 

卑近な例だが、欧州が生産するブランドと称する物品は、

本当に本物であるか?問い正したことはあるだろうか。

欧州以外の人々は、現代マスゴミが喧伝する物品を無条件で有難がる

思考回路に疑問を持つ人は少ない。

 

よく考えて欲しい。

欧州勢は中世から、大陸を侵略してきた。その時、

殺戮や強姦、収奪を行って勢力を拡大してきた訳だが、

地球資源の掌握が根底にある。鉱物、農地、文化、

奪えるあらゆる物を欧州偽ユダ勢力は、強奪してきた史実。

 

現代日本社会で有難がる欧州の自動車は、世界中の鉱物採掘権利を

掌握してきた所産で、ふんだんに資源を使った自動車など部品・製品が

安価に製造できる…、という実態、実利、史実を見ているだろうか、と。

 

本質を鑑みて地球を思うと、欧州車あるいは欧州製品を有難がるセンスが、

恥・・・史実を重ねるとゲンナリする。

 

 

 ****************

 

偽ユダの配下のUSAや欧州に絶対的なブランド性を

保たせるのにマスゴミ狂育は必死だ。

あらゆる世界中の悪事の痕跡から目逸らしできるように。

時に他民族の功績を映画や伝記小説などで

欧州やUSAが賞賛して、被害に遭ってきた民族にも

忘れてもらえる工夫(喧伝)をしたり。賢いのか、ずる賢いのか…。

ワタシが捻くれ過ぎか!?

 

 

一方、中国人や韓国朝鮮人在日が、

日本に不利益を与えることを

懸念するマスゴミ狂育(権力層はグルなのに…。茶番がバレないように…。)に溢れている。

とにもかくにも、不利益のおおもとは、偽ユダなのに…。

 

向こう三軒両隣り、仲良くしたいものダ。

ただし、距離感を保ち良きところは学び、

自立した形での話だ…。寄生してはマズいだろう。(苦笑)

 

 

 

*内容が錯綜してしまったがご容赦を。 

 

 

***************************

 

 

 

マスゴミの所在地が申し合わせたように

同じパターンで運営されている不思議。

誰かの意図があって便利都合がいいから

一括配置したんじゃないっすか?!

 

 

みんな知っているコピペの

  〜〜おまけ〜〜

 

 

上段 韓国側住所ソースは 全て在日本大韓民国民団HPより 
http://s01.megalodon.jp/2008-1219-0316-05/www.mindan.org/sibu/sibu_sanka2.php 
 
 
東亜日報(韓国の三大紙)  〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2 
朝日新聞東京本社     〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2(AFP、NYT) 
http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/access.html

朝鮮日報      〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F 
毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 
http://www.mainichi.co.jp/annuncio/gaiyo.html 
3階に(株)朝鮮日報社 特派員室 
http://www.mai-b.co.jp/palaceside/floor/office.html

韓国聯合TVNEWS(YTN) 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6 
TBSテレビ      〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 
http://www.tbs.co.jp/company/gaiyo_top.html

大韓毎日            〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 4F 
東京新聞(中日新聞社東京本社) 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13 
http://www.chunichi.co.jp/annai/gaiyo/index.html

京郷新聞 (韓国全国紙)  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 
産経新聞東京本社    〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
(サンケイスポーツ、夕刊フジ、日本工業新聞社
http://www.sankei.co.jp/saiyo/01.html

韓国日報      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F 
読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 
http://info.yomiuri.co.jp/company/company/

韓国放送公社(KBS) 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1NHK東館710-C 
NHK放送センター  〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1 
http://www3.nhk.or.jp/toppage/zenkoku/shutoken.html

韓国文化放送(MBC)   港区台場2-4-8 18F 
フジテレビジョン   港区台場2-4-8 
http://navitokyo.com/03-5500-8888/

聯合ニュース     港区虎ノ門2-2-5 9F 
共同通信会館     港区虎ノ門2-2-5 
http://homepage3.nifty.com/kyodonews-bld/ 

 

 

 

 

 

 

 

今回の大阪北部の地震で 2

 

 

6月18日から3日余が過ぎ、本震余震の懸念もあり

気を許せない時期と思うが、収まってきてる様子を知り

地域は違えど安堵する。

 

 

 

 

ところで、水道事業の悪徳なる民営化、

その収奪と国家破壊(NWOへ)を目論む偽ユダの動向を

今回のマスゴミ地震報道で、

そのプロパガンダを感じたのだが、

もうひとつ気になったのは、

都市ガスも企業買収の対象であろう、と。

(営為営利が社会を覆い尽くすのが即ち国家破壊のひとつ)

 

大阪の地震が起きる1週間程前のこと。ワタシの暮らす街の

ガス会社の支払い方法を電力会社の支払いと一緒にすることを

促すダイレクトメールが届いた。その広告のキャッチコピーは

電気代ガス代まとめて支払うと「お得です」。

 

都市ガス会社を解体もしくは買収が目的だろうことは

薄々感じていたのだが。やっぱり…、と。

 

買収前には、現存企業の段階で設備投資を最大限・MAXにさせるのも、

ヤツラのあくどい手口だと観察している。

この2〜3年、老朽化と称し街の水道管及びガス管工事が凄まじい。

 

「お得です」のキャッチコピーの真意は、

ヤツラ目的の企業買収を日本人の疑問を排し、思考停止、

穏便かつ、最大限の利益を上げるためにも、

買収時の業務の効率化も、それを達成するのに

重要な目的のひとつであろう。

(M癌やら金マンSッす・B岩…幹部)オツムがお暇な貴族的輩(キモイ奴ら…)が、

そんなしょうもない意地悪根性まるだし業務で、

忙しげに盛り上がることを妄想してしまう。

 

 追記 (6/24)

何度もの大地震があってもガスについて誇張したマスゴミ取材は

今回顕著のように感じたのは先述の通り。都市ガスの原料が天然ガスであり、

ロシアからの輸入と聞く。資源輸出による利益のテリトリーがもともとあって、

そこに踏み込むことをしないルール(暗黙の了解)があったのか。

この先、それを踏み越えるのに、タイミングも加味してTPP合意とも関係があろうか。

(勉強不足で詳しくは分からないが)

 所詮ロシアとUSAも偽ユダレベル(裏側)では繋がっている訳で。日本を破壊あるいは

分断、収奪を企てているのが約500年前からな訳である。(もっと昔からとも)

ちなみに、日本の東と西で電力が50Hzと60Hzの違いは明治に発電機導入の際の、

USA製/(石ヘラー)と欧州製(確かスペイン)/(ロス茶)の違いであり、送電等の設備を変更しないまま、

現代に至っているという。(両財閥は所詮欧州貴族の番頭であるが…)

(東西でHzの違いはヤツラの破壊分断計画の陣地のような刻印として、

日本側はその違いを現在に至るまで変えることができなかったのではないか、とワタシは

妄想のような推測をしている。)

 

 

 

消費者の立場になったふうを装い、大衆の目先の欲を踊らせる文言。

毎度毎度…「お得です」に一般人は性懲りもなく騙され続け、

現在の悪徳なる商業偏向社会に至っている要因のひとつ、と思う。

 

「お得です」の常套句は、いわば、

汚染脳用語であり、要注意なのだが…。

(時にワタシも揺さぶられるが…苦笑)

 

 

****************

 

 

加えて、小学生が被害に遭ってしまったブロック塀倒壊事故。

悲報であり、分析するのは憚られるが。

この事故が何度もマスゴミで取り上げられ、それを

煽る発言のマスコミ評論家らも訝しい。

いつからかは調べていないが、

日本の近代建築の重要な脇役を担ってきた、

中小の建材企業が地道に生産してきたであろうコンクリートブロック。

 

それが、諸悪の権化のように批判するマスゴミの論調にも、

日本の建材、規格や製法を変換させんとする

圧力が業界の内部であるのだろうか、と疑念を持った次第。

 

****************

 

(個人の憶測の域を出ない内容だがご容赦を) 

 

今回の地震では、水道とガス、JR。

全部ではない、、、(通信や電気、物流などもあるにも関わらず)

いくつかのインフラ(収奪予定の)や、その整備が

市民の生活に支障をきたしていることをマスゴミ報道で、

誇張し、垂れ流し喧伝しているように見受けられる。

更に、乗じて政府政権批判も。

 

 TVを一切見ないのでネット動画からの感想で、的外れかもしれないが。

水道水が濁っている、とかでレポーターがわざわざ家庭に入り込んで

紹介している映像に、大きなお世話だ、と動画視聴で思った…。

 

 

個人、各戸、皆、がそうした取材を拒否したとしても、

マスゴミは‘やらせ’までしても撮影するだろうから、

それが民意だとか常識だという、執拗な風潮の捏造ぶりに

毎度ゲンナリ

 

その経緯・偽ユダらを察知している人が、

その勢力について知らない人も大勢いるところで、

マスゴミ従事者に対し「正論で厳格に対応する」ことも

防衛・国防策のひとつだろうか。

 

 

一般人が主体となって、

まともな社会にしていくには…、

マスゴミ業界を志向し従事している個人的な性質もあってか、

大勢の目線から、‘どう見られるか’が、

ヤツラ傘下の、マスゴミ業界人の自尊心の支えである。よって、

 

「不特定多数の大勢の人たちがいるところで、

正論をもって堂々とマスゴミ人とその行動を拒絶することだろうか。

 

マスゴミの威力を排するのに、

各地で、わずかでもひとつひとつの一般人の勇気ある対応・発言行動は、

ヤツラの悪徳計画の進捗を揺るがす可能性として、重要な方策と思う。

 

かつ、工作員と思しき虚偽虚言がまかり通るこの時代。

哀しいかな、

動画の記録が説得力を持つし、その必要性を思う。

 

*************** 

 

人工地震が技術として可能かどうか、実用しているかは、

体制(支配者ら)の不透明極まりない時代に、

大衆側からは、事実は確認しようがない。漠然としか分からない。

マスゴミ報道の矛盾や恣意的な映像や論調、

地震が起きる前もしくは後に、事前に周到に準備されている些細な事例、

事後の経緯で推測し、一般人の日常生活での違和感や記録された書籍などで、

〜〜かもしれない…〜〜程度の検証に過ぎない。

この先も事実を掴んで、一般人が確信に至ることはなさそうだ。

 

 

‘事件事故災害の秘密裏の計画’と

‘偽ユダの目的(人口選別削減や国家破壊というNWO完全支配)’、

点と点が線になる…見える気がする…、

事実・事態が発生し確認するというのが現状。

 

留意したい点は、ヤツラの手法は、事態を発生させ、

目的が作られるという、一般人ののんきな思考とは逆で、

事前の準備に余念がなく、

数十年(…数百年?!)のスパンで、計画が為されていることだろう。

 

目的達成のための大事故は、

約10年以上年前から仕込む。いや、もっと前からか。。。

 

予期せぬ、善良な人物による政治や技術の出現に対しては、

モグラたたきよろしく、暗殺も厭わずあらゆる手段を使って、

ぶっ潰すという、強引で分かりやすい方法が、マスゴミから

垣間見える。(笑)

 

 

*********************

 

最近気付いたことで思いつくままに、列挙すると風化なる事例だが、

桑名毒ぶどう酒事件やら、カネミ油症事件…、時代は下るが

宮崎県の鳥インフルエンザ事故事件も、“やらせ臭”がする。

 

書くまでもないが、地検・検察庁の扱った歴代大事件で、

冤罪ではない事件を探すのが難しい程、

工作員・在日官僚議員ら、の活躍は目覚ましい、かと。(冷笑)

 

裏舞台への想像力を鍛えてもらえる事例が豊富で。(苦笑)

 

**************

 

 

優良な事業者が経営権を放棄せざるを得ない状況を作り、

事前に企業買収を整えて利益収奪の計画を盤石にし、

出来レースやでっちあげの事件事故は、

大衆がその背景に疑問を持たぬように。

 

現場の人たちも、疑問が湧かぬよう、

抗議で混乱を避けるよう、

周到に、事前に仕組まれている現代の茶番劇社会。

 

今回の地震でも、その臭いが、

うすら匂っていた、否、多分にしていたことを感じる。

 

 

**********************

 

20代半ばに、阪神大震災の予知夢を見た。

四日前だった。その内容はここに記さないが、

最近は地震の予知夢は歳のせいだろうか。

見ないのだが、地震を事前に予測する経験的に感じた、

一般的な観察のポイントを記したい。

 

◉まず、ケムトレイルも含め、日頃から雲を観察する。

一日1回は空を観察し感想を記憶。印象が強い時はメモをする。

◉妙に、蒸し暑い、季節とは違う身体からの熱い体感がある時。

(電子レンジで熱せられいるような体感・加熱中の電子レンジ内は知らんが・w・)

地震が発生する数日前(3〜4日前)は、とかくそうした体感が経験的にある。

妙に蒸し暑い日の翌日などは要注意だ。

◉それに伴って、地震の前日等、家族と口論になるような

情緒不安定を互いに感じる時。

また、ペット動物が落ち着きがない様子もある。

◉季節外れの内部・体感からの熱さを感じるような時に、

空を観察すると、規則的なストライプ状の雲があるかどうか。

◉その雲を見た時に、どの方角を中心に弧が発生しているか。

弧の内角方向に地震震源の観察があるかと思う。

◉例外的だが、予知夢も併せ、経験的に、約4日前くらいから顕著になる。

◉また、耳の中でわずかに奇妙なキーン音や耳鳴り、痛みが

突然起こるなども留意。

 ◉(追記)

人工地震の仕込み中か、ケムトレイルをせっせと仕込んでいる時期

要注意ではあるが、ケムトレイルが多い時に限って3〜4日目で大雨に

至る。雨の日は地震が起きない。地中と大気中にある

電波や磁波が緩衝するものか?とも思ったりする。

 

その他。

毎日人工地震を起こせる訳ではないだろう。

暦の中で人工地震に丁度良い(ヤツラ視点で)日があるのだと思う。

地球の引力や気象に大きく影響する、太陽、月や金星などの角度、

位置、バランス…。

 

昭和30年代には大手新聞の記事の見出しに、

おおっぴらに人工地震の可能性を指摘していたというのだから、

昨今は、50年前より汚染脳社会に拍車がかかっている現状だ。

人工地震は、あり得ないと断言する蒼い学者?御用学者?もいるのだから。

 

 

******************

 

人によって予知の時期・タイミングが違う気もする。

ワタシは4日前というのがひとつのポイントだが、

友人の話で興味深かったのは、地震の直前、数秒前に

電気のスイッチがパッチッと鳴るような音の数秒後、

地震がある、とも聞いた。避難にかなり役立つ予知能力だ。

 

人によって予知の体感があるようで。それを繋ぎ合わせれば、

最悪の事態を回避するのに、役立つかもしれない。

 

数十年前から妄想しているのだが…。

どなたかリレー予知サイトを立ち上げて欲しい。

(無責任発言でスミマセン・笑)

 

 

ともあれ、

江戸時代の私たちのご先祖様は、天変地異、

地震や火事などあったとしても、

打ちひしがれ腐ることなく、悲しみを抱えつつも

お互いが励まし合って助け合って、

気持ちを切り替え、飄々と乗り越えていたという。

カネの力ではなく、人々の助け合いが社会を支えていた。

日本の昔の人たちのタフな逸話が、ワタシは大好きだ。

風呂敷ひとつで逃げられる素朴な生活、

生物らしい潔さに憧れる。

 

自然現象を恐怖し憎みたくなるような富を蓄え、

ゆえに身の安全確保に苦悶し、

人々が恐怖の感情で混乱する世相は、

大袈裟に騒ぐマスゴミの影響。

その汚染脳による物質的価値観の依存に他ならない。

 

 

楽観的過ぎるかもしれないが、

人工地震か自然地震かは別として、人工災害とて、

一人一人が地震や災害を予知できる

判断材料を己の内部に培うのには、

日々の自然観察や自己内観・体調観察、意識の扱い方を

各々が身につける、内なる知恵を磨くのには、

良いチャンスだとも。

 

逆境も逆手にとって、知恵を磨き、偽ユダ悪意を

乗り越えたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の大阪北部の地震で

 

 

 

6月18日 7時58分 大阪北部で地震があったことを数分後に知った。

被害に遭われた方々へお見舞い申し上げますと共に、
速やかに日常生活となりますことお祈りしています。


不謹慎な発言を承知だが、今回も人工地震ではないか、と疑問が湧く。


TVニュースが動画でアップされているので、いくつか視聴したが、
上水管破裂の現場がいくつもあった。
高槻市幹線道路で陥没して水道管が破裂し冠水。
鉄橋の途中で水道管が破裂して漏水。
茨木市で水道管が破裂し水が吹き上がっている。
高槻市内の水道水が濁り、小学校で給水が行われている。
JR高槻市駅で構内の天井から水が漏水している、と視聴者から投稿。

あちこちで流される視聴者からの投稿というのも一部怪しいし…。

(最近、JRに関する情報も、かなり不自然で、外資企業が完全買収とかを
水面下で企んでの事件事故では、と。それはさておき。)


何となく目にして聞いていれば、大変だなぁで、済ませてしまう。

だが、たくさん被害があっても、その場面を

特に誇張・強調しているように思える。

自然災害の偶然を装って、事前に工作できる、

と考えられなくもないトラブル。


疑い出したらキリがない。

が、陰謀説とは無関係の、ある日本の建築家が
記した書籍で人工地震を想定せざるを得ないことが書かれてあった。

阪神大震災で、多くの建物や高速道路、ビルが倒れてしまった映像。
ご記憶の方もあろうか。
瓦屋根が重く、潰れてしまった映像も多々あった。
マスコミは高速道路やビル倒壊の映像を何度も何度も流していた。

新聞でも象徴的にその写真を載せ大騒ぎであった。
その後、建築法が改正されるべきだ、という

議論も繰り返しマスコミはTVや新聞で取上げていた。


ところが、である。

先述したある建築家という人の著述によると、
阪神大震災の数年前に、建築基準が国際基準(欧米基準)に
変わる(日本にとっては変えさせられる)
準備段階の大規模な建築家の中国での大会に参加していた。
重要な会議では日本人はほとんど蚊帳の外で発言を許されないような状態だっとも。
建築基準が変わるということは、文化そのものが大きく変わってしまうことなのだ。
日常すべてである。

毎日、自宅の開け閉めする窓やドアの縮尺が、昔と変わったのである。
(建築物のサイズについて、心理的な影響を書きたいが、ここでは割愛する)

 

輸入建材をさらに大量に消費してくれる日本に、

そして国際的な植民地化状態の環境準備をしていたのである。
現在の新巨大ビルその前段階としてすでに、30年近く前に
日本の建築基準を国際基準(欧米基準)に変えさせられての、

昨今の巨大ビルやマンションや住宅の

建築ラッシュや、都市再開発なのである。

追記:

H8(1996)・H12(2000)・H18(2006)に建築基準法改正。

耐震強度構造計算書偽装問題(2005)

参考までに

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/07/071117_.html

https://nobuogohara.com/2015/10/19/

 

 

人工地震もカネが巡るから、全体的に是となってしまうか。

が、日本人が向っている先は、この国と子孫の存亡の危機である。

 

マスコミはさも、地震があったから、建築基準を変えなくては
ならない、というような論調を捏造していたのだ。

 


単に、社会を混乱させるために人工地震があるのではなく、
日本を守ってきた法律の改正ならぬ改悪であったり、

見せしめや、民営化案件が目的、と思う。

 

マスコミが世論のテーマを暗に作り上げ、

大衆の世間話や仕事上抗議を緩和・疑問を消滅させ、

無難に、大衆が無意識に無条件での合意づくりの面が、

あるように思われる。

つまり、汚染脳である。大多数が、抗議もせず疑問を持たなければ、

奴隷植民化の的である日本は、偽ユダの都合に合わせ、

日本の国土も大衆も、ヤツラの悪徳デザインが、思いのままになるのである。

 

 

他にも、モリカケ問題の最中に、米・麦・大豆の種子生産と
普及を都道府県に義務付けしていた「主要農作物種子法(種子法)」が
今年(平成30年)4月1日に廃止させられたのだ。

つまり、国産の信頼できる、米や麦や大豆が作られなくなる

可能性が高くなり、遺伝子組換食品の輸入どころか、
国内で、大企業がGMO生産する流れが始まる段階になってしまったのだ。

TPPも合意してしまった。

USAの国会が1913年12月23日クリスマス休暇で反対者議員が

ほとんどいない時に、FBR(連邦準備制度)の可決。

どさくさに紛れて作戦タイタニック号事件も併せ、

ヤツラの未だ行う古典の常套手段ダ。

 

 

 

憶測ではあるが、熊本の水害でも、

何度も流木・倒木被害をマスコミの
ニュース映像で見せていたが、後継者のいない状態では、
農業・林業は継続できない…という、今も農業従事者として
頑張っている人たちが、農業を諦めていくようにする

プロパガンダの映像だったか、とも。

 

 

 

*******************

 


さて、今回は何かと言えば、唐突だが、
松果体」劣化破壊が目的…と。
つまり、上水道を某市が民営化させられることを暗に
マスコミはアピールしている。

水道水にフッ素化合物を混入させるのも、大きな目的であろう。

 

まさか、‘フッ素化合物’が身体に良い、歯に良いと、未だ思っている人は、
いないだろう。

フッ素化合物が体内に蓄積していくと
松果体(直感を司ると言われている脳の深部の小器官)が石灰化してしまうそうだ。
フッ素化合物はアルミ製造行程で発生する産業廃棄物だ。

毒性が高いのである。


参考にされたし

虫歯予防”フッ素”の真実         http://thinker-japan.com/husso.html


水道事業が外資系企業へ売り飛ばされる可能性。
水道事業が民営化されそうな情報があちこちから聞こえてくる昨今。
日本人を劣化させんとする意図の外資企業が、

フッ素化合物混入を企んでいるのが、大変に不気味なことである。

 

ブログ嘘八百のこの世界さまでも指摘されていたが、

6+6+6=18という訳で、カバラ狂ですか…また。/w/

でもって、 

7時58分 ナゴヤであろうか。。。
家人が気付いたのだが。

 

 

マスコミの災害時の取材は、秘密裏に事前に、

取材現場を計画され決められているであろうことを思う。

 

 

 

ついでに、偽ユダらはクールなイメージをとっても

重視しているだろうから、下水道やゴミ処理事業の民営化は、

日本や中国や韓国の企業に担わせて、

利益だけ持っていくんじゃないかなぁ。_w_

それが、ホントにかっこ悪いヤツのやり方、ダヨナァ。

 

 

*******************

 

追記。

さらに思うのは、こうした災害の時、マスゴミ

知名度のある人間が、人工地震、人工災害の可能性を

真っ向から否定する発言が、

大衆側にとって、エージェントや工作員として正体を

明かしている、見破るフィルターにもなろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥のこと__その3

 

 

自宅からすぐ近くの大通りの曲がり角を通りかかった時、
カラスが事故にあって、死んでいるのを目にした。
すでに何度も自動車が踏んづけた後のようで、肉片が飛び出し
ぺちゃんこになっていた。


痛ましい様子を見過ごすのがためらわれ、

家に帰りビニル手袋や袋や水の準備をして、その場所へ行った。

車の往来が激しい道路だから、間が空くのをしばし待ち、
ほどなく途切れたところで、思い切って車道に入りカラスの亡骸を拾い上げた。
その時、すぐ近くの電信柱からカラスの鳴き声が聞こえてきた。
甲高くカラスの声が空に何度も響き渡っている。

 

 

私は、支障のないどこかに埋めるか、可燃ゴミにするか、と

逡巡していたが、その啼いているカラスはきっと仲間に違いない。
咄嗟に、土に還すこと、できれば彼らが暮らしてきた場所、

その地に亡骸があることは、自然なことと思って、
歩道の樹の根元に見えぬよう置いて、南無阿弥陀仏と何度か唱えた。
その間中、ずっと電信柱のところでカラスが啼いていた。
ツガイだったか、家族、仲間だったのか。
切ない響きだった。

猫達と暮らし生き物は、すべて感情があることを日々感じている。
現代の人間の悲しみより、動物たちの悲しみは純粋で鮮烈であることも。

 

けれども、記憶という荷物を背負う人間よりも

動物たちは軽やかに、自然、そして無常を

受入れていることも信じている。

 

****************

 

都会の悲惨は、カネをかけ立派に豪奢になる程に、
人間の気付かないところで、たくさん起きていることを痛感する。
ビルの高さが増す程に陰影が濃くなるが如く、と。


明治以降、白人社会の模倣社会になった時から、
日本人の心は、次第に忘却・封印されてしまったようで。
約150年、乱痴気騒ぎの西洋礼賛に、やるせなさが募る。

 

書籍『逝きし世の面影』にあった描写に、江戸の人は、
遊覧の舟にカラスが乗っていても、追い払うこともしない。
特に忌み嫌うようなこともなかったと書かれていた。

蚤が背中に住んでいることを楽しむという変人愉快な人の話も忘れ難い。

 

植物に動物に…意味付けをしたり、虫を次第に嫌がるようになったのも、

明治以降かもしれない。
キリスト教的な懲罰の思考や物質的な完璧主義が、

日本人の意識を次第に変えていっただろうか。

 

 

“幸福や不幸・幸運不運”を過去や未来に因果を求める思考。
天国という救済。地獄という懲罰。
極端に記憶・記録(二次元のデータ)が偏重の

西洋礼賛社会の人間のそれは、
損得勘定の思考が、潜在的に醸成されるのだろう。
現在の日本に於ける神仏の解釈も、明治から西洋化してやいないか。

 


“今に生きてナンぼ”の、幸福感を誤解している現代日本人ではないのか。
すべては今という瞬間(時間ではない)に在ることを忘れていないか、と。
(ワタシもそうだけれども。。。ーー;)

 

 

奴隷VS貴族ヒエラルキーの構図で、

世界を覇権せんとした欧州勢。彼らが、

江戸社会のあまりの平和さや平等さ、人々の心根の美しさに、
驚嘆し憧憬し、嫉妬さえした、稀有の過去を持つその昔の日本は、

善悪とか、正しいとか間違いとか、損得の捉え方が、
現代日本と、まったく異質であったことを

私たちは改めて気付くこと、
学ぶことが、多々あるのではなかろうか。

 

 

 

 

 

 

油  7…(備考1)

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=buN4-vVUktw

 

(アシタノワダイさま動画・6/25現在上記*URL削除)

 

【追記6/25】

ちなみに、

https://www.youtube.com/watch?v=3SI3Cq7D5xs

対談されている百田氏について特に当方は支持していません。

が、こちらの対談は上記動画内容にも繋がるような

話題です。(参考までに)

 

 

 

 

*******************

上記のYouTubeを視聴した。

前半は武田氏からの警告だ。

毎日新聞社の英字版新聞が、日本社会のこととは思えない、

下劣極まりない下ネタ文章で海外へ向け、それを日本だとする

紹介文を10年以上も掲載し続けていた、という。

‘超’異常な記事内容だ。

(なぜ今頃になって問題になったのか?!

 誰が指摘したのか?

 毎日新聞英字版は購読者いないんカぃ?!ノwノ)

 

翻訳の記事内容を口にするのも恥ずかしい程、と武田氏は前置きし、

それを圧して、マスゴミ自体の問題を指摘されている。

 

世界の人たちから日本が蔑まれるように、と悪意を込めた新聞記事。

工作員であろう記者やデスクらを動員し、

ヤツラが乗取り状態の現在のマスゴミ

否、もともとヤツラの工作機関として創設された日本マスゴミ

(世界中全てだろうが)

この件はその証左と言えるだろう。

 

 

偽ユダ支配…戦争捏造を手始めに、元ユダ御所望の

人口削減&倭人(自然)種ロボット化支配社会が大目的(…たぶんネ)の意図。

現代の歴史狂育で隠蔽されているであろう史実を知る度に、

ぶっ飛んだ仮説だが、その意図は既に紀元前からという可能性が、

視野に入ってきてしまう。

 

〜( 日本での肉食奨励の昨今の風潮の裏では、一般人には知されざる、遺伝的な解明が

既に為されていると私は考えている。欧州系人主に偽ユダ(約15000年前の人工種)は今、

ベジタリアンヴィーガン、果てはブリサリアンへ向おうとしているようだから。

偽ユダ白人社会では肉類の消費量が落ちて輸入肉が余剰している。よって、

日本に肉食を肯定させ買わせる喧伝が盛んなのだ。。。(家人の指摘より)

戦後のUSA生産余剰の小麦や大豆脱脂粉乳の喧伝と同じことが為されている。

 

 

糞尿屍残渣を土に戻させないGHQ支配下以降の戦後日本行政。

ちなみにイギリス等まだ土葬。

あらゆる歴史的検証事実を抹消し続けたがる、欧州勢の優生思想に

取り付かれた悪意を考えざるを得ない。

(世界中の遺跡を破壊、遺物、古文書等の隠蔽。

遺跡学術的解釈の捏造、世界遺産で偽定説を押付けし検証させないよう封印、

マスゴミ偽検証番組放映や軍事的破壊行為などが…証左、と。)

 

食とは、この世(肉体を形づくり存させる三次元世界の則)で、

因果応報を生む、要のひとつと思う。 

 

 

 

まずは現代日本人の汚染脳状態を紐解くのに、ひとつの突破口としてだが、

現代に至る約150年前、

明治から汚染脳目的でマスゴミが設置された事実関係を

周知する必要があろう。

(「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」THINKE著を参考に)

 

工作員が蔓延る現代マスゴミ業界の主たる情報に信憑性があろうはずはない。

が、哀しいかなマスゴミの威力は情報技術の精鋭化とともに絶大となった。

政治や経済や唯物的基準の科学狂育医療福祉…。生活すべてに

悪影響、混乱複雑劣化、愚民化を促し続ける故に、

ヤツラの君臨を赦している。むしろ、増強させてもいる。

 

 

新聞社TV局雑誌出版社がジャーナリズムとか、

言論の自由、国家権力の監視とか、平等・博愛・民主とかを掲げつつも、

現実の世界では文章、文化、表現そのものを汚すような

不徳を積み上げ愚民化、汚染脳者を増幅させ…

地球環境は惨憺たる状況に至らしめている、、、是イカニ。

 

 

巨大な悪徳組織は巨大さや有名性が信用を獲得できてしまうという、

物質世界を偏重する価値観の汚染脳による世相。

 

この世界、地球をより良くしようと意志を持つ、

様々な良心的な勢力への批判やデタラメな風評を

垂れ流し当事者の心を傷つけ混乱させ、

マスゴミ言論の自由謳歌し続ける。

一方、良心ある個人や全うな小団体その勢力の発言や行動には、

厳重な監視の目を光らせ、言論・表現の自由を間接的に

あの手この手で剥奪し続けるマスゴミ

石油、金融、医療、食糧、生活物資全般、自然環境についての根本解決、

そして国家間の平和や異民族間の共存和合を目指す勢力に対して、

(ヤツラはマスゴミメディアを情報源とし)‘法による冤罪、風評による失脚、

 

あるいは、ヤツラの犯す犯罪(暗殺)’という対極の道具で善の活動を

抹殺してきた事例は枚挙に暇が無い。

更にはどさくさにまぎれ利益さえ獲得している。

(タイタニック号や911は顕著な事例)

 

国境・民族の根本不詳(工作員による)のトラブルや経済の摩擦等を

マスゴミで拡散拡大し、政治問題は作られ、仕込まれた

偽の事件や事故が、事実へと変わる。またそれをマスゴミは騒ぎ立てる。

負のループ。

日中韓の極東問題やチベット、フィリピン、ルワンダ…等)。

 

 ヤツラの喧伝するワンワールドなる無国籍化、

移民移住奨励、英語狂育や混血児の偏重は、

偽平和であり、人口削減や偽ユダ以外の人類ロボット化社会の序章だ。

 

地球環境を改善する目的や本当の有機的な世界平和へ向けての

まともな研究や事業を破壊すべく、

研究者らの中心人物を暗殺や誘拐やマスゴミによるバッシングで

消滅させる毎度の悪業。

 

******************

 

マスゴミ労働者や従事者は、巨大な組織の暈の下であれば、

何を表現しようが赦されるのだろうか。

表現という三次元への行為そのものは、

あくまでも個人の思考・思想が根底に有き。

組織が文責となり隠れ蓑になるジャーナリズムなど、

根本を問えば、存在し得ない。

ジャーナリズムという概念そのものが偽物だ、と思う。

個人の冷酷な所業の体積であり、それを客観とは思えない。

良心を捨て生活のためのカネを引換えとする哀しき業であろうか。

まま、組織を腰掛けにした自己顕示欲の排泄に過ぎない、と私は思う。

 

人間の、生物としての、この三次元での事実体験や想像力を

阻むお節介な業者であり、結局は大衆に、

ジャーナリストは…“虚の先入観・既成観念、

間接的な偽情報を植えつける

悪徳策謀組織のエージェント。

無自覚なマスゴミ労働者を、準工作員とでも呼ぼうか。

 

 

 

無自覚な者も含め工作員であろう記者やデスクらは、

個人自らの存在価値を貶めている。

カネや地位名誉・優越感と引き替えに、

タマシイを売った利己の行為は、

すべからく地球破壊に加担している。

そして自らの首を絞めていることに気付かない、

お気の毒な集団組織。

 

 

他者に辱めを与える者はいずれ運を失い、

辱めを受けた真実の者はやがて運を得るのが、

これからのこの世の摂理になっていくと思う…。

 

 

 ************************

 

 

大量に‘偽’情報を配信できる権限を独占し続ける大手マスゴミ

新聞社、雑誌社、出版社、テレビ局、広告代理店…等、

一般人側から一歩引いて見てみれば、

偽ユダ国際金融家とその手代組織の

下品さを露呈している自己紹介・自作自演でしかない。

 

アジアも他の大陸と同様、欧州勢が奴隷支配から効率良く

利益収奪する植民地支配のため“華僑”がその手代として、

富や権力を築いたのと、日本も同様だったであろう。

 

江戸末期から明治にかけて、地方の貧しい武士や

朝鮮先祖を持つ日本社会での少数派の人たち、

隠れ切支丹勢力を核として、欧州勢は富やユダキリ思想で、

中世から幕末まで隠密に諜報・制御・汚染脳をしながら、

明治政府の樹立を機に、幸福感がみなぎる江戸社会を

崩壊させる目的は、実践に移された。

 

(限りなく無自覚で盲目的な進歩発展の幻想に取り付かれた工作的な要員によって。

それは普遍を忘れ、一種のファッション性の思考思想・▽▽主義(ism)、

優越劣等の感情という振り子的思考に陥った人間〜が、

ヤツラの要員として取り込まれるのだろう、と思う。)

 

と、歴史狂育から排除された日本や世界で起きてきた事実を

繋ぎ合わせると、そのように解釈できる。

 

日本の政治家・高級官僚(犯罪者やならず者や半島系渡来)、

財閥(中世からの日本人奴隷加担や軍事物資による豪商)、

マスゴミの偽インテリ労働者やユダキリ思想に汚染脳された狂育者が、

あらゆる民族・生活総体を自ら破壊に至らしめた西洋の礼賛。

 

カネ盲信、勘違い優生種気取りが支配する

ヒエラルキー差別社会…にひたすら加勢する集団。

 

 

人口削減、火星引っ越し(ムリッ)やら、自然種(倭人系)のロボット化や

遺伝子を利用する恣意が、ジワジワと露わになりつつある昨今。

 

科学技術が進歩発展したとする社会、

AI化や再生医療脳科学、宇宙開発火星移住等で、

夢ありげな未来社会イメージを声高に番組で宣伝、CMで刷込みをするも、

AIやら再生延命アンチエイジング美容形成医療やらサブカルチャーなど

多岐にわたるマスゴミで執拗に紹介する現代技術や現代文化は、

大衆が実験台、モルモットだ。

 

偽ユダ以外の人間のロボット化への技術や、

偽ユダ所有以外の企業からの知的財産の収奪や、

偽ユダの中世から変わらぬ、

大衆=奴隷の差別的で支配的な悪趣味な嗜好やら、

ヤツラのマネーゲーム、投資が、

裏目的であろう、と。

 

中世以降の西洋からの思想、西洋文化の礼賛を基準としてきた

西洋貴族的・ユダキリ教的な、完璧主義が蔓延した昨今。

 

今の「現代社会」が、

地球破壊、生命破壊に至らしめんとしている。

 

 

真相は、偽ユダが元ユダに利用されているだろう構図が

現代社会の隅々にまで映し込まれているように、思える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油  7

仲俊二郎著「この国は俺が守る〜田中角栄アメリカに屈せず」より
257頁〜260頁(部分抜粋と要約)

 

 なぜコーチャンは誰にでも分かる虚言証言をしたのだろうか。なぜ日本政府もマスコミも、評論家、識者らも無批判にそれを押し頂き、いっせいに田中抹殺に動いたのか。
なぜ正義の味方であるべき検察まで、最高裁と図って憲法違反となる嘱託尋問へ突っ走ったのか。大いなる謎を孕んだまま田中の逮捕へ突き進んだ。奇妙なことに、国民はそれが謎を孕んでいるとは思わなかった。「カネに汚い悪者」を退治する彼らに拍手喝采を送り続けた。世論というものはこういうものなのか。

 小佐野賢治全日空の若狭社長、大庭前社長、渡辺副社長、丸紅の檜山会長、松尾社長、大久保専務、伊藤専務、彼ら糾弾一色の国会証人喚問が続く。一方で、東京地検は警視庁と東京国税局と合同で、丸紅本社や児玉誉士夫の自宅を捜査した。外為法違反の疑いである。日本で日本人がアメリカのロ社から金の支払いを受けるには日本銀行の許可が必要であり、違反という名目である。この法律は存在しているが、為替管理が緩和される時勢の中で、現実に外為法違反で処罰することは行っていなかった。にも関わらず、形式的な違反を取上げ強制捜査であった。


 病気療養中の児玉が在宅で取り調べを受け、外為法違反で東京地検に起訴される。丸紅の檜山、大久保、伊藤も逮捕され、議院証言法違反や外為法違反、贈賄罪の共犯として起訴され全日空の檜山らも軒並み逮捕。地検は彼らから供述を引き出し、事件の構図をほぼ書ききる。その都度、情報リークを通じ、世論を導くのに余念がない。

 1976年7月27日早朝、田中は自宅で逮捕された。事前情報もなく、予想していなかった。だが、田中は取り乱したふうもなく、堂々としていた。毅然とした態度で検察の車に乗り込んだ。田中は直ちに自民党に離党届を出した。罪を認めたからではない。党に迷惑をかけたくなかったからだった。当初、外為法違反という別件逮捕であった。が、翌月16日に、主罪として受託収賄で起訴された。拘置所で田中は終始、姿勢を崩さず、容疑を否定し続けた。

 田中逮捕の準備は極秘のうちに進められた。検事総長の布施健は徹底した隠密作戦をしいた。数日前に三木首相と稲葉法相だけに伝えていた。当日(7/27)、電撃的に検事を田中の私邸へ向わせた。警視総監の土田国保にも連絡していない。逮捕時、青梅署で剣道の稽古をしていた土田は「俺はのけ者か!」と激怒し竹刀を床に叩き付けたという。検察の独走、暴走を物語る舞台裏があった。疑獄事件の捜査は、検察と警察の合同で進められるのが慣例であった。地検が中心人物を逮捕し、警視庁が周辺の被疑者たちを逮捕する。ところが、ロ事件は田中のみならず、被疑者も含め東京地検の逮捕者が14名に上り、警視庁の逮捕者は4名。捜査段階のみならず、被疑者逮捕もほとんどが検察の独壇場で事が進んだ。警視庁は単なる補助役に回され、無視され続ける。例えば、慣例の捜査資料は普通ならコピーも含め、二部作成し、検察と警察が一部ずつ持つ。だが、検察に届けられたアメリカ側のロ事件関連の膨大な捜査資料は、警察にはまったく書類が回ってこず、痺れを切らした土田警視総監は検察に異議申し立てをした。結果、二週間を過ぎようやく秘密資料が届いた。だが、肝心の重要部分が700頁もはずされて、事件の構図が読み取れなかったという。

 土田警視総監はロ事件について慎重な構えであった。その理由は、アメリカから突然やってきた事件であり鵜呑みにすることの危険性、だからこそこの種の事件捜査は常道としてじっくり内偵を積み重ねていくものである。が、まったくそれが為されないまま、性急に事件化していく捜査の稚拙さが解っていたからだ。このようにロッキード事件は最初から異様づくめであった。「検察・警察合同捜査」の看板の裏で、重要捜査については警察側の介入さえ拒否し、終始、検察だけの独断で進めた。慣例を無視した検察の異様な態度は、証拠固めより何かに追われるかのように、スピードだけを重視し猛進したのはなぜなのか。外国からなのか国内からなのか、何かの強力な指示があり、ターゲットの本命である田中角栄に一刻も早く辿り着くために作られた事件と考えても不思議ではない。田中逮捕の1ヶ月弱前6月30日、三木はプエルトリコサンファンサミット出席の帰路、ワシントンに立寄りフォード大統領と首脳会談をもつ。会談内容を明らかにしていないが概要が漏れた。経済問題と並び、ロッキード事件も重要課題として、両首脳はこの事件がP3Cへつながらせない、トライスター疑惑を進め田中逮捕までこぎつけることを確認したと、そんな情報が永田町に出回った。

 キッシンジャーは、「三木首相とロッキード事件について全般的な意見交換をした」と慎重な言い回しで肯定している。

 

(つづく)

 

 

油  6


仲俊二郎著「この国は俺が守る〜田中角栄アメリカに屈せず」より転載

250頁〜256頁(原文)

 

 田中の独自の資源外交やアメリカに先駆けた中国との国交回復、さらには自分たちの
宿敵ソ連との近い将来の平和条約締結の可能性と、どれもこれもがアメリカの国益
とって邪魔なのだ。その張本人の田中角栄を潰すことに、キッシンジャーは執念を
燃やしていた。そう考えて不思議はないのである。

 そのための準備は十分にしてきたつもりだ。在日C|A要員だけでなく、学者や評論家、新聞の編集者など、味方は多い。スパイになってくれている者もいる。国会議員や留学時にシンパになった連中もいて、こっそり組織に潜り込ませている。それに外務省はいつの時も味方になってくれるので、有難い。彼らが今、いっせいに蜂起して、田中攻撃の論陣を張ってくれるし、何よりも三木首相が先頭に立って引っ張ってくれているのが心強い限りだ。獲物をどんどん追い詰めていった。
 それでもキッシンジャーは油断することはなかった。田中への怒りは感情のマグマで燃えてはいるが、作戦は冷静だった。過去の幾多のC|A工作での失敗が彼に用心することを自然に植えつけていた。コーチャンはキッシンジャーの意向に沿い、しっかりと田中包囲網のレールを敷いたのだった。彼への
嘱託尋問は7月6日から4日間、ロサンゼルスの連邦地裁で行なわれた。日本から東京地検特捜部検事の堀田力と東条伸一郎が立ち会った。

 コーチャンは全日空へトライスターを売り込むため、何度も日本を訪れて丸紅の幹部と会っている。ライパルは三井物産を代理店とするダグラス社製のDC10機だ。1972年秋といえば、田中がニクソン大統領とハワイ会談をした頃であるが、ちょうど両社は日本を舞台に激烈な戦いを演じていた。
 いよいよ全日空が9月中には機種決定することをコーチャンは知り、8月20日に日本入りした。彼の供述によると、翌21日、丸紅本社を訪れ、檜山社長に会った。食事をともにし、トライスター売り込みの情勢分析などをする。22日に、販売責任者である大久保専務と会い、最終作戦を練る。そして23日、檜山と大久保が目白にある田中の私邸を訪ねた。二人で田中を訪問するようにと、コーチャンが依頼したからだという。では何のためにそんな依頼をしたのか。それが問題になってくる。

 

 当時、日米間では貿易不均衡で摩擦が生じていて、改善のために日本がアメリカから大型民間航空機など、何か大きな買い物をせねばならず、9月1日のハワイ会談ではそれが話題になることを自分は知っていた。そこで日本の総理大臣にトライスターの長所を説明してほしい、と頼んだというのだ。明確な言葉では証言せず腕曲的ではあるが、直接、檜山の口からトライスターを買ってもらえないかと頼んでほしい、という意味のことをコーチャンは依頼した。
 そのためには5億円の賄賂を渡す必要があると、22日の作戦会議で大久保から言われていた。しかし自分はその渡す相手について、誰かは知らない、という。そう言いながらもコーチャンは、大久保から受けた報告内容を次のように証言している。「自分たち(檜山と大久保)は総理大臣と会い、話をした。(5億円報酬の)申し出もした。
その線あたりで約束された」
 そして別のアメリカ人検事の尋問にコーチャンは具体的な証言をする。
「1973年6月後半に大久保から約束の5億円を送れと言われた…。そこでロッキード社の
ホートン会長に相談し、送る旨の返事を大久保にした」その5億円は4回に分けて支払ったことも、ロッキード社東京支社長だったクラッターらの証言から判明する。

 田中はコーチャン証言に驚いた。ハワイ会談ではニクソンと航空機購入の必要性は確かに話したが、どこの製品にせよなどとは一言も言っていない。それは民間会社が決めることである。たとえ総理といえども、一民間企業の経営方針に介入することなど、出来るわけがない。それなのに賄賂欲しさに頼んだかのようにでっち上げられている。その上、政治家が外国からの金を受け取ることなど、あってはならない大原則だ。丸紅とそんな話をすることなど、あり得ない。それなのにコーチャンはさも事実のように証言をしている。田中の怒りはおさまらない。
 しかしその怒りは法的に何の効力もなかった。最高裁が保証した嘱託尋問である限り、日本側からの一切の反論は出来ないのである。「その証言がすべて正しい」という前提で以後の捜査と裁判が行われた。贈賄の主犯である人物に直接会って、何を言っているのか、嘘をつくなと、反対尋問をして確かめたい。そう考えたのだが、その当たり前のことが今回は通用しない。海の向こうで贈賄の犯人が一方的にしゃべったことが、一言一句、日本国内では絶対的な「証拠」となってしまったのである。これが最高裁
保証した嘱託尋問だった。一方的な証言により、田中は以後、死ぬまで糾弾されることとなる。
 しかし日本社会はこの理不尽なやり方を歓迎し、支持さえした。悪党をやっつけるのに正義などおこがましい。身の程知らずだと、マスコミ論調は頭から田中を有罪だと決めてかかり、検察もそれに沿って捜査に突進する。そして要所要所で検察からマスコミへのリークがなされ、田中、丸紅、全日空の悪者ぶりを紙上にこれでもかと披露した。検察が最も得意とする世論づくりである。コーチャン発言の検証もせず、これが正しいと一方的に世論を盛り上げる。ナチス時代のファシズムを思い出させるのに十分だ。

フェアーで冷静な姿勢は微塵も見られなかった。ここでコーチャン証言の矛盾の一つについて、客観的な状況を概観しよう。それは田中が有罪か無罪かの核心につながるからだ。ハワイ会談の時点で、ロッキード社のトライスターとダグラス社のDC10の競争状況は果たしてどうであったか。結論的にいうと、全日空社内では、すでに購入機種をトライスターに内定していたのだ。

 

 両機が競っていたので不安だった、だから田中に頼もうとした、という

コーチャン発言は偽りである。トライスター優位の事実を丸紅とコーチャンが知らなかったはずがない。

 民間航空会社では機種を選ぶとき、組織的に社内委員会を立ち上げ、徹底的な、極めて慎重な調査を経て行われる。部外者である政府が介入する余地はまったくない。全日空も新機種選定委員会を設け、二年以上にわたって検討を重ねてきた。まさに社運をかけた検討なのである。両機への評価は甲乙つけがたい状態で推移していたのだが、
ハワイ会談の数ヶ月前から、どういうわけかDC機の事故が多発した。一方、トライスターは順調な飛行を続け、両機の差は明確になっていた。

例えばそのDC機の事故例を箇条書きにしてみよう

(木村喜助「田中角栄の真実」より)。

 

1-1972年6月11日、アメリカン航空のDC10において、ロサンゼルス空港で

 貨物室ドアのロックに支障事故が発生した。
2-同年6月12日、アメリカン航空のDC60において、ウィンザー上空で、

 後方貨物室ドアが脱落し、そのための急激な機内の減圧が操縦機能に障害を与え、

 操縦不能寸前の状態となり、デトロイト空港に緊急着陸した。
3-同年7月27日、コンチネンタル航空のDC10において、ロサンゼルスを離陸上昇中、

 第三エンジンが脱落した。
4-1973年11月3日、ナショナル航空のDC10において、アルバカーキ上空で

 第三エンジンが爆発して機体に穴があき、乗客一人が機外に吸い出された。
5-1974年3月3日、トルコ航空のDC10において、パリのオルリー空港離陸直後、

 貨物室ドアの脱落から機内の急激な減圧が起こり、客席床が下にへこんで

 操縦系統を破壊したため墜落し、乗客346人全員が死亡するという大惨事を

 起こした。


3例目にあるDC10のエンジン脱落というのは構造上の欠陥事故であり、

機種決定に致命的な影響を及ぼす。はっきり言って、完全な技術失格なのだ。

これに対し、トライスター機は世界中で順調に飛行した。

構造上の欠陥が一度も発生せず、安定した優秀さを示していた。

 

さらに1972年7月23日、東京、大阪、鹿児島の各飛行場で、トライスターとDC10がデモフライトの競演を行った。どちらが優秀かを公開で競うのだ。トライスターは性能開示を誠実に行い、確かな飛行を行った。これに対し、DC10は秘密を残したごまかし的な飛行をし、見ていた全日空関係者の不審と不評を買ったのだった。
 先のDC機の事故例からも分かるように、最初の三件は、コーチャンが日本へ行き丸紅幹部と会った8月20日より前に起こっている。また9月1日のハワイ会談からは相当前の事故なのだ。エンジン脱落という重大欠陥も合わせて考えると、全日空が早い時点でトライスターに内定していたのがよく理解できる。

 

 これらの事故は丸紅幹部もロ社のコーチャンも熟知していたことであり、自分たちが極めて有利な位置にいることも知っていた。現に8月当時、担当専務の大久保は休暇をとって、のんびりと旅行をしていたくらいである。
それなのになぜ5億円もの賄賂をわざわざ時の総理大臣に渡してまで、ハワイ会談でニクソンに念押しさせる必要があるのか。常識的にはとても考えられない行為ではないか。にもかかわらずコーチャンは、丸紅を通じて田中に依頼したと証言するのだ。田中が、そんな馬鹿げたことを請負うはずもない、と全面否定したのもうなずける。

 

(つづく)