ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

ワタシの中のイケめん___。(w)

 

 

他人にとってはどうでもいい、ワタシの中の「麺論」。

 

 

人類は、麺の魅力にいつから、取り憑かれたのか…。

ちゅうごく四千年の_なのカ?(4000年前??___コピー古ッ過ギw)

穀類と言えば、お米か小麦が代表的で、ほか

稗とか粟とか大麦や蕎麦とか…。

穀物の歴史、遺伝子組替に近い小麦類、

 その是非は横に置いておいて…。。。ご都合主義ダナ・汗)

 

 

ともかく。

 ワタシは子供の頃、ラーメンがあまり好きではなかった。

みんなが好きという空気が、いまひとつ分らなかった。

 

当時、母が嬉しそうに「今日の夕食はラーメンよ〜」という日は、

心の中で、(嗚呼、また食べなきゃいけないんだ…)というくらい

テンションが下がった。

家族が多かったワタシのうちでは、母が腕を振るって祖母も手伝い、

一応、鶏ガラでスープから仕込んでいたラーメン。

母は、台所でかなり大変そうだったことが思い出される。

 

よって、楽しみではないワタシの感情など、決して言葉にはできなかった。

両親、祖父母、姉弟は、食卓に並んだラーメンを嬉々として

夢中ですする。

そんな雰囲気の中で、ワタシだけが心の中で、

好きではない、むしろ食べることが苦痛なことを

決して口にできない、

みんなが大好きなラーメン。

 

その理由は自分でも分かっていた。…熱いから。

自分が食べられる温度になる頃には、

スープをたんまり含んだ麺は、ぶにょぶにょで

伸びているから。

最も美味しい瞬間を経験できないのであった。

 

幼児の頃、熱いから苦手ということはままあると思うのだ。

かといって、食べる事自体が、

本当は、ひそかに面倒臭いと、思っていたフシもある。

哀しいかな、飽食時代に差し掛かった子供の病理だったのだろうか。

特に好きでもないお菓子を間食し、食前には空腹に至らず

食事は義務という、子供の頃に有りがちな

悪習もあったかもしれない。

 

 

 

 

そうは言っても、大人になってからは、

突然、特に深夜に、ラーメンが食べたくなることもある。

だがやはり、伸びて嫌々食べていた頃の記憶があるから、

そんなに好物にはならない。今でも毎日なんてことは、考えられない。

 

食べたくなるその時は、漠然とラーメンを所望するのではなく。

イメージというか、経験的記憶からか、

どこのとか、どんなとか。

具体的にそれじゃなきゃイヤだ、という

わがままな欲望が襲ってくるから、

結構、自分としては困ることがある。

一体、その欲望はなんなのか…。

 

 

***************

 

 

家族がラーメン好きだったのは、ごく一般的なこと。

世間を見渡せば、ラーメンが嫌いという人を捜すのが

難しい程、ラーメン教とも言うべき宗教的空気が

日本を覆っている。

まあ、どうでもいいんだが。

 

 

しかし、麺類が嫌いな訳ではない。

ワタシが麺の美味しさに目覚めたのは、コシのあるうどんだった。

その後、スパゲッティも美味しいんだ、と気付いたのは、

20代後半くらいから。

かなり遅い麺党デビュー?なのであった。

 

ちなみに、冷麦も子供の頃、食べるのが憂鬱だった。

やはり、ぶにょぶにょして面倒臭い食べ物という印象しか

なかった。どちらかと言えば、

素麺の方が、見た目も涼やかで喉越しが心地よく好きだった。

けれども、ワタシの実家は冷麦派で、夏に素麺を食べられることは

めったに無かった。むしろ、素麺を避けていた。

 

もうこの歳になれば、熱かろうが、ぶにょぶにょだろうが、

平気になってしまったし、子供の頃、渋々食べていた物でも、

ノスタルジックな記憶も重なってくると、それなりに美味しく感じてしまう。

歳をとると、キャパが増えるのか、鈍感になるのか。

それとて、どうでもいいんだが。

 

 

ところで、各種麺類の魅力と、食べる時間軸をぼんやり

頭の片隅で考えていたことに、ずいぶん前に気付いた。

それがワタシの麺論だ。

その自分にしか通用しない麺論では、ラーメンは食べ始めに、

否、食べ始める寸前に、魅力のピークがある、と分析している。

 

飲食店なら着丼し(最近の造語ダ)、家なら食卓に並べ、

さて、箸とレンゲを両手に構え、丼から

ニンニクや油の香りがのぼる湯気が立ち込め、

霞んで見える、その器の中の具材の並びを目で一巡して楽しむ。

チャーシューの厚さなぞを確認し、

はてさて、スープからか、麺からか。

ふぅふぅしながら…、の、、、ひととき。

その一瞬が多分、最も至福なんじゃないかなぁ、と。

 

 

スープをすすって、麺を持ち上げ口に入れた瞬間から、

次第にラーメンの魅力は失せていく。と、ワタシは感じている。

 

麺が半分以下になった頃には、もう亡骸である。

スープを含んでしまったぐったりとした麺や、

濁ってどんよりしたスープへと変貌し、

アノ夢は砕かれる。(何の夢じゃ)

 

というか、食べること自体が単調な作業(ルーティン)と化す。(ワタシの場合)

とにかく、ラーメンは食べる寸前が最も美味しい(美味しそう)。

という、皮肉をはらんでいる。(どうでもいいって?!)

という、ワタシの考察デアル。

 

 

 **************

 

 

さて、ならば、

うどんは、どうだろうか。

ワタシの中では、その魅力は麺をもぐもぐ頬張っている真っ最中、

分量が中間の時点辺りが、最も美味しいと感じる時間帯(ひととき)である。

それも、麺のコシによって左右されるから、

ここではあまり詳しく書かない。キリがないから。

(何もったいぶってんのか?)

 

 

では、スパゲティはというと、何と言っても、あと数本、

皿の底に残っているその時、至福がやってくる。

チョロっと残った短い麺は僅かなソースに浸っている。

汁気にも注意を払い、うやうやしく、

最後の短めのそれをじゅるんとすすり終えた時。

うぅ〜後もう三口くらい食べたいなぁ〜、で終る…。

その感覚が魅力のピークなのである。

(あっ、ワタシの好きなポモドーロの場合デス)

 

 

まとめると、ラーメンの魅力のピークは最初。(正確には食べる寸前)

うどんの魅力は中間地点がピーク。

スパゲティの魅力の頂点は食べ終わる寸前。

 

繰り返すが、あくまでも

ワタシの麺論デアル。

 

******************

 

素麺の魅力はワタシの中で、スパゲッティに近い経過の喜びがある。

冷麦の魅力はワタシの中で、いつなのか今ひとつ分からない。

 

そういえば、蕎麦を忘れていた。

蕎麦はざるなら、最初から最後まで魅力的。

それでも、最も美味しいのはやはり食べ初めだ。

手打ち蕎麦なら、麺包丁の切れ味の良さで、切り立った麺の側面、

一本ごとのそれが束になり、麺の角の鋭さが口唇を通るとき、

確かな風味を喉の奥に運んでくれる。

おっと、麺類の中で最も水の良さに左右されるのも

蕎麦である、と思うのだ。

 

温かい蕎麦は、出汁によりけり。麺が終っても

出汁の透明感が残っていて美味しいと、

それを飲み干すことで、

何とも言えない満足感がやってくる。

もちろん、具材にも左右されるのは、

温かい蕎麦の特徴だ。(と、思う)

 

でも、たまにワタシは学食的な、

サービスエリア的な、立ち食い蕎麦的な…

小麦粉たっぷりの、ぶにょぶにょB級蕎麦が食べたくなる。

あの衝動はいったい何なんだろう。

この件も、まあ、どうでもいいんだが。 

 

ちなみに、中年になる前までは蕎麦が苦手だった。

喉を通過する時、蕎麦のイガイガ感があった、それは

おそらく蕎麦アレルギーに近い症状だったのではないか。

今は、それが全く無くなった。蕎麦の楽しみは、蕎麦湯も含め

色々あって。やはり蕎麦を食す喜びは年齢と共に増すものか。

日本人だなぁってな風情を自分に投影するのである。

(バカなの〜?ワタシ。。。)

手打ち蕎麦のお店を巡る楽しみもあったりする。

 

 

蕎麦はネギの千切りが繊細である程、嬉しい。

かつ、わさびが本物か加工品か。本物のわさびは風味の楽しさ。

加工品は優しい蕎麦の風味を多少かき消してしまうが、

つんとくる辛みから、それはそれで食べている実感があるので、

案外、嫌いじゃない。単に、庶民の味覚習慣。

ともかくは、薬味も感じの良い器に、

気を利かせた添え方ならば、所作の楽しみもあって、

満足感が高いものだ。

 

 

 

数年前に、フランチャイズ店の刀削麺に出会った。

その中でも麻辣刀削麺の味が、すこぶる気に入ってしまった。

 

独特な中華風味で、好き嫌いがありそうだ。

自宅ではその風味を食べたいと思わないのだが、

中華料理屋にそれがあったならば、すかさず頼んでしまう。

ワタシの中では大変クセになる、五香粉(八角花椒など)の

エキゾチックな香りが楽しめる。

刀削麺は10cm前後で一本一本の形が違って、きしめん

ように薄いが、端がぴろぴろとひだ状になっているところが

すする時の楽しみだ。

麺のたねの極太の小麦の塊を刀削麺用包丁で、

ぐらぐらと湯が湧いた鍋に、

削り飛ばして一本ずつ随時、茹でていく。

短時間の作業が要求される職人技だろう。

麺の善し悪しは技で変わるから、当たり外れの落差はやむを得ない。

先日食べた刀削麺は、ハズレだった。(泣)

器の2/3の麺が妙に分厚く小麦粉感が残っていて、無念であった。

(開店と同時に足を運んだ程、食べたかったから…。執着し過ぎなのだ(呆))

更に、生のニラとぽそぽその豚ひき肉も乗っているのが好みデス。

(どんだけ拘るんだ〜)

ともかく、最近のワタシの中でのイケメンは刀削麺と言っていいかナ。w

 

 

他にも、20代前半、

友人が連れて行ってくれたお店の韓国冷麺は初の食感で、魅せられた。

冷麺への執着が30代まであった。

イカや梨、透明なスープと金属の丼が何とも涼しげだった、

焼肉店の冷房の効いた、静かな夏のひとときを思い出す。

だが、なぜか飽きてしまった。

 

 

 

そんなどうでもいい麺論と麺暦。

ワタシの個人的な嗜好をブログにダラダラ書いても

仕方がないので、この辺で。

以下、割愛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾畠春夫さんのことから 【二】

 

 

前回の内容に続いて、ワタシの感想を。

 

尾畠さんの30分以上のインタビューの中で、

理稀くん行方不明の一報がマスコミから全国に報じられた日から、

大分県に住む尾畠さんは山口の捜索現場まで行くか行かないか、

2日間ほど検討したという。

3日が過ぎ、まだ発見されていないことを新聞で知り、

即座に車で一般国道を使い、山口県へ向ったそうだ。

8月15日午前6時、現場の捜索に加わった。

尾畠さんの経験や勘を頼りに子供は山の上へ向うと考え、

歩みを進めたその20〜30分後に、あっさり理稀くんは見つかった。

 

マス‘ゴミ’と皮肉って、ワタシは常々批判している。

一方、不特定多数の人に伝え、まるで無関係に感じるマスコミ情報を

尾畠さんは我が身のこととして捉える。

 

以前、海外の自己啓発の書籍を読んだ時にも、

今回のことと近い話が書かれていた。

事故に遭いケガをしたり困っている人を新聞で知ったなら、

見ず知らずの人へ直接、金銭支援する人物を紹介していた。

 

また、「あなたと健康」という月刊小冊子を40年以上、

執筆発行されている東城百合子さんのメッセージも思い出される。

何事も自分のこととして本気で受止めることが、人生に於いて大切。

現代のマスコミ社会はそれが失われがちだ、と。

 

マスコミが報じた情報を身近なこととして痛みを持って受け止めるのは、

当事者か、知人関係くらいなのが今どきの(悪しき)常識である。

縁もゆかりも無いような人が、自分のこととしてマス情報を受け止め

行動するというのはなかなかできることではない。

マスコミの情報は他人事になるよう作られてもいるだろうし、

視聴率が最優先の現場では取上げた情報はいち材料・商材に過ぎない。

営利的な情報が溢れ、大衆はそれに対して鈍くなり、

危険なこと面倒なことには一切、関わりを持たないよう保身だけを

情報から抽出し、マヒしてしまったとも言える。

あるいは、マスゴミの美味しいとこ取りの群れ、小市民。

 

垂れ流す無責任さ、ジャーナリズムだ、客観だと言って、

キレイ事にだけ参加し、事件事故現場で困難に直面している人を

冷酷に見捨て、割り切って取材する野次馬集団は、

人間として罪深い。無責任さ冷酷さがマス情報に

鏡の如く転写される。受け取る側にも潜むそれを自覚しない限り、

同じ穴の狢となる。

 

ともあれ、尾畠さんの情報の取り入れ方を見習いたいものだ。

そして、何よりその行動力に頭が下がる。まずはできることから

行動しよう、と今回の件は身近なことに感じ、ワタシも勇気を頂いた。

身近で気付いたことからでいいと思った。

 

また、尾畠さんの意識と行動のスケールが、マスコミという幻想組織を

とっくに超えているからこそ、今回の朗報がもたらされた、と思う。

個の自律する意識は、時に偽ユダ御用達組織も

役に立つことを起こすのか…。

 

 

ロ事件について転載した内容の一部分で思ったのは、

事件や事故などマスゴミが流す情報の渦中の人が案外、

疎いこともあるようだ。まるで台風の目の場所だけは、晴天になるが如く。

 

真実を捉えることは決してない、

それがマスゴミであり、幻想組織である、と思った。

 

 

マスゴミの偽ユダの使役としての役割は、

・事を荒立るため、混乱を促すため。

・あらゆるプロパガンダのため。

 特に偽ユダ所有企業スポンサーにとって

 メリットの多い情報を公平を装い意図的に流し、

 その企業デメリットになる情報はまったく伝えない。

 その他、買収前の企業の株価下落を狙って後遺症にならない程度の悪評を流す。

 ライバル企業はマスゴミスキャンダルや風評で、弱体化か再起不能にする。

 つまり、ニュース報道等でイメージアップの意図がある企業は偽ユダ株所有。

 (分かりやすい…笑)

・イメージも含め、西洋人社会を賛美する情報が、非常に多い。

・大衆にとっての悪法を立法させる時期は、

 他の下世話な情報で大衆を攪乱し目逸らしする。

・自己顕示欲を触発し逆なでし、優劣感情を盛り上げ

 大衆の競争社会を激化させる。

・人間の意識を貶め、大衆に本質的なことを考えさせないよう誘導し続ける。

・知らなくていいことまで知らせ、大衆の不安や恐怖心を煽る。

 逆に、知らなくてはならないことからは目を逸らさせたり、御用学者や

 御用専門家らを利用し、重要情報を捏造や隠蔽をする。

・過去の辻褄が合わない事件事故の情報は隠蔽する。

 事件事故などの報道経緯を検証することもなく、垂れ流しっぱなし。

 

 

 

マスコミの存在その建前は、大衆の味方であり政治を監視する役割のはずだ。が、

その実、闇の権力者である偽ユダの創設した機関であり、

大衆を家畜化〜ロボット化という最終目的があることは

情報の長年の系譜を検証すれば明らか。

かつ、日本では日本人に母国愛を抱かせないため、

自国を嫌う、否定させるため、

GHQ置き土産の、「反日」感情の啓蒙活動(汚染脳)が

今も尚、マスゴミで着々と続けられている。

自国を卑下する感情を植えつけるよう、

日々の国内外の事件事故の情報を過去も含め、

微に入り細に入り偽情報を拡散する。

殊更に日本が荒廃していくよう促す情報に満ちている。

あるいは捏造、冤罪にまで加担する。

今回のように稀に、朗報を伝えても執拗に取上げ、

マスゴミ十八番のほめ殺しで、大衆を食傷気味にし

飽きさせるよう仕向る。

平凡な人が突然ヒーローになったことを

人によっては、嫉妬する負の感情をも刺激する。

 

マス‘ゴミ’たる所以である。

 

インターネットのお陰で誰もが不特定多数に向けて、

発言できる時代になったから、

以前ほどマスコミプロパガンダの効力は無くなったかもしれない。

マスコミ情報で好奇心を満たす情報、娯楽の延長、

情報を消費・消耗する時代は終りだろう。

 

マスの情報も身近な訴えとして受止められる世相に変わりつつある。

だが、ワタシも含め個々の情報発信の真偽は、

偽ユダの最終目的で束ねられてきた

茶番で分かりやすいマスゴミ偽情報のそれ以上に、

情報源は不確かで、更に混沌としている。

今、偽ユダの大衆を制御する注力は、

ネット、SNSクラウド化よって

大衆への偽情報配信と収集をAI社会へ仕向けられている。

それは性急で、焦っているようにも見える。

 

 

ともかくは、自分の身に問題が起きた時、誰しも本気になる。

よって、マス情報を自分のこととして捉えるには、己の器に呼応する。

マスゴミ情報を単に批判しているワタシは、

尾畠さんのスケールの大きさに足下にも及ばない…。(反省ーー;)

 

**************** 

 

過多な情報を取捨選択する基準は何であるだろうか。

欲を基準にした意識、何かを求め与えられる、

何かを得るため得するため、助かりたいがために、

また自己存在を肯定する、自己顕示欲を満たすために。

自分にとって都合の良い情報、受動的な情報に、

群がってきたのが、私たち大衆だった。

 

尾畠さんのように、自分に何ができるのか。

この身を置くこの世界で、今の自分は

何を与えることができるのか、という能動的な意識、視点。

個の自律によって、偽情報は効力を失っていく…と思った次第。

加えて、精神状態、意識の波長によって、

取り込む情報が変わることも自覚する必要があろうか。

 

 

*********************

 

長くなるが、

後述する「逝きし世の面影」第十四章〜心の垣根〜から抜粋した

内容に寄せて、感じたことを書き留めたく。

 

 

「さゆふらっとまうんど」さんというIDでYouTubeに動画を

投稿されている方がいる。IDは少し馴染みのない言葉であるが、

「平塚まさゆき」さんという実名を公開して、社会活動家と

名乗る勇気ある投稿者だ。

彼は闇の権力の存在を数年前から認知し分析し、熱心に発信

しておられた。彼の動画を時々視聴させて頂いている。

 

さゆふらっとまうんど - YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCbLAlPK5nmnAq8fwnHhMSIg

 

 

最近では、2017年春に千葉で起きた‘りんちゃん殺害事件’の

冤罪の可能性を踏まえ、真相究明をテーマに情報を発信していた。

任意で、刑務所で被告者と面談し、事件の経緯や被告とされている

本人の心情を丁寧に取材していた。

それを随時、YouTubeで公開し、

マスコミ報道の経緯や警察の所動や応対について、疑問を投げかける

動画を長時間にわたり、いくつもアップロードしておられる。

殺害事件の記者会見が千葉県庁舎5階で行われた際、

会見参加希望者の抽選に漏れた彼は、様子だけでも知りたく

5階ロビーで待機していた。会見終了後、

見ず知らずの男性とエレベーターに乗り合わせた。

そのほんの数秒の密室状態の時、その男性から突然、暴行を受け、

更に、所持品のビデオカメラを盗られてしまった。

直後の映像をスマートフォンで記録し、事の次第を伝えている。

 

事件会見後ともあって、すぐさま、

近くにいた警察・刑事に経緯を訴えたのだが…。

平塚さん自身が咎められるような問答に進んでしまう。

彼は、動転し刑事の対応が異常であることに、当事件も含め、

改めてこの殺害事件の捜査、犯人断定、マスコミ報道に不審感を募らせた。

よって、見ず知らずの男が警察と繋がっている、と

断定は避けるも、彼が警察そのものに疑念を抱くのは当然のこと。

 

後日、千葉中央警察署へ問合せた。

今回の彼からの訴状について立件をしないという警察の不自然な対応に

業を煮やし、数回、千葉中央警察署へ電話をかける。

が、警察側の不誠実な対応に呆れる平塚さんの様子に、

色々考えさせられた。

 

全国的に情報発信された怪事件に、個人として疑問を呈し、

身近なこととして考え、行動することが、

非常に危険なことである…という実態。

なぜ、正義を掲げている

組織に疑問を投げかけ踏み込むことが、危険になるのか。

それは偽正義だからに他ならない。

 

 

市民から集めた税金で、生活が成立つ側の公務従事者である、

警察、公安、検察、裁判官…官僚…。何故かしら、

絶大なる権力と実力行使、不気味な狂気をちらつかせられ、

常に市民はその威力に平伏している。

小市民、大衆のおののく様相に付け込んでもいる。

そこに切り込もうとする、

若者の行動を見ていてハラハラするも、

自分には何もできない、せいぜいここでぼやく小市民(家畜)ぶり。

 

政治が正義であれば、そんなハズはない。

政治権力が、警察を窓口に偽善、偽正義であることを

彼の行動と共に、この一件が如実に証明している。

 

 

明るいニュースに繋がった尾畠さんの活動と、

彼のように、政治権力・偽正義にある闇へ立ち向かう若者の正義感、

そのテーマが対照的だった。

マスゴミと同じく大衆は冷酷に、無責任になるよう

ひたすら飼いならされてきた。

警察、公安の実力行使と、監視・懲罰が目的の国家権力で。

 

非常に危険だけれども、それを承知で、

重要な市民活動をひとりでコツコツと実践している、

社会活動家。

 

闇に、偽ユダに、繋がっている(全国配信のマスコミ情報)

大事件大事故では、真相を追求し行動する善意の個人を

法律は一切守ることはない。

社会から孤立させられてしまう可能性さえある。

法律が、むしろ凶器に変貌する恐ろしさを

平塚さんの動画からそれを実感した。

 

小市民であることが如何に偽善であるか。

権力に対峙すれば、偽善者ではなくなるが、

居場所、市民権が失効されてしまう。

偽社会。嘘まみれの世界。

 

 

ほとんどの現代日本人が無関心の、

江戸社会、政治には、正義があった。

年貢(米や繊維…現物)を徴収し、生活が成立つこと、政があることを

公務の人々は自覚していたからこそであり、

筋が通った社会ということだろう。

明るさや良質なユーモアが社会を人々の心を満たしていた。

あるいは、とても「敷居が低い政治」であったことも。

 

 

現代日本社会で、役所へ用件がある人なら経験があろうか。

公共へ苦情を伝えても、タライ回しになることは有名であるが、

今回の平塚さんの暴行盗難の事件で、

警察官の対応は、例に漏れず、更に冷酷だった。

 

組織側の人間になると、人と人との関わりをしなくなる。

不平等感の始まりだ。

日本人の「心の垣根」を高くしていったのは、

明治以降の政治、つまり西洋型の政治なのだ。

 

個の感情、本音本心に不誠実になり、

組織を主人にして、保身する、寄らば大樹の陰。

慇懃無礼な態度で片付ける、公務にあたる者の様子は、

人間の心を醜くするものだ。

 

江戸社会と現代日本社会の落差を

私たちは多少なりとも、知らねばなるまい。

 

 

 

 

 

 

**************

 

 

 

「逝きし世の面影」渡辺京二著(平凡社)___

第十四章 心の垣根    一部抜粋(566~567頁)


 ゴローヴニンはその慮囚記に、たびたび日本人の笑いを記録している。
奉行の取調べに当たって、ロシア語を知っていると称する人足が通訳に起用された。
奉行がまずその男に何事か話すと、そいつはゴローヴニンに向い、「お前は人間だ、
俺は人間だ。ほかのも人間だ。どんな人間か話せ」というような、訳のわからない
ことを言い出した。そのうちこの男は、ロシア語で父を何というかも知らないことを
暴露してしまったのだが、そのとき奉行と役人たちは腹を抱えて笑ったのである。
 これは何の笑いだろうか。ロシア語をろくに知りもせぬのに、しゃしゃり出て
通訳をつとめるという、その滑稽さが彼らを笑わせたのは確かだろうけれど、
その底には、民族がちがえば言語もちがって、同じ人間どうしが種々の滑稽を
演じなければならぬという事実のおかしさがあったのではなかろうか。それに
してもこれは、寛容で大らかな笑いである。

 

 ゴローヴニンは奉行荒尾但馬守の日頃からの行為に厚く感謝していた。
荒尾と新奉行の交替に当たって、彼は荒尾へ感謝状を草したが、それを読んだ
七十四歳の新奉行小笠原伊勢守は「不幸にも虜囚の身となったが、運命は
われわれに苛酷なばかりではなかった。何となれば奉行がこの地方を統治して
いるときにこの事件が起こったからである」という一節まで来ると笑い声をあげ、
「他の日本の高官が荒尾但馬守の職についていたら、彼ほどその方どもに好意を
持ってくれなかったとどうして分るかな」と問うた。これは頭のよい、そして
良質なユーモアである。

 

 

 

***************

 

 

上記抜粋部分の紹介で、

しつこいが、もう少しワタシの感想を。

 

 

たった一人の西洋人でも日本にいれば、

政治的に影響が大きい鎖国下の時代にあって。

ロシア人の通訳に、人足とされるいち個人が、しゃしゃり出て来て、

ほとんどその男が“外国人見たさ”であろう、珍劇を繰り広げた。

まず、その男を起用する奉行所の「敷居の低さ」に、私は驚いたのだった。

もちろん、ロシア語をできる人が全然いないのだから、

できる、と申し出る人がいれば誰でも、起用する時代背景だが。

それにしても、この男と役人たちとロシア人との微笑ましいやり取りは

どんなに時代が変わっても、変わらない、

人と人の触れあいの本質が見てとれる。

 

 

現代日本社会の政治、あらゆる組織の「敷居の高さ」は、

大衆も偽ユダも含め、みんなで作った幻影である、と私は思っている。

政治的な通訳者の起用に、江戸時代のようなラフさが

現代政治には全く無い。

如何にも、西洋的な権威大好き人間の集団が、采配する社会を

象徴する「敷居の高さ」。

組織が、怪物となる西洋型の社会構造。

 

そこにもマスゴミの罪がある。(自己顕示欲を満たしたい者を群がらせる)

映像を駆使し敷居の高さを広げようとするマスゴミは、

個人と個人の間に、ご丁寧に大きな溝を作り続け、落差を仕込んでいる。

ホント困ったもの…ダ。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

 

ひとこと、ふたことみことも感想が多いが。。。

(ワタシも自己顕示欲が強い。苦笑)

 

自己顕示欲の強い西洋人視点での謝意が、

浅はかな思慮のない頓馬な発言であったとしても。

当時の日本の役人は、あっさりユーモアに変えてしまう、

懐の深さを思う。

(大)昔の日本人は、素晴らしかった…と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾畠春夫さんのことから 【一】

 

 

8月15日。
8月12日から行方不明になっていた藤本理稀くんを
尾畠春夫さんが発見し救助した話題が聞こえてきた。
TVは無く見ていないが、ネットの記事であちこち取上げられて
いるから、関心もあってYouTubeにあったインタビューの動画を視聴した。

(日頃、TVを見ている人にとっては食傷気味の話題かもしれない。)

 

尾畠さんは生業の鮮魚店を65歳の誕生日で辞め、恩返しの気持ちで、

ボランティアに専念し、もう13年献身的に活動されてきた方と知り、
敬服してしまった。丁度、父と同じ世代ということもあり
親近感を覚えた。信条も似ている。

 

インタビューの動画が30分以上ある中で、理稀くんが見つかったことを
自分の子供のことのようにして感動されている。
尾畠さんの涙して喜ぶ姿はワタシも思わず、もらい泣きしてしまった。
皆、繋がっているなぁと。

 

また、献身的な心で生きて来られた方だからこそ、

たった20分で見つることができた、

奇跡を引き寄せる、神業をも感じた。


理稀くん行方不明の件はアブダクションではないか、との説も

あるようだが。それはさておき。

 

***************


ところで、尾畠さんのインタビューの中で、ワタシなりに感じたことを
書き留めたい。

捜索していた理稀くんを発見し、ご両親へ引き渡すまで、
決して警察や消防に託さないと宣言していた様子が印象的だった。
理稀くんの家族と尾畠さんとの約束。もし、私が見つけたら直接、届けると。

 

現代の法律は私たちの生活を守っているようでいて、
監視や管理であったり活動の自由を奪われたり、
個人の理に適った意志や判断が排除されている社会。
本当の弱者の切実な声は、切り捨てられる法規制や世相。

それを痛感する時代にあって、法律に対しての尾畠さんの宣言は、
些細なことのようだけれども、
現代の西洋型の法律とは根本的に相容れない、
日本人の精神性、(古き良き)日本人魂を垣間みた気がする。

 

法律よりも、人情であり、法律よりも、思いやりでありお互い様の心、
個人の約束、良心が、実は社会を支えている…。

個と個は対等であり、組織は従属するものという真実。

 

 

もともとの日本(江戸期まで)は平等な社会であった。

明治から西洋型の法治国家に変貌した。

競争社会、生産性効率性、金銭多寡の損得勘定やキリスト教者的な善悪判断が、

狂育やマスゴミで示され汚染脳へと仕向けられてきた。

差別問題にばかり目を向けさせられ、江戸期までの日本人が元来持っていた

生物の摂理の中にある、内なる平等の意識、あるいは慈悲心や、

主体的な個の良心、個個の対等は失われていった。

 

西洋的な教育・宗教・政治による倫理観や懲罰は、外部からの規範。

それを牽引するマスゴミプロパガンダで、大衆の恐怖心を煽動し、

受動的な強迫観念の中に「平等の意識」は埋もれてしまった。

 

また、現代日本人は西洋化で、‘個の自立’こそが‘大人’とか‘成功者’だ、と

狂育やマスゴミは喧伝する。確かに、個の欲望、自己顕示欲を満たしたり、

わがままや、傲慢な所望、野心は、カネがあれば何でもかんでも実現できる。

金銭による経済的な自立や、物理的あるいは表面的な自由さは、

多くの現代日本人が手に入れただろう。だが、

個の意志、良心や良識ある判断、‘内なる自律’を培うのに、

権力側の影響が絶大で、極めて困難な社会。欺瞞の現代日本

そうした中にあって、尾畠さんの活動は稀有がゆえ、極端に注目が集まる。

過剰なマスコミ報道は、大衆のヒロイズムをくすぐり、嫉妬心や焦燥感をも駆り立てる。

そうして個の自律の芽を攪乱し枯らそうとする。

 

 

法律の云々以前の、生物として本来の人間の全うな判断力。
自然摂理に沿った本能的な生活や行動や精神性。
(現代のような権力側の命令や規律が及ばない…、
 余白・余剰、間や遊び…の大切さを思う)

無意識だけれども、昔からある日本人の意識。
心根から発露する良心的な行動や知恵、直感。

 

現代日本に於ける政治経済や宗教・教育…、

それは支配都合の西洋的規律。

貨幣の威力が、良心を穢したり、己を蔑む、

物質偏重や性悪説が前提の西洋的な思想に基づいた法律は、

人間の本質的な自律・意志を萎えさせる。

良心・知恵・直感を見失う。

見えない首輪を大衆全てが付けている。

依存的な保安の社会。

 

 

 

個としての自律・意志が、この世も含め宇宙の本質という印象を
戦前生まれの尾畠さんの言動や生き方から感じられた。

宇宙の本質とは、少し大袈裟な言い方かもしれない。

「お天道様」を悟る、と言い替えてもいいだろうか。

 


度々、当方が紹介する「逝きし世の面影」にある内容が、
この事例と重なると思ったので、少々お固い文体だが、私見も含め
2回に分けて掲載したい。

 

 

**************************

 


「逝きし世の面影」渡辺京二著(平凡社)___

第七章 自由と身分  一部抜粋 (264~266頁)

 

 オールコックが慎重に推量の形で披露したのと類似の見解を、カッティンディーケは
ほとんど断定に近い口調で述べる。「日本の下層階級は、私の看るところをもって
すれば、むしろ世界の何れの国のものよりも大きな個人的自由を享有している。
そうして彼らの権利は驚くばかり尊重せられていると思う」。
この思いがけぬ断言に私たちは驚きと戸惑いを禁じえないが、とにかく彼の言う
ところを聞こう。

 そのように民衆が自由なのは、日本では下層民が「全然上層民と
関係がないから」である。上層民たる武士階級層は「地位が高ければ高いほど、
人目に触れず閉じ籠ってしまい」、格式と慣習の「奴隷」となっている。「これに
反して、町人は個人的自由を享有している。しかもその自由たるや、ヨーロッパの
国々でも余りその比を見ないほどの自由である」。
 
 法規は厳しいが、裁きは公平で、「法規と習慣さえ尊重すれば、決して危険では
ない」。こういうカッティンディーケの所見は、後述するフィッセルの著述の影響を
受けているのかもしれない。


 しかし「日本政府(徳川幕府)は民衆に対して、あまり権力を持っていない」と
驚くべき断言をするとき、彼は彼なりに経験を踏まえていたのだ。


 オランダ日本駐在全権領事官ドンケル=クルティウス(1813~79)が
出島拡張の一案として、町との境になっている掘割の埋立てを提案したとき、
奉行岡部駿河守長常(1825~66)が、そうすれば「近所の民家はすべてその所有する
艀の溜まり場を失うことになるからという理由で」拒んだ例を彼は紹介する。
 彼のいうところでは、奉行の回答書には「奉行と言えども日本の掟を守り、
この権利を尊重しなければならぬ、という町民の感じをしたためた書面が
添えてあった」という。カッティンディーケはこのことをもって

「政府(幕府)がいかにその国民の権利を尊重するか」ということの一例とし、
この種の例は他にもしばしば見受けられたとつけ加えている。
プロシャ使節団のヴェルナー艦長も「絶対専制支配が行われている日本において、
個人は時に立憲的なヨーロッパにおいの諸国家においてより多くの権利をもって
いた」例として、次の様な話を紹介している。

 

「われわれの長崎滞在中に幕府は病院を建てようとした。幕府につかえて
いたオランダ人の軍医少佐ポンぺ博士は、このための適当な場所を捜し出し、
長崎奉行もこれに同意した。その場所は貧しい農夫が居住し、1~2反の畑を
耕作している丘の頂上であった。
 奉行はこの農夫に、この土地を地価と収穫高とを算入して幕府に譲渡するように
頼んだ。だが農夫は自分がまいた種をまず収穫したいと思うと指摘し、
幕府の依頼をあっさり拒絶した。

 彼にはその後、二倍、三倍の価格が提示されたが、彼は強情な態度を改めず、
最後にはどんな条件でも土地を譲渡するつもりはないと宣言した。
奉行は強制収用する立場にはなかった。強制収用法は日本には存在せず、
幕府は止むなく他のずっと不適当な土地を病院のために購入することになった」。
 

 むろんこの挿話はまともな史家ならば、利用をためらう種類に属する。
第一にこれは伝聞である。第二に、よしやオランダ人がヴェルナーにそのような
説明をしたとしても、オランダ人は幕吏から、その土地を断るための遁辞を
聞かされたのかもしれない。

 だが、私は、ヴェルナーのいうような事実はあってもおかしくないものと考える。
この時期の長崎奉行は、すべての欧米人がその開明性と温雅な態度を賞讃した
岡部長常である。カッティンディーケの伝える前例といい、岡部ならこのことが
あって不思議とはいえない。
 カッティンディーケが経験したところでは、幕吏は乱暴を働く外国人に対して
はなはだ軟弱だった。オランダ水兵が事件を起こした場合も、穏便にことを
すまそうとする風が見えたので、かえって彼の方から、そういう場合は容赦なく
処分してほしいと頼んだくらいである。
彼らはいったい何のために両刃をたばさんでいるのか、というのが彼の率直な
疑念だった。しかも幕吏は外国人に対してだけ弱腰だったのではない。
 彼らは「例えば甲と乙との町の住民の間に争いが起こった場合には、
往々町中の恐ろしい闘争となり、闘争の後には幾人かの死人が転がっている
というような騒動が起きても、決してそれを阻止することはない」のである。
「私は一度そのような大闘争を目撃したが、それは長崎で流行する凧揚げの
遊戯が原因であった。その犯人は事件の終了後になって訴追せられはしたが、
喧嘩は何時間も長い間、何の防碍もされずに続いた。
町の顔役が出て、そのいきり立った青年たちを宥めて、やっと喧嘩が鎮まった
という有様であった。
  我々が日本に着く少し前のことであったが、厳重な監視を受けて
いた支那人街から、2~3百人の支那人が町に流れ込んで、
長崎に数日間上へ下への騒動をかもしたことがあったが、その時とても、
奉行は、その支那人を指定の居留街に復帰せしめる適切な措置を
少しもとらなかった。支那人は酒にも飲み飽いて、とうとう自分から居留地
帰って行った」。

「日本の幕吏にいたっては全く言語道断だ。我々はむしろ警吏は全然ないと
言いたい」というのが、カッティンディーケの感想である。

 

 彼の証言は、われわれが長年慣らされてきた幕藩体制下の抑圧された民衆像と
あまりに喰い違っているので、にわかに信じ難い気がしないでもない。
しかし、アンベ―ルもまた、これとまったく同じ趣旨の証言を行っているのだ。

 

 

 

 

油  9

 

 

「この国は俺が守る」〜田中角栄アメリカに屈せず(仲俊二郎著/栄光出版)
第9章 「残された日々」  271頁〜287頁(転載)

271頁〜281頁 (抜粋転載)

 

 昭和58年(1982)10月12日、東京地裁は6年9ヶ月に及ぶロッキード事件の法廷闘争に区切りをつけた。丸紅ルートの一審判決が下された。収賄で田中に懲役4年、追徴金5億円。贈賄で丸紅会長の檜山広が懲役2年6ヶ月、専務の伊藤宏が懲役2年、専務の大久保利春が懲役2年・執行猶予4年の有罪であった。
 
 この裁判は物証がなく、すべては檜山が請託したという自白しかなかった。
コーチャンらは『TANAKA』という名を出し、田中角栄であるが如き印象を演出し、
自分と檜山との会話を巧みに描写する。
 断定を避け「そうに違いない」という方向へ誘導する供述をしている。コーチャンらアメリカ側の用意周到さが窺えた。裁判は檜山が自白したという調書に沿って進められたが検事調書は裁判過程で猫の目のようにころころ変わり、檜山の供述が正しく反映されず、都合の悪い部分は一方的に除外し、検事が強引に捻じ曲げ不自然極まりない調書が出来上がった。
 嘱託尋問という違法な証言を最高裁が認めたばかりに、無関係の者まで次々に逮捕され無理やり供述を強いられ、それを証拠とされ、田中角栄は有罪へと陥れられた。
 冤罪を晴らせなければ死んでも死に切れない、日本国総理大臣の尊厳がかかっているのだ。外国から賄賂を受け取るなどと、よくも破廉恥なシナリオを考え出したものだ、と。

 地裁で有罪判決が下った後も、冤罪であることは田中自身が最も承知しているからこそ、高裁、最高裁まで闘うつもりであった。それは政治家生命を賭け、隣国中国との国交回復が国益であり、即ち世界平和への礎になることを田中はビジョンとして消えることはなかった。また、ソ連と平和条約を結び、北方四島の返還、そして最も大きな課題である資源問題が日本国存続の根幹であり独自の資源ルートを確保することが、二十年、三十年先の日本の繁栄を慮って、田中は再起を願っていた。

 アメリカがいざという時、日本にどれほどのことをしてくれるのか。
エネルギーを分けてくれることはなく、先の石油ショックその危機に際し、キッシンジャーは援助を明白に否定し、更に日本の資源外交を露骨に批判し、アメリカによる呪縛を痛感している。日米の友好関係、それを担保する安保条約も重要だがこれと資源外交が矛盾するとは思わない。


 なぜ、検察、裁判所、マスコミ、メディアが束になって田中抹殺に血道をあげ、事実を歪曲し罪人に仕立て上げなければならないのか。アメリカへの怒り、キッシンジャーへの憤り、無実の人間を見えない鉄の鎖でがんじがらめに縛り上げ、日本のアメリカシンパたちを総動員し無理やり有罪の檻に入れられた。
 だが、田中はその怒りを胸の中に締まった。日本の司法がそこまで腐っていると思いたくなかった。よって、最高裁まで挑む決意があった。
 我れアメリカに屈せず!そう自分に言い聞かせた。

 

 昭和60年(1985)2月7日、手塩にかけ育ててきた派閥メンバーが「創政会」の旗揚げで、まさかの裏切りに遭う。重鎮の金丸信が後見人役の竹下登が派中派である勉強会を立ち上げた。120人超の田中派議員のうち、81人が参加を希望したが、当日朝ギリギリまで田中の引き止め努力もあり、それでも40人もの議員が竹下のもとに集まった。その中にひときわ目をかけていた梶山静六、羽田、小沢一郎らもいた。最大派閥である田中派は田中の首相退陣後、10年が経っても首相候補者を出していなかった。派内の不満や閉塞感の醸成が、天下取りの野望を秘めた竹下らが反旗を挙げた事情がある。小沢一郎は後に当時の心情について恩人である田中を裏切る気持ちはなく、竹下登を後継者に指名しておけば組織がもつ、と考えたという意図を述懐している。

 「創成会」結成の事前情報を聞いたとき、田中の顔から生気が消え化石のようにこわばったという。目が白目に変わり、泣いているのか笑っているのか分からないような思考が停止した放心の表情を示した。「クーデターか…」とつぶやいたという。

 仲間に裏切られたという思いは、田中の心のひだを深く傷つけた。それは派中派が及ぼすだろう悪影響への危惧ではなく、むしろ信じあってきた仲間の背信に対する寂しさ、いや、自分の無力を力ずくで悟らされた悔しさからくる深手かもしれない。
 田中はすぐさま片っ端から出席予定者たちに電話をかけ、引き止めにかかっている。
それが成功し、当初の半分の40名にとどめることができたのだった。しかしその日を境に田中の身体は暴走し始める。多くの量の酒を求めるようになった。これまでロッキード事件でマスコミや世間のバッシングに耐えながら、裁判という戦いの日々を刻んできた。その矢先の創成会の結成は外と内からの二重苦が田中に襲いかかった。創成会旗揚げから二十日後、1985年2月27日夕刻、突然、脳梗塞で倒れた。
田中、66歳の時である。

 数ヶ月後、長女の真紀子がイトーピア平河町ビル田中角栄事務所を閉鎖し、議員会館の部屋を利用こととした。秘書であった佐藤昭子早坂茂三らも去ることとなった。
大派閥の終焉を思わせる淋しい風景であった。だが落ち目は、田中個人に当てはまらなかった。翌年7月7日の総選挙で、田中本人は一度も顔を出していなかったのに

17万9062票を獲得し、2位に10万票以上の差でトップ当選を果たす。田中の資金援助もあり、田中派も142名が当選する健在ぶりであった。だが田中の健在ぶりをマスコミは「18万票を割る」というふうに、2位と大差があったにも関わらずさげすんだ報じ方をした。


 1987年7月29日、東京高裁で二審の判決が下った。田中が欠席するなかで、控訴を棄却し一審判決を支持したのである。懲役4年、追徴金5億円の実刑判決だ。検察・裁判所は、田中を再び有罪とした。田中は直ちに最高裁へ上告した。上告審に向け長い戦いが始まった。長女の真紀子は車椅子の父に寄り添い手となり足となって、リハビリに、政治に、そして裁判に没頭し、田中も懸命に耐えた。だが、徐々に身体が衰えてく。
時間と、病と、裁判と戦い、田中は心底疲れ切った。田中は政界引退を決意する。しかし裁判への闘志は未だ衰えてはいない。潔白を勝ち取るまでは死ぬに死に切れない思いであった。

 1990年1月24日、田中は政界を引退した。衆議院議員勤続42年余だった。最高裁判決は決まっておらず裁判が続いている。田中は真紀子の世話のもとリハビリに励みながら、潔白へ向け日々を過ごす。

 この時期、思いがけない来訪者があった。1992年4月7日、来日していた江沢民総書記が目白へ訪ねてきたのである。政界を引退し一老人となった病床の田中への見舞いであった。江沢民は田中の目を覗き込むようにして、静かに力強く言った。
「中国では井戸を掘ってくれた人を大切にします。
1972年の国交正常化は、田中先生のご尽力によるものです」と。田中は涙を浮かべ頭を下げ、シャンパンを一気に飲み干した。おそらく周恩来と一緒にマオタイを飲んだ時の光景を思い出していたことだろう。

 真の外交とはこういうことをいうのではないか。
田中は日本の国益を背負い、時に喧嘩をし、しかし精一杯の誠意を尽くして相手の懐に飛び込んだ。そして互いにWin-Winの成果を得、国交を回復させたのだった。これほどの外交巧者が果たして今の日本にいるだろうか。国際間で多事多難の今日、もし田中ありせば、と思わざるを得ない。


 江沢民が来日した年の8月、田中は20年ぶりに中国へ訪れた。真紀子夫妻ら家族7人を含め総勢30人程の旅だ。もちろん私費である。人生の記憶へのけじめをつけようとした旅だった。北京釣魚台に滞在し、孫の雄一郎が通訳を務め、中国政府要人達と会見をした。田中は笑みをたたえるなか、感極まったのか時々、感動のうめき声をあげ、涙を流した。思い出深い会議室、亡き心の友、周恩来との再会を果たしていたのかもしれない。そして翌年の1993年7月18日、衆議院選挙が行われた。真紀子が新潟3区から無所属で出馬し、トップ当選を果たす。父角栄の後を継いで、政界入りするのである。
田中は真紀子が初登庁する姿をテレビで見ながら、目を潤ませ時折遠い昔を思い出すふうに目線を泳がせたという。優しい一人の年老いた父親の姿がそこにあった。

 46年前の28歳で初当選した時の自分と重ね合わせていたのかもしれない。
田中はそれから5ヶ月ほど過ぎた12月16日、田中は帰らぬ人となった。
75年の波乱の人生に幕を閉じたのである。

 

***

 

 諸々の持病に加えて肺炎をこじらせ、9月から慶応病院に入院していた。体力はかなり衰えていた。亡くなる日の朝9時過ぎ、回診の医師団に「眠い」とつぶやき眠り込んだ。一時間程して娘婿の直紀代議士が見舞っているとき、急に痰をからませ苦しみ出した。急いで真紀子ら家族も駆けつけ、医師団の懸命の治療の甲斐もなく、午後2時過ぎに息を引き取ったのだった。数日前には容態が落ち着き、集中治療室から戻ったばかりで、家族も一安心していた。医師が田中に、「何が好きですか」と尋ねたところ、「車に乗るのが好きです」と答えた。死去の前日、真紀子が見舞いに訪れ、小康を取り戻した父を祈るような気持ちで励ました。
 「お父さん、よくなったら、ドライブに行こうね」「うん。行こう、行こう」そういう意味のことを言って、田中はうれしそうな表情をしたという。

 翌朝の朝日新聞社会欄に、「田中元首相死去 金権支配、最後は「眠い」と出ていた。その横に立花隆が「“角栄的なもの”精算を」というタイトルで、いつも通りのコメントを載せていた。

 田中は自分の寿命の終焉が近づいているのを知っていたのかもしれない。衆議院議員引退から江沢民の来訪、中国再訪問、そして長女真紀子の衆議院議員当選と、4年足らずのあいだに、立て続けに人生のけじめをつけている。だが最大で最後のけじめであるロ事件の無罪判決を見ぬうちに舞台から去った。さぞ無念であったことだろう。


***

282頁〜287頁 (原文転載)

 しかもその最大で最後のけじめは田中の死後、まるでそれを待っていたかのように下される。最高裁は田中の死亡を理由に、公訴棄却の決定を行い、裁判を終結させた。つまり検察の起訴を無効にしたのだ。では田中は無罪になったのか。そうではない。後で有罪とするのだ。それはまだ決着が着いていなかった榎本と檜山の上告審にある。
 田中が亡くなってから1年数ヶ月後の1995年2月22日、最高裁は榎本敏夫、檜山広の上告棄却を言い渡す。1、2審とは違い、嘱託尋問は違法(毒樹)として退けたが、その毒樹から派生した検察官による作文調書、つまり毒樹の果実は有効と認定する。あえて毒樹と果実の矛盾に目をつむり、首相の犯罪を宣告して無理やり決着をつけたのである。
 何と長い裁判だったろう。起訴から19年目になって、そして最高裁への上告から見れば7年半後に、ようやく裁判が終了したのだった。
 政治家田中の後半生は、でっち上げられた無実の罪との戦いであった。国益を思い、日中国交回復と資源外交に邁進した田中にとって、その無念さは言語に絶するものであろう。しかし、田中の挫折によって得した者、安堵した者もいる。そのとき地球の裏側で、シャンパンを抜いて高らかに笑ったに違いない。だがその人物とて国益を思っての行動なのが悲しい。
 良きにつけ悪しきにつけ、田中は成熟した大人の政治家だった。気骨に満ちた信念の政治家だった。党のために大いにカネを集め、大いに使った。集め方に多少荒っぽかったところもあろう。だが法に触れることはしていなかった。

***

 そんな田中に比べ、今日の為政者の何とスケールの小さなことか。内政にせよ外交にせよ、国益と国民の幸福という大局観をもたず、ただ自己保身だけに汲々とし、結果に対する一切の責任も負おうとしない。目先の出来事ばかりを刹那的に追うだけの小さな政治と化している。世論調査の数字ばかりを気にしている。
 ただ清貧であればいい。カネにさえ清ければ、国家観などなくても総理大臣になれるのだ。そんな時代である。無能力者でも清貧であれば国のリーダーに選んでも文句を言わない国民とマスコミ。
 能力よりもカネの潔さのみがリーダーの条件だと勘違いしている極端な考え方が、今の世論なのだ。高潔な教育者になるのならそれは必須だろう。が、世俗のリーダーたる政治家にそこまでの人間的清潔さを徹底して求めるマスメディアの姿勢は、果たして国益を代弁していると言えるのだろうか。
 汚職を許すというのではない。違法な行為は断固、罰せねばならない。
しかし行き過ぎた清潔度と倫理観の要求は人間を萎縮させる。人の心というものは濁ったものなのだ。幸せな人を見て、よかったと思う者もいれば、不幸になればいいのにと妬む者もいる。これが人間なのだ。
 田中に対し、マスコミがあれほどまでに金権非難を繰り返したのは、異様な感じさえする。社会の木鐸としての正義感からそうしたのだろうか。 随筆家で編集者でもあった山本夏彦がこう喝破している。「汚職は国を滅ぼさないが、小さな正義が国を滅ぼす」2002年に他界した人物だが、まるで今日の日本を観察しているようではないか。
小さな正義が横行している。ともあれ田中バッシングはマスメディアによる狂気の嵐であった。ほとんどの新聞やテレビ、ラジオ、週刊誌などが集団となり、まるで噴火する火山のマグマのような勢いで激しく田中を叩き続けた。19世紀後半の哲学者ニーチェは言う。「狂気は個人にあっては稀なことである。しかし集団や党派、民族、時代にあっては通例である」

 田中追放の熱気はもはや誰も止められないほどの強烈台風となった。検察や裁判所でさえ、その熱気に煽られ、いやひょっとして自らがその熱気を煽り立て、嘱託尋問から逮捕、そして裁判へと突っ走るのである。三木武夫らの政治家もそれを利用した。国民もこぞって拍手喝采をし、国全体が田中を追放することで溜飲を下げようとした。そして彼ら追放劇の役者たちは背後に潜む国際的陰謀を知ってか知らずか、ひたすらゴールに向って走った。そんななかで田中は孤独に戦い、そして敗れ去ったのである。
 敵は大きすぎた。何と報われない政治人生ではなかったか。国民の幸福のために一命を捧げた稀有の政治家は、やがてアメリカが企むロッキード事件でその政治生命を絶たれる。
 日本の国益を考え、ひたすら奉仕してきた総理大臣が、こともあろうに賄賂を受けたという犯罪者のレッテルで葬られたのだった。

 竹下が率いる創成会はその後、田中の最高裁判決が出る1ヶ月弱前の1987年7月4日、経世会と名を改め、田中派からの独立を果たした。113名の議員が参加し、この日をもって田中派は消滅したのである。脳梗塞で病床にあった田中の気持ちはいかばかりであったろう。
 しかし田中は政治家としての人生に本当に負けたのだろうか。アメリカの謀略にはめられ、冤罪を背負ったままこの世を去ったのだが、だからといって、悲劇の敗北者なのだろうか。そう断定するのは後世の人たちによる田中への片寄り過ぎた思い込みなのかもしれない。
 政治家田中角栄は依然として日本の政治に影響を及ぼしている。その証拠は人材の厚さを見れば自明である。田中派のなかからどれだけの総理大臣が輩出されてきたことか。竹下登を始め羽田孜橋本龍太郎小渕恵三、そして総理大臣ではないが小沢一郎と、政界に君臨する巨匠を次々と輩出しているのだ。これほどの厚い人材層を田中は時間をかけて培養してきたのである。
 総理就任3ヶ月で日中国交回復を実現し、アメリカが反対する独自の資源外交を展開した田中角栄は、死して後も政治に熱い息吹を吹きかけている。
 今は国難の時代である。内政外交ともに問題が山積している。歴史にイフはない。しかしそれを知りながらも、「東日本大震災後、もし今、田中角栄がいたなら、政界、財界をはじめ各界各層から一般市民に至るすべてを巻き込んで、未曾有の危機に立ち向かっていったであろう…」と、つい思ってしまうのである。        (おわり)                  
                                  

***************************

 

以下、感想を。

 


 『この国は俺が守る』〜田中角栄アメリカに屈せず(仲俊二郎著 栄光出版)より
「油」というタイトルの流れで巻末の2章を当方ブログに転載(省略部分あり)

させていただいた。

田中角栄氏が失脚した最大の理由は、石油など独自の資源外交について
彼ら(偽ユダ)から睨まれたことが原因であることを以前から感じてはいた。

20年ほど前に、友人に勧められ社会派恋愛小説を読んだ時、背景設定が
リアルだったので、ロッキード事件の経緯が参考に
執筆されているのではないか、と思っていた。
本書を読み終え、改めてそれに合点がいった。

また、第9章の家族との描写も含め、田中氏の晩年はどんな様子だったのか。

田中首相現役の頃やロッキード事件渦中をマスコミは散々報じたにも関わらず、
事件経緯・結果についての報道が、尻切れトンボという印象で、ワタシにとっての
マスコミ不審に繋がっていた。
ニュースを筆頭に一貫性のない情報を拡散、垂れ流すだけ、
隠蔽、捏造、情報操作も。
無責任で信用にあたらない集団であることを若い頃から感じていた。

本書を手にして、ロッキード事件や田中氏の政治活動の大まかな流れ、
他にも長年、頭の片隅にあった疑問が解けたことは収穫であった。
ロ事件の判決はさておき、政治に真摯に立ち向かった政治家の最期は、
穏やかであったことも知り、いち国民として安堵もした。

だが調べる程に、更なる疑問も浮かんできた。
「日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約」
(通称)日中友好条約が調印されて以降、日本はODA(JICA)円借款などで中国へ支援を
行ってきた際、関与した政治家が数億円単位のバックマージンを税金から…という実態を
私たち一般人はほとんど知らない。
田中氏を擁護する立場で書かれた本書から、日中関係の政治的裏側を知ることは
できない。

けれども唐突だが、倭国の時代から交流があった中国との間柄に思いを馳せると、
田中氏の果敢な政治行動も歴史のひとつとして、実を結んだという見方もあるだろうか。
1960年代中国共産党の閉鎖性が世界情勢から取り残され追い打ちを掛けるように、
文化大革命(1966)以降の疲弊(毛沢東江青/エージェント)に、
周恩来首相は難渋していたであろうその時期。建前のような条約ではなく、
田中氏が旧友に手を差し伸べたようにも、本書から感じ取れた。

大国のプライドや立場、日本にも好機であることを田中氏は承知だったのだろう。
偽ユダがたぶんほとんど関与しなかった稀有な条約だったのではないか、と思う。


ちなみに、Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約
より抜粋
<交渉の経過>より
1972年9月の日中国交正常化の際に、発表された日中共同声明の第8項で
「平和友好条約の締結を目的として交渉を行うことに合意」していたが、その後の動きは難航した。
〜〜中略〜〜
1977年7月に鄧小平が共産党副主席、副首相として再復活し、
その主導により経済建設路線がスタートしてから、状況は劇的に変わっていった。
日本側は1977年12月頃には平和条約の締結に前向きな中国の姿勢の変化を感じていた。
福田赳夫内閣の期間・・・清和政策研究会設立者/1979)


(参考までに)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170929/Recordchina_20170929027.html
https://www.sankei.com/world/news/180529/wor1805290010-n1.html

 

上記の記事から思うのは、USAのように日本国家予算特別会計からUSA国債購入や
安全保障条約と称し、日本人の血税をこっそりゴッソリむしり取り続ける、
USAを操作しながらの偽ユダ十八番、強請り外交よりは、日中関係の方がマシか。

だが、日本は今、中国人や中国企業流入が凄まじい。

土地や水資源を買い漁っているという。
更には、もともと日本は中国のものという珍認識もあるようで、

さすがに呆れてしまう。
諸外国人が日本を凌駕した時には、日本の良さが消えてしまうであろう。
奪ったはいいが手に入れたそれは、魅力が失われていくのである。
郷に従わず、奪おうとする者が席巻すれば、そこは空虚な地となる。
それぞれの国、地域の魅力は、その国の人々でしか生み出されない、と思う。


マスコミが扱うすべての情報は、偽ユダの誘導の意図があってのこと。
アジアの脅威と化している中国不審船団や

チベットウイグル、モンゴル等の民族弾圧の根っこにも、

中国共産党の暴走政治も、偽ユダ支持や裏資金によるものか?!
ウガンダ東ティモールの紛争もヤツらに仕組まれたものという。
地域社会の混乱や民族社会の破壊=NWO…。

買収や移住、弾圧、侵略、または表面的な平等さや博愛の偽善狂育やマスゴミ喧伝は、
つまりは偽ユダの金融支配による富の収奪と人口削減の‘任務’に端を発している。
いかんせん西洋礼賛文明は幼稚だ、とワタシは世間の物差しと逆さまなことを思う。


***


再び田中角栄氏の話を。
現在の金額は知らないが、総理大臣には(執務室の?)金庫に

当時1億円の現金が、公務の諸経費として用意されていたそうだ。
在任の間なのか、年間なのか期間は定かではない。

総理大臣であった田中氏が辞める際、それは手つかずだったという。

それに引きかえ三木首相の退任時には、金庫にあった1億円は

すっからかんだった、と本書と他の関連書に書かれていた。
政治不審、反日感情自虐史観を煽るマスゴミ情報には上がって来ない、
国民にとって、何を信じれば良いのやら…という世相。

その不安な国民感情に対し、税の重みを身に沁みていた

政治家田中角栄が、公人として信頼に足る、救いの逸話がある。


人生の幕を閉じる寸前に、田中氏が発した「車に乗るのが好きです」という言葉は、
文明を謳歌する個人の素朴な感情から、日本列島改造論は始まっていたの

かもしれない。もちろん、新潟という日本海側、交通不便な雪国の人々の

悲願も背負っていただろう。
また、田中氏が注力した果敢な資源外交は、石油を筆頭に国際社会から受けた
経済封鎖で太平洋戦争(大東亜戦争)に至る、政治事情(秘密裏の偽ユダ長期計画は

別として)で辛酸を舐めた世代の、非武装の国防策であった。

更には、列島改造論を世に広め、土地を値上がりさせ儲けた田中角栄、と
当時のマスコミがバッシングした。
その戦略の中に、ゴルフ場開発も含まれていたのは、戦争などの有事には、
農地への転用を視野に入れた秘策であったという。
窮乏した時代の日本を知る人ならではのアイデアなのだった。
近代文明のシステム(無意識にしろ偽ユダ支配文明の脅威の中)を
生き抜くのに、国を念い大所高所から未来への善処策を

真摯に模索した政治家、リーダーに相応しい

人物だった、と今もワタシにはそう思われる。

 

だがしかし、自然が豊かだった時代に育った人の過ちか。
自然の豊かさは当たり前で、自然を如何に利用するか、という発想に偏る。
戦争の苦い体験、食糧難の経験が、その発想をいっそう強くさせた。
経済こそが生活を豊かにすることを信じ疾走した世代。

金融の流れや偽ユダ支配が巨大化するにつれ、
食糧や物資の多量さと引換えに、自然環境が破壊されつつあった
私たち世代以降の哀しさは、それ以前の親世代の人たちには解らない。

 

日本列島改造が謳われ、ダム建設、水力火力原発_エネルギー供給や
津々浦々の道路整備、護岸工事、あらゆる公共工事
税金の使い道が常態化した。そのあかつきに、
豊かな自然環境を失い続けていることが、甚だ残念だ。
それと同時に古い時代から連綿と築かれてきた知恵を失い、
私たちは西洋的狂育が施された思考の中で、右往左往し苦しんでいる。

明治〜戦後教育で、中世〜江戸時代の真実の様子が
伝えられていたならば…と。

江戸の街の美しい田園風景や庭園が、明治になって樹木は切られ、

池や水辺は埋められ、家々が壊され、道路や建物がどんどん整備されていくことを

悲しんでいた明治初期の人の伝聞が、身につまされる。

便利やキレイさ立派さはお金で手に入る。が、見た目ではない、

真に調和のある美しい風景や理に適った生活は、

お金では買えないものだ。

時間が育む先祖からの心…

知恵、心意気、美意識、慈悲心、人情、公の正義…は、

明治から、時間がお金に化け始めて、先代の心は次第に消えてしまった。

 


いま、教育で教わる歴史ではなく、

マスコミが拡散する(したがる)史観でもなく。
隠されても漏れ出してしまう、史実を見つけ、
大雑把にでもそれを踏まえ社会を観察することが肝要に思う。

現代の嘘にまみれたマスゴミの他人事情報の垂れ流し。
偽ユダに不都合なことを隠蔽し続ける偽歴史や偽科学。
人類1%へ向う一方通行の富、歪み切った虚のマクロ経済。
その代償が、自然環境破壊や他生物危機。
富を持たない生活者を人口削減という陰険な計画。

私たちの生活、人生すべてにそれは関連している。
他人事ではないのだ。


***

 

著者が「行き過ぎた清潔度と倫理観の要求は人間を萎縮させる」と引用する
山本夏彦氏の言葉も、“現代”政治という枠で見れば是であろう。
ニーチェの言葉を引用し、党や時代のみならず、

民族性も含め集団性の狂気を批判する。


無知なワタシが言及することでもないが、
ワタシはもっと素朴に根本を問いたくなってしまう。

ニーチェも偽ユダの御用思想家であろう、それを引用している。
汚染脳が隅々まで行き渡ったこの世界の皮肉を思う。

現代の政治とは西洋から与えられた、
否、押し付けられた思想・理論が元となっている。
偽ユダ世界を肯定し演出する元凶でもあると、常々思う。

現代の教育政治経済文化を束ねるマスコミ情報社会。
その原発巣は、約500年以上前から。固有の民族社会を破壊し続け、
今も尚、西洋貴族が裏舞台から操り続ける社会。
極めて偏向な知識、偽情報の上に、砂の楼閣の如くの幻想なのだ、と。
基礎が無い牙城、あるいは基礎工事が滅茶苦茶…、と喩えたくなる。


民族それぞれ、風土に合わせ暮らしてきた生物としての先祖は、

悠久の時代を生き抜いてきた。

数百年前、まったく知らない土地の人間が突如、大陸諸島各地、日本にもやってきた。
文字、宗教書首っ引きで貴族の頭でっかちなルール・思想を押し付けられた。
暴力強姦強奪で脅され、土着の主権者らが偽ユダの贈賄で嵌められ、
固有の価値観は破壊され、先祖の知恵や記憶は消されていった。
従わなければ殺される…という繰り返しで作られた末期の時代という現代。


地球全体に及んでいるの西洋礼賛型の偽文明。

その中で現代のマスコミが繰り返し取上げる政治事件など、
マスゴミが安価なハンマーを握り絞め、
モグラたたきに興ずるショボいゲームにしか見えない。
そんなつまんないゲームの観客になりたいのか、と。

 


更には、石油を使う、ウランを使う、エネルギーを消耗して、
しかも環境を破壊してしか、

物質文明が成立たないこと自体に、疑念が湧く。
それまで長い時を経て磨いてきた知恵は、

一体どこへ消えてしまったのか…、と。


無自覚にしても数多の偽ユダによる陰惨な芝居を私たちは見てきたのだから、
そろそろ、偽ユダ配下を価値観を超越していく、

全うなビジョンを描くことではないのか。

教育を、そして政治、経済、科学文化に疑問を持ち、
既存の枠を超えるのに何ができるのかを
想像・創造していかなくては、と思う。

教育の狂育が汚染脳の根幹であることも痛切に感じる。
幼児の柔らかい脳にまずは狂育・汚染脳を施さなければ、
マスゴミ情報を理解できないのだから…。


西洋型政治が人間を救うことはない。
混乱が増すだけである、と気付くべきではないのか。
地球のエネルギー資源を消耗し続けて、
物は溢れても、人生を豊かにしてくれることはない。

時間や空間や地球資源が(偽ユダの)マネーに換算されるほどに、
人間の存在価値は希薄となり、歪な人口増減を辿り、やがては
子孫が消滅してしまうシステムなのだ。


真心が時代を超えることが、真実であった時代を取り戻す…、

せめて150年前の日本人の価値観を
知るべきだ。

もう偽物文明はいらない。

 

ひとりひとりが虚構のループに真実に気付く、真相を知る、
自身の無意識を意識化する。それが、
現行の西洋礼賛型偽文明から脱却する方法ではなかろうか。

 


***************


他、余談であるが本書は、田中氏の政治家としての後半から
佐藤栄作が首相だった頃を始まりの舞台として描かれている。
佐藤氏は当時のアメリカ大統領ニクソン氏との外交で、
繊維貿易摩擦を沖縄領土返還に対しての交換条件とした。
その手腕は戦後から20年にも満たない時期に、なかなか

凄いことだったかもしれない。
フリーメーソン会員ダッタカ?!ダカラ?!

ともかく佐藤氏は日米繊維交渉の煩悶の渦中にあった。佐藤氏は次期、首相の座を
同派閥の三木氏か福田氏に譲るつもりであったが、日米繊維交渉という
難題を押し付ける形で、通産大臣の田中氏がこれにあたり、
国内の繊維産業に大胆にメスを入れ国内での憎まれ役を引受け、外交的に功を奏した。
その実績を買われ番狂わせのようにして、田中内閣が発足したのだった。
昭和40年代末、貿易摩擦で日本が折れる形で、国内代表的な輸出産業の

繊維業界を性急に縮小したことは、業界の衰退となった。が、

後にこの逆境がハイテク繊維の開発にも繋がった、と

著者は、田中氏の先見の明として賞賛している。

 

ところで、ワタシの暮らす街に近い都市では繊維産業で繁栄していた。
子供の頃、大人たちからガチャ万景気という言葉で、

(ガチャ万とは織機を動かせば大儲けという揶揄を込めた意)
知人商売の話を盛衰交え聞かされていた。既にワタシが小学生の頃は
衰退しており、街がどんどん寂れていく様子が聞こえてきた。

なぜ、ガチャ万景気が終ったのか、子供の頃は疑問もなかった。

せいぜい、お金持ちで威張っていた人たちは、

いつか凋落するもの…という内省的な解釈で聞き流していた。
が、この歳になって、沖縄返還を実現するため日本繊維産業の

やむを得ない弱体化・解体が政治的駆け引きの中にあったことを知った。

国際政治の采配が身近なところで個々の人生に大きく影響している。
偽ユダが裏で操る、政治経済の宿命、それは理不尽がつきまとう。


ところで、貿易摩擦は未だにUSAの十八番・茶番劇である。
諸外国が石油メジャーから大量に輸入していても、
USAは貿易赤字を叫び続ける。

 

偽ユダ御用達タックスフリー国に在籍する企業や、

スウェーデン企業と思イキヤ・オランダ免税非営利法人インカB.V(IKEA)。

石油エネルギーや鉱物資源の企業、多国籍企業SNS企業など。

どんなにUSAらしき物品、オシャレ風欧州モドキ雑貨などを消費しても、

大半の富が税としてUSAも含め一般国に還元されない。(ダカラ西洋礼賛ヲヤメナサイ、と)

欧州系偽ユダの裏システムだ。

アマゾンも日本で商売しても、日本に納税しておらず、

法的抜け道を駆使している企業という。

おまけ https://www.zeiri4.com/c_1076/n_485/

‘アマゾン 税金’で検索するとマスゴミのメジャー誌などが、

堂々と話題を取上げている。それも魂胆あってのこと、と

私見としては、NWOに向け納税の不均衡に焦点を当て

各国民の不満を盛上げ多国籍企業を公社化するような流れでヤツらは、

NWO&AI社会の実現を諮るご予定か。

 

つまりは偽ユダ(欧州貴族と元地球人)の、人間も含めた地球全体の私物化ダ。

特に人造ロボット向きと判定されている日本人はターゲットなのだろう。

(品行方正な集団性を利用されんとしている。

 繰り返されるCMや、あらゆる映像で集団を強調し、

 ロボット的なイメージを刷込もうとしているのが見てとれる。)

 

 

(大半の利益がUSAを通り過ぎているようだから、そりゃ赤字にもなるわナ。)

仕組まれた貿易摩擦という建前でUSAから圧力をかけ続けてきた日本の貿易黒字。

今や、日本の優良だった企業はほとんど偽ユダがおおもとの株を独占している。


あるいはまた、近頃の中国への法外な関税。

(中世から同じ事を繰り返している偽ユダ。呆…。)

中国も関税で応酬するようだが。

NWOが実現すれば制裁を加えても諸刃の剣…の、予行演習か?(笑)

日本がUSAの圧力に屈する程に、

偽ユダにカネが向っていく仕組みだから、

USAのみならず世界中の貧富の格差が広がるだけ…。

残念なことである。

 

また、だらだらと同じようなことを長く書いてしまった。
ご容赦を。

 

 

 

 

油  8

仲俊二郎著「この国は俺が守る〜田中角栄アメリカに屈せず」より
262頁〜270頁(原文転載)

 

 話は逮捕時に戻る。田中と同じ27日には田中の前秘書官、榎本敏夫も逮捕されていた。榎本も同様に容疑を否定していたのだが、その翌日、取り調べ検事のトリックにだまされて、心ならずも5億円の授受を認めるのだ。28日も検事は否認し続ける榎本をなりふり構わず強引に責め立てた。が途中でふいと取調室を出た。今度、戻ってきたとき、新聞を手にしている。いきなり「田中受領を認める」という大見出しが目に飛び込んだ。咄嗟に榎本はドキーン(榎本の表現)とした。検事に「見ろ」と言われたわけではないが、大きな横見出しは自然と目に入る。検事はさらに左手に記事の切り抜きを持ち、「おっ、こっちにもお前の経歴が出ているぞ」と言って、両方を見比べるように眺め、再び尋問に戻った。榎本はここで大きな勘違いをする。田中の致命傷となる勘違いなのである。(オヤジは認めたのかなぁ)
 党に対する献金があったかもしれないと、ふと思った。党の名を傷つけてはいけないと判断し、オヤジがそれをかぶったのかもと、勝手に誤解をした。そして検事から、
「笠原さん(目白邸の運転手)も丸紅の伊藤さんや松岡さんも、みんな認めているよ。
お前が最後なんだ」とダメ押しをされ、榎本は田中の5億円授受を認めたのだった。ただそれがロッキードにつながるカネという認識はまるでなかったし、検事もロッキードという言葉は一度も口にしていなかった。だが新聞紙上やその後の調書では「榎本白状する」というふうに一直線にロッキードに結び付けられてしまう。検察は巧妙にマスコミリークを細工していたのだった。結果的に榎本は検事のトリックにはめられた。
 だが一旦、白状した以上、田中にとって、もはや取り返しはつかない。「やはり田中はクロだ」そんな印象が国民の頭に刻印された。
 後で分かったことだが、検事がもっていたのはサンケイ新聞だった。サブタイトルに
「地検、賄賂実証に全力」とか「近く高官逮捕第二弾」などと、刺激的な文字が踊っている。朝日新聞東京新聞もこの日、同様に報じていた。
しかしこの間、田中は一貫して五億円授受を否定し、無実を主張し続けていたのである。大新聞の完全なる誤報であった。
 ではなぜ大マスコミがこんな根も葉もない報道をしたのか。それには信頼できる筋からの情報提供があったとしか考えられない。つまり、検察関係者からの意図的な情報リークである。有利な状況に導くための情報操作なのだ。証拠は無い、だからこそ検察はこんな姑息な手段を使い、榎本らから誤解した形の供述を引き出した。ここには検察とマスコミとの癒着の構造が垣間見える。信用が命のマスコミがこのような虚報を撒き散らし、逆に検察がそれを利用して、自白に迫る。こんな異常な操作が行われたのがロッキード事件なのだった。
 だが一旦、供述したら、もう検察の勝ちだ。後は脅しや嫌がらせなどのテクニックを総動員し、検察に有利な調書作成にひた走った。榎本自身、供述を二転三転させながら、伊藤専務の自宅で政治献金として五億円を受け取ったと言い、それをまた否定したりと曲折をたどる。いずれにせよ、田中弁護団は榎本には不審を抱いた。榎本と伊藤のあいだには弁護団にも分からない何か秘密の関係があるのではないか、と疑った。
というのも、田中本人が明確に授受を否定しているからだ。丸紅から五億円を受け取ったこともないし、五億円を受け取るという報告を榎本からもらったこともないと、一貫して否定した。そう主張する田中の鋭い目には、一点の迷いも曇りも見られなかった。
 関係者のお抱え運転手に対する取り調べも過酷だった。トリックと脅しが矢継ぎ早に繰り出され、密室のなかで心理的な絶望状態へと追い込まれた。返答を渋る彼らに、
「お前の子供や親戚は皆、品行方正かな。何だったら、洗ってみてもいいよ」
「このままじゃ、当分、あなたたちは帰れないな」などと凄みをきかせる。田中側の運転手、清水や笠原(取調べの翌日に自殺)、丸紅側の松尾からは、判断能力が希薄になるなか、家に帰りたい一心で、検事の誘導尋問に対し、「はい」とか「ええ」とか「そうです」と、迎合した投げやりな態度に変わっていった。
運転一筋に生きてきた実直な彼らにとって、検察の狡猾な爪から身をかわすのは到底、
不可能だった。それはいつの間にか検察が作り上げた一方的な調書に姿を変えるのである。まさに検事の作文調書なのだが、その拙速さのあまり、その後、裁判の過程で多くの矛盾点を露呈する。同様に丸紅の檜山調書も、勝るとも劣らない矛盾に満ちた作文調書であった。だが不思議なことに裁判所はその矛盾点に目をつぶった。検事の不当な権力行使について、もう一例示そう。
 木村喜助「田中角栄の真実」によると、検察は裁判で証人となった丸紅の松岡運転手ともう一人の某氏ら二人を自宅から強制的に連行し(令状なき逮捕)、八時間にも及ぶ取り調べをしたという。その先導は八月五日付け朝日新聞夕刊がかついだ。たぶん検察からの意図的リーク記事なのだろう。
 一面トップにこう出ていた。「田中側証人取調べ ロ事件偽証容疑で検察側 榎本アリバイを工作 運転手ら二人追及 五億円否定に反撃」夕刊を見た木村ら弁護団はすぐに検事総長に会い、抗議を申し込む。これに先立ち、特捜部は金銭授受を操作するにあたり、重大な初歩的ミスをおかしていた。榎本らが乗る専用車の動きを調べもせず、一方的な押しつけ捜査をしていたのである。ところが二人の運転手にアリバイを主張されて狼狽し、大慌てで逮捕というアリバイ崩しの大捜査に打って出たのが同日の早朝
劇だった。しかしいくら追求しても、偽証したという客観的証拠が出てこず、仕方なく夕方になって二人を解放したのである。木村は言う。
「本来公判になってからは、検察側と弁護側は対等の立場で黒白を争うべきものであり、検察に不利な証言をしたからといって権力を用い、証人を逮捕するなど言語道断である。このようなことをすれば、その後の証人は検察権力に萎縮して事実を語らなくなることは目に見えている。それを狙ったものと言われても仕方あるまい」
まさに以後の証人への無言の脅しに他ならない。姑息な手段を弄するものだ。
田中が小菅拘置所から仮釈放されたとき、第一声として、腹心の周囲の者たちに聞き捨てならない言葉を発している。
ユダヤにやられた。ユダヤには気をつけろ」
なぜ身に覚えがないのにこんな目に会わねばならないのか。拘置所で田中はじっくりと考えたのであろう。その結果として、自分が進めてきた資源外交に行き着いたはずだ。石油にせよウランにせよ、世界のエネルギー資源はほとんどユダヤ資本が牛耳っている。そしてそれを統括しているのがアメリカであり、さらにその黒幕が国務長官キッシンジャーなのだ。
そういう目で見ると、これまでのキッシンジャーの自分に対する言葉の背後に、一貫した意思のようなものが存在するのに気がついた。どれもこれもが意味をもって脳裏によみがえってくる。
なかでも忘れられないのが、1974年秋のフォード来日だ。
 随行したキッシンジャーの傲慢で強圧的な態度は、今だから分かるのだが、もはや彼の決心が固いものであることを示していた。あれほど屈辱的な外交会談はかつてなかった。そして、チャーチ委員会にはじまる今回のスピード逮捕。
(復讐なのか…)いや、復讐ではない。むしろ抹殺を狙っているのかもしれぬ。結果的にみれば、田中はことどとく彼にたてついてきた。この際、将来の再起の芽を潰そうとしたのではないか。
 田中はおぼろげながらも、自分の手が届かないところでの大きな作意を感じ、心のなかで身構えた。マスコミ世論の支持をバックに、三木は田中を叩きに叩き、独走を続ける。政府や与党にもいっさい相談はなかった。まるで独裁政権だ。三木が唱える風通しのいい民主政治はどこへ行ったか。三木を首相に据えた長老の椎名は心穏やかではない。「このままでは自民党の行く末が心配だ」思いつめた椎名は大平や福田と相談し、三木降ろしに動き出した。国会はロッキード一色で、経済政策はずっと放置されたままである。円高不況は深刻だ。その一方でロ事件は大疑獄の様相を見せ、財界の動揺は甚だしい。それに裁判で白黒がついたわけでもないのに、すっかり田中を有罪扱いにしている。「三木首相の姿勢が問題だ。まるで水を得た魚のように生き生きとしている。ほとんどこれを楽しむような気持ちさえ見られるではないか。同じ自民党の釜の飯を食べてきたというのに、一点の惻隠の情さえ見られない。トップリーダーとして、如何なものか」
 これに対し、三木も黙ってはいない。唯一最大の見方であるマスコミと連携し、一気に反撃に出た。大新聞が歩調を合わせ、いっせいに椎名らの動きを「ロッキード隠し」と痛烈に批判したのだ。
「理解できぬ自民の三木退陣要求」(読売新聞)、「おかしな三木退陣要求の動き」(毎日新聞)、「三木退陣論の虚構」(朝日新聞)などと、椎名批判の論調が洪水のように溢れ出た。マスコミの力は絶大だ。時の動きを抹殺する刃物を手にしている。勝負はついた。
椎名らの動きは一瞬にして押し潰されたのだった。元衆院議長の船田も心配のあまり、衆院両院議員総会で次のような演説をしている。「これほど長期にわたり、ロッキードで明け暮れている国は、先進工業国では日本だけです。同じチャーチ委員会で裏金の可能性を指摘されたイタリア、フランス、トルコなどは、国益を考えて、そこそこのところで調査を打ち切っています。私は事件解明の必要性は認めますし、三木内閣がやったことにも反対はしません。しかし日本人は目先のことにとらわれて、大局を見失うことがあります」外国では自国の法律に違反する嘱託尋問などには飛びつかなかったのである。しかし船田演説もまたマスコミに攻撃され、一瞬にしてかき消される。マスコミは徹底して三木の見方をした。
刃物の威力は遺憾なく発揮された。三木は巧みに生き延びた。しかし大衆の頭は「田中」イコール「金に汚い」イコール「自民党」と、連続した負のイメージで刻印された。三木一人だけが元気で、他の自民党員たちは皆、沈没である。見事なものだ。「一将功成りて万骨枯る」という諺があるが、三木はそれを地で行った。だがそんなことを屁とも思わないところが三木の特異な人間性なのか。
或いはバルカン政治家の真骨頂なのか。国民を率いるリーダーだとか、自民党を率いるリーダーだとかの意識はまるでなかった。サバイバルゲームの一瞬一瞬を生き残ることが自分の使命だと勘違いしていた。今や三木は怖い者なしである。しかしその強権的な世論政治が壊れる時が遂に来た。十二月五日、三木の手により任期満了の衆議院総選挙が行われ、自民党は惨敗する。国民からすっかり愛想をつかされていた。自民党員である三木一人で世論を操ったつもりが、自民党全体が操られていたのである。その結果、参議院と動揺に衆議院も保革伯仲となった。さすがの策士、三木も逃げおおせない。責任をとらざるを得なくなり、二日後の七日には退陣に追い込まれるのである。だがこの選挙で、刑事被告人の田中は新潟三区でトップ当選を果たし、地元民の強い信頼が続いているのを裏付けたのだった。
 三木のあとは福田が継ぎ、総裁に選ばれた。しかし田中の受難は続く。田中追及の振り付け師兼主演俳優だった三木が去っても、状況は変わらない。マスコミや検察、裁判所はがっちりとスクラムを組み、乱れるところはない。むしろ、ゴリ押しで一方的な裁判を進めていくのである。

 

 

 

 

 

油  7…(備考2)

 

 
 

6/9記事に続き、下記のYouTubeを視聴した後半の感想を。 

https://www.youtube.com/watch?v=buN4-vVUktw

(アシタノワダイサマ動画・6/25現在 上記URL削除)

 

 

 

【上記内容の元ネタの動画】

A:武田氏 論説

https://www.youtube.com/watch?v=DmJiRsxDax4

B:スイス民間防衛について

  1. https://www.youtube.com/watch?v=eT1my43BGpU
  2. https://www.youtube.com/watch?v=tUuxd4ESpsc
  3. https://www.youtube.com/watch?v=EG6CMNFfcOM 

 

C:杉田水脈百田尚樹 フランスフリーペーパーにNHKの広告が…

https://www.youtube.com/watch?v=3SI3Cq7D5xs

 *この対談は上記動画内容にも繋がるような

話題です。(参考までに)

  

 ********************

 

Bの動画(1)で、

 スイスが第二次世界大戦の頃に、

国民の全家庭に配布した「民間防衛」の書から

以下を紹介している。

 

第1段階:工作員を政府の中枢に送り込む。


第2段階:宣伝工作。メディアを掌握し、大衆の意識を操作。


第3段階:教育現場に浸透し、「国家意識」を破壊する。


第4段階:抵抗意志を徐々に破壊し、平和や人類愛を
      プロパガンダとして利用する。


第5段階:テレビ局などの宣伝メディアを利用して、自分で
       考える力を奪ってゆく。


最終段階:ターゲットとする国の民衆が、無抵抗で腰抜けに
     なった時、大量植民。

 

 

 **************************************

 

 

上記内容をブログ記事で掲載している方々もおられる。

気になったので、「民間防衛(スイス政府編)」という書籍を購入してみたが、

この第1〜最終段階までのこの表記は、

民間防衛の書のそのままの転載ではなく、

本書後半の要約と思われる。

それはともかく、現代日本の現状を的確に指摘した内容と思い、

この記事にも記しておきたい。

ちなみに、ヤツラお膝元国家スイスの用意周到さはさすがダ。(苦笑)

 

ワタシのヘンテコな憶測デスが。

(その実、偽ユダなりの利己的なカルマの回避と思っている。

一応、書いてありますよね、伝えましたよね、約束しましたよね…という方法ダ。

こっそりとでも三次元的な表明や契約…偽善で、カルマを回避するというやり方。)

 

 

 

第二次世界大戦終戦直後から現代まで、

なるほど、日本はこのように推移していると思う。

正確には終戦直後に第1段階が始まり、

1段階は継続され2段階が始まり、

1、2段階は継続され3段階が始まり…という

グラデージョン状態の汚染脳であろう。

空気全体に紛れ込む始めはうっすらとした煙のように。

そしてその煙がじわじわと濃度を増していくように。

 

どこからどこまでかが分からないことや、

大衆が疑念を抱く隙を与えないよう、

完全にその状態に浸かるよう

仕向けるのも重要なことでもある。

 

 

大量の恣意的な情報で社会全体を満たしてしまえば、

その中で大衆は思考・選択・行動するようになり、

各々の心に湧く疑問の声はかき消され

真実に目を向けることさえ忘れてしまう。

本当のことに気付いた者、知った者の発言、

まともな判断で行動する者が、

変人扱いされてしまう社会に…。

 

 

一般人では知り得ない、戦後GHQ主導の日本政府の舞台裏で、

全うな日本人と工作員らの暗躍、その攻防戦を彷彿とさせる。

だがしかし、具体的には知り得ない不透明さ。それは増している。

年月が過ぎても明かされない、

あるいは御法度の案件(エネルギー・金融・企業事件…)が増え、

国の闇を更に深くしているようだというのが、いち国民の実感だ。

 

 

************************************************

 

以下、ロッキード事件の背景によせ考えたことを。

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/特別捜査部

東京地検特捜部はGHQ主導で設置された

“隠退蔵物資調査会”が前身なのだそうで。

調査会の設置は“隠退蔵物資事件”ということがきっかけだったという。

(この件も疑惑がうごめいていそうだけれども。

巨悪の末端はややこしすぎて凡庸ないち庶民は追わないことにしときマス…w)

 

戦後日本の混乱期に、国家中枢機関に工作員売国奴

GHQが配属するのは容易なことだったろう。

 

機密を知った者、間接にしろヤツラに加担した

悪事の過去を持つ者とて人の子。

時に、良心の呵責が芽生えたとしても

ヤツラから逃れることができるのは、

きっと死か社会的抹殺より他はない。

中枢の工作員本人が身に沁みていることだろうか。

偽ユダの飴と鞭、報酬と卑劣な間接的脅迫を

受けながら服従している、と想像してしまう。

 

偽ユダ支配が激化した近代から現代まで、家系や組織ぐるみで、

アジア圏に於いて在日・華僑等が、

主軸の工作要員(全てのジャンル・現場)__

_企業・財閥・官僚・議員・

_教育・医療福祉・宗教・芸能マスゴミ・各種団体__が

増え続けていることだろう。

ヤツラが大衆を欺き続ける嘘の上塗りは、

分厚くなる一方なのだから。

 

かつ、時代が下るにつれ世相・風潮が殺伐としたものになるばかり、と

感じるのも、そうした勢力が台頭している故の、

拝金主義、虚飾の権威権力主義、卑怯者の常識(非常識)が、

まかり通るようになってきているから、と思う。

 

ヒエラルキーで自分が優位であれば、

人を見下すことに罪悪感は無く

優越感に浸ることに違和感がない性質。

意識は欲望が席巻し、慈悲心や平等感、良心が欠落し、

感受性の鈍化。是、偽ユダ思考回路。

 

 *************

 

 

毎度、政治経済事件で物々しくTVニュース映像に登場する特捜の様子は、

国家権力への恐怖心を国民に与える非常に有効な

パフォーマンスともなっていることだろう。

ニュースや映画小説ドラマドキュメンタリーなどで

崇敬される超エリート集団のイメージ映像が、

TV局や制作会社要員らで巧みに編集され、大衆に刷込まれる。

 

雲の上のような特捜という組織の出自や実務・実態について、

余程の疑問がない限り、ワタシも同じく多くの人が、知る気も起こらない。

最高裁検察庁と映像や記事に触れただけで思考が停止してしまう。

汚染脳に加え、民主とは名ばかりの思考停止植民化にひた走る日本社会。

 

法律の専門知識を持たない限り言及できない数多の事件が

より一層、社会構造の優性と劣性のヒエラルキーを煽る。

 

現代日本の政治経済の健全化に向け行動した人たちの多くが、

無実の罪を着せられ冤罪となり、工作機関の日本マスゴミから露骨に、

言論の自由や表現・活動の自由を奪われてきた。

 

国家権力の印象や超エリート集団の目的が、実は国民のためではなく、

日本を根本から破壊する意図で、偽ユダが操作しているのだ、と想定し、

改めて認識を進めると、その権威権力がヤツラの脅迫と手代の保身という

裏側の構図が透けて見えてくる。

 

と、すれば権力への畏怖・崇敬からの恐怖心は、

幻影に過ぎないことが、感覚として解ってもくる。

 

近年では、

植草氏(郵政民営化の真相暴露)や

堀江氏(マスメディア・企業買収へのテーゼ)が、

記憶に新しい。

 

かの事件で、国家権力としての検察の恣意と圧力やマスゴミ風評に

彼らは到底抗えず、懲役に服しつつも、事実無根の罪、

冤罪であったことを彼らは受刑後、権力側とは一線を画し、

勇敢な行動で証明している、と。

 

工作員による国家権力茶番劇と、

マスゴミの世論を装った、垂流し捏造風評を

見事に払拭し、彼らの人生そのものは、ヤツラを超越している、と思う。

戦時中の政治宗教思想犯として懲罰を受けた人たちも、

似た経緯を聞いたことがある。

逆に、児玉や笹川のようなエージェントも…戦争内乱や政治経済事件を

きっかけに、登場してしまうようで。

そうした経緯や背景もできる限り、ワレワレ大衆は知るべきだろう。

 

植草氏や堀江氏とは目的が真逆だから、裏社会の輩と

比較しても意味はないけれども。

 最悪の人生の状況下で、「実刑から逃れ更に最悪に向う輩」、

「冤罪の無念で崩れる者」「冤罪を昇華していく人物」の違いは、

冷めた言い方だが、個人の人生としてそれぞれで、

世相・社会との相関も興味深い。

 

 

ヤツラが日本社会の汚染脳化に向け余念がないのは、

潜在的に持つ人間の正義・良心を信じる不屈さへの畏れでもあろうか。

例えば、そのためにも、

第4段階の…

‘抵抗意志を徐々に破壊し、

平和や人類愛をプロパガンダとして利用する’…が、

必須なのだろう。

(それぞれの哲学的な疑問に対するガス抜き…?! 

スピリチュアルのムーブメントもそれを牽引しているかな、意図的に…と。) 

 

 

ともあれ、特捜が扱った多数の事件を

Wikipedia特別捜査部の下部)で概観すると、

国家の舞台裏で行われているのは、〜マスゴミ&ト糞ウ〜という

戦後70年の連携プレー。それは輝かしき実績なのだろう。

ヤツラの手代としては。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

大雑把だがWikipediaで見ると、

戦後から扱った事件が1990年代から急に増えている。

日本乗っ取りが更に激化し始めた時代という目安になるだろうか。

もう一つ言えるのは、大きな政治経済事件がない年もある。

工作員と、そうではない全うな公務員の配属の違いか、とも読み取れる。 

 

 

 ********************

 

 

今日の日本人の汚染脳の段階は、

工作員、エージェント…ヤツラ作戦の勝利か!?

日本も危篤状態にあるが、残念ながらそのことさえ、

ほとんどの日本人は気付いていない。

それが汚染脳の骨頂であろうから…。 

 

 

**************

 

 

約150年前。

開国した明治期から印刷物(新聞発刊)を手始めにマスゴミ汚染脳が

始まっている訳だが、戦後、GHQが進駐してきた段階からは、

汚染脳が、印刷物の新聞雑誌小説の他、映画、ラジオ、レコード、

そしてテレビの登場で、加速したのは言うまでもない。

 

明治から昭和初期にかけて偽ユダによる計画的な

大戦争で、日本国家の中枢にいた人物達も、

それに加担してきたのは、周知されている事だろう。

中枢人物は保身や利己が目的であったか、国防か、

その究極的な本意は知る由もないが…(前者とは思うが…)。

日本は明治以降、偽ユダのシナリオ通りの崩壊へ

突き進まされているだろう。

 

 

今も尚、様々な角度から多くの人が第二次世界大戦

太平洋戦争という呼称に異論を唱え、大東亜戦争だとする

意見もある。そもそも、戦争の原因とその責任を探る議論が

為される矛先が、極東アジア・日本中国朝鮮半島の情勢の

不安定を作り出すための茶番なのだ。

(ヤツラ目的は戦争の火種を絶やさないことダ)

所詮、偽ユダのNWO計画下のことであるのに。

マスゴミや狂育による偽論説に辟易する。

 

 

 

 

 

 

 

****************** 

 

 

 

戦後GHQ主導のもと日本マスゴミ

国民へUSAについてのイメージプロパガンダ・刷込みは、

 

“軍事国家だった日本帝国を壊し法整備を健全に民主化してくれたUSA”

“戦後の食糧難に際し飢餓状態を救済してくれた博愛民主的なUSA”

“科学・技術・産業が発達している豊かな物質社会を

謳歌しているUSAは、進歩発展に向けての良きお手本”

“経済大国、資本主義、思想の…自由の象徴のUSA”。

と、いったイメージであろうか。

 

それと相対するようにして日本人が自国について、

マスゴミや狂育で刷込まれた印象は、

 

大東亜共栄圏と称しアジア圏侵略を企て中国や朝鮮、台湾…

アジア全体を支配せんとし、その報いで負けた悪い日本”

“戦争のせいで食糧に苦しんだ日本国民。戦争に突き進んだ国家と政策は愚かだった”

“西洋文明は優れており発達しているから、小国日本など到底及ばない。

科学、思想、芸術、宗教、法やモラル等、欧州やUSAから学ぶべきだ”

“資源のない日本は工業化による経済活動で進歩発展すべきだ”

 

 

そしてこれらのマスゴミ喧伝や狂育の捏造論理で、

戦後から今の段階で、現代日本中高年層までの世代に、

結界のような意識が引かれ思考停止となったのは…、

日本人自身が日本を肯定すること=

日本という民族性に誇りを持つこと=それについて訳の分からない

罪悪感のような思いが湧いてくる、のではなかろうか。

 

特定の民族だけが優秀だ、とする認識は、

「平等感を美徳とする日本人」には、

差別的で、傲慢な、エラそうな……という、

不条理の根っこのように、感じてしまう内省的な性質。それを

偽ユダは巧妙に利用している

士農工商えたひにんや渡来・在日・という

明治政府が狂育等で流布したプロパガンダを基準に。

戦後狂育でそれは更に厚塗りされた。)

 

中世から日本という民族性を分析して来て(隠れ切支丹を利用しながら)

現代ではマスゴミ狂育の汚染脳にそれを

しっかり込めて注力してきたことだろう。

 

ところが、どっこい欧州白人だけは特別という倒錯的認識

映画小説ドラマ・広告雑誌新聞で込められてきたのである。

純朴で真面目な日本人は、気付けない、…ように誘導されてきた。

 

すごいなぁ、欺瞞勢力の巧妙過ぎる工作手腕はっ!!(笑)

 

 

マスゴミ狂育で汚染脳作戦が常態化している

歴史認識という表層意識にある汚染脳の威力。

 

風化しかけている感もあるが、 

帝国主義であった日本が、大東亜共栄圏として

アジア侵略を企て植民地支配…云々’。

 

 

 

ほとんどの日本人が家族との死別や窮乏という

辛酸を舐めた、、、、、、、

その向けどころの無い怒りや深い悲しみやるせなさを

帝国主義であった日本国家への怒りや不審感に向けられるよう、

マスゴミや狂育=反日狂育・感情で、

日本人にしつこく回想を促されてきた。

 

詳しくないので安易な表現だが。

実際は、東南アジア圏

(インド・フィリピン・インドネシアカンボジアベトナム・マレーシア…)

欧州勢が300年以上、植民地支配を行ってきた史実。

偽ユダ・欧州勢にしたら、

その独裁支配に幕を閉じさせられるきっかけを作った、

想定外の脅威の日本。(ヤツラにしたら、そろばん勘定が合わない国民性への畏れ)

明治初期に作った日本についての、得手勝手な偽ユダご都合未来図を

ヤツラは、いっそう陰湿な未来図に、描き直したことだろう。

 (ヤツラ未来図の是正に、GHQがその役割を担ったかァ?!)

 

 

 

 

戦後のそういった偽ユダ悪意の情報を

新聞テレビ雑誌の喧伝で浴びるようにして、

暮らしてきた今の高齢者から、

その刷込みを持った親に育てられたワレワレ以降の世代。

そして現代の若者。

それが、如何なる思考回路になったかは…、

いわずもがなである。

 

 

哀しいかな、実のところ明治初期、政府中枢に駆け上った人物達も、

ある種の汚染脳被害者ではないだろうか。

(中世の欧州勢の全ての大陸での残虐をもっと知っていたならば…と。)

 

(江戸社会ではならず者、利己が強い出自ゆえ、

 当時の政治に関与した人物は思考停止集団…

 現代の教科書で偉人と定義されている者、あるいはお札の肖像の歴代の皆サマ)

 

USAの家元は欧州であり、史実として明確化できる時代を遡ると、

やはり、欧州勢の大航海時代に帰結する。

 

それはイエズス会という善を名乗る偽善集団=海賊集団の利己を

現実化させるべく、地球のあらゆる利用できる

資源、人力、知力…を強奪した。すべてを破壊尽くした。

欧州貴族の強奪と破壊による繁栄に、歴史狂育で崇敬される人物が、

実は悪魔教徒の中でも最も悪徳な人物(*ブス・錆得ル)らであるにも関わらず。

未だ、真実からワタシたちは目を

逸らさせられている情報に満たされている=西洋礼賛。(´○`;)ポカ~ン

 

 

鎖国時代は、貧しい時代だったデショ???という狂育による刷込みと、

 (…実際は、物心両全に豊かで調和があった。

美しい自然環境は人の精神に呼応するように

恩恵をもたらしていたことは、一切伝えようとしないマスゴミや狂育。)

 

マスゴミで小説ドラマ映画などの偽イメージ喧伝を併せ、

日本が150年前、舵を切った近代化、明治を興した…、

それは正しいというように、今もって、

ワタシたちはそう解釈させられている

 

 

現代日本社会の大きな歪みは、約500年前に端を発していることを

現代に生きる世界中の人が認識する必要性をとみに思う。

 なぜなら、

約500年前に欧州勢が、各大陸を破壊し強奪し領地とした場(植民地)に、

現代社会の生活物資で、大量に消費している植物・動物や

鉱山鉱物に大いに依存し、

かつ、現代の滅茶苦茶な環境破壊の「根源」でもあるからだ。

 

 

 

 

見える世界。見せる(魅せる)世界観…。

物理的な、「証明する・できる」

「引きつける・幻惑する・偽の快感」

(五感の脆弱・波動…意識の粗と微の落差)」、

客観という外的世界の基準と、内包する感情の落差が困惑する、

人為的かつ唯物的な思考・基準によって、

その汚染脳を導引したのだろう。

 

(ヤヤコシイですが…。人間の意識は内なる微細さは、

現代、言葉や五感の一部でしか意思疎通ができず(必然と偶然の作用)、

共通という平均化のための荒いフィルターが、

各々の意識に影響し、粗雑になってしまうのが、現状。

 

その意識の荒々しさ

(利己・欲得=重たい意識・負の意識…。

更に、極一部の三次元の物理的計測認知できる基準が優先)が、

現代社会の精神の混乱であろう、と。

テレパシーがあれば…なぁ。本意が解れば悪意悪徳を回避できるのに…。

 

悪意悪徳=(汚染脳…根源は……

……‘元ユダ’←(この仮説が現代社会、延いては地球に必要、と推測)や、

疑念(ゴイム思考…人類削減)が、元来の叡智・能力を喪失されている。

自然環境が豊かに、地球全体の循環が戻ってくると、

意識の自由自在性は必然になるであろう、と思いマス。)

 

 

 

***************** 

 

 

現代社会に生きる私たちの思考と、

「逝きし世の面影」(渡辺京二著)に著された様相を紐解くと、

明らかに〜壊れてしまった現代日本人〜の像が

浮かび上がり、各々自身の思考回路が「偽物・借り物」

あることを多少は、感じ取れるのではなかろうか。

 

 

日本人であるにも関わらず、民族性を自ら貶め、

政治不審・打倒国家の、マスゴミ・狂育が、

反日感情や母国についての無関心な人々を増幅させる。

それは、自滅の思考回路であり、刷込まれた表層意識に翻弄されて

おしまい、という馬鹿げたシナリオがヤツラによって流布されているのである。

 

それは風化しかけたひとつの、

顕著かつ象徴的な事例がロッキード事件であり、

田中角栄氏への政治家批判はすなわち国民が日本という

国へ不審感を一層、募らせるようマスゴミによって作られた…、

プロパガンダの極みだったとワタシは思う。

 

政治家が、政治家になるその経緯は、どの時代も茶番劇もあろう。

世相・大衆心理をある意味で象徴するものと思う。

 

が、時にプロパガンダを破壊する勇敢な人物が、

社会に出現する。ある種の救世主だ。

(例えば、ベネゼイラの故チャベス氏・リビアの故カダフィ氏・イラクの(故)フセイン氏…)

大衆にとっての救世主は、ヤツラにとっての敵だ。

偽ユダ小番頭キッシンジャーの監視のもと、

党内部権力争いを利用されながらロッキード事件も作られた。

 

田中角栄氏について賛否両論あるようで、ワタシも

今の時代から自然環境問題を思うと、

田中氏の政治構想をすべて肯定できることでもないけれども。 

日本人にとって、今よりはマシな未来を閉ざされた

ターニングポイントのひとつだったという気がする。

 

 

 

************************

 

 

戦争とは、実力行使による物理的な破壊だけが戦争ではない。

それを肝に銘じたい昨今だ。

 

有事ではない時にも、着々とヤツラの意図が進行していることを

このスイス政府が配布した民間防衛の書から多少は読み解けるのでは

なかろうか。

 

 

だが、スイスと言えば偽ユダのお膝元であるから、

肝心なところは伝えないだろう。

国家防衛は十二分に、国民に行って欲しいというのが、

この書のひとまずの目的だろう、と。

 

例えば、物資・食糧が偽ユダにとって安心を維持するために、

彼らの生活圏は安全でなくてはならないのだから…。

 

スイス政府が知恵深く素晴らしいのではなく、彼らの生活圏を

安全地帯にするという目的や、世界中のプロパガンダを発信する

お家元だからこその、本書であろうとワタシは推測?邪推した次第。

 

 ********************* 

 

支配・植民化の目的を達成するには、さきの戦前戦後のみならず、

何百〜千年にも渡って、偽ユダ主導のもと、様々な民族の性質の破壊が

最も重要であることを彼らは熟知しているだろう。

 

民族性破壊とは、衣食住の破壊であり、自然環境破壊であり、

思考・精神の劣化、史実の破壊であり…。

 

ルーツや風土と乖離した、

借り物・偽物の社会が本物だと信じ込ませることであろう。

 

民族に由来する個性・固有性という

揺るぎない事実さえも否定するためのプロパガンダ

教育や政治、マスゴミで波及されているのが現代社会である。

 

 

それは、第4段階に書かれてある平和やら人類愛という

キレイ事の文言で刷込まれてもいる。

悪徳という奇々怪々のルシファー思想が主流になった

悪徳社会(カネ礼賛)で、まともな人々を骨抜きにするには、

「精神や思考で純粋を珍重する人間の良心」に

悪意を隠して、(偽)正義や(偽)愛や(偽)善を訴えかけることであろう。

つまり、“思考停止の清貧なる善人擬き”の量産がひとつに挙げられる。

もちろん、“思考停止の富裕なる善人擬き”がそれを凌駕し牽引する

価値観の喧伝は、もっと激しく行われている訳だが。

 

 

卑近な例だが、欧州が生産するブランドと称する物品は、

本当に本物であるか?問い正したことはあるだろうか。

欧州以外の人々は、現代マスゴミが喧伝する物品を無条件で有難がる

思考回路に疑問を持つ人は少ない。

 

よく考えて欲しい。

欧州勢は中世から、大陸を侵略してきた。その時、

殺戮や強姦、収奪を行って勢力を拡大してきた訳だが、

地球資源の掌握が根底にある。鉱物、農地、文化、

奪えるあらゆる物を欧州偽ユダ勢力は、強奪してきた史実。

 

現代日本社会で有難がる欧州の自動車は、世界中の鉱物採掘権利を

掌握してきた所産で、ふんだんに資源を使った自動車など部品・製品が

安価に製造できる…、という実態、実利、史実を見ているだろうか、と。

 

本質を鑑みて地球を思うと、欧州車あるいは欧州製品を有難がるセンスが、

恥・・・史実を重ねるとゲンナリする。

 

 

 ****************

 

偽ユダの配下のUSAや欧州に絶対的なブランド性を

保たせるのにマスゴミ狂育は必死だ。

あらゆる世界中の悪事の痕跡から目逸らしできるように。

時に他民族の功績を映画や伝記小説などで

欧州やUSAが賞賛して、被害に遭ってきた民族にも

忘れてもらえる工夫(喧伝)をしたり。賢いのか、ずる賢いのか…。

ワタシが捻くれ過ぎか!?

 

 

一方、中国人や韓国朝鮮人在日が、

日本に不利益を与えることを

懸念するマスゴミ狂育(権力層はグルなのに…。茶番がバレないように…。)に溢れている。

とにもかくにも、不利益のおおもとは、偽ユダなのに…。

 

向こう三軒両隣り、仲良くしたいものダ。

ただし、距離感を保ち良きところは学び、

自立した形での話だ…。寄生してはマズいだろう。(苦笑)

 

 

 

*内容が錯綜してしまったがご容赦を。 

 

 

***************************

 

 

 

マスゴミの所在地が申し合わせたように

同じパターンで運営されている不思議。

誰かの意図があって便利都合がいいから

一括配置したんじゃないっすか?!

 

 

みんな知っているコピペの

  〜〜おまけ〜〜

 

 

上段 韓国側住所ソースは 全て在日本大韓民国民団HPより 
http://s01.megalodon.jp/2008-1219-0316-05/www.mindan.org/sibu/sibu_sanka2.php 
 
 
東亜日報(韓国の三大紙)  〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2 
朝日新聞東京本社     〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2(AFP、NYT) 
http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/access.html

朝鮮日報      〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F 
毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 
http://www.mainichi.co.jp/annuncio/gaiyo.html 
3階に(株)朝鮮日報社 特派員室 
http://www.mai-b.co.jp/palaceside/floor/office.html

韓国聯合TVNEWS(YTN) 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6 
TBSテレビ      〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 
http://www.tbs.co.jp/company/gaiyo_top.html

大韓毎日            〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 4F 
東京新聞(中日新聞社東京本社) 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13 
http://www.chunichi.co.jp/annai/gaiyo/index.html

京郷新聞 (韓国全国紙)  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 
産経新聞東京本社    〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
(サンケイスポーツ、夕刊フジ、日本工業新聞社
http://www.sankei.co.jp/saiyo/01.html

韓国日報      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F 
読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 
http://info.yomiuri.co.jp/company/company/

韓国放送公社(KBS) 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1NHK東館710-C 
NHK放送センター  〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1 
http://www3.nhk.or.jp/toppage/zenkoku/shutoken.html

韓国文化放送(MBC)   港区台場2-4-8 18F 
フジテレビジョン   港区台場2-4-8 
http://navitokyo.com/03-5500-8888/

聯合ニュース     港区虎ノ門2-2-5 9F 
共同通信会館     港区虎ノ門2-2-5 
http://homepage3.nifty.com/kyodonews-bld/ 

 

 

 

 

 

 

 

今回の大阪北部の地震で 2

 

 

6月18日から3日余が過ぎ、本震余震の懸念もあり

気を許せない時期と思うが、収まってきてる様子を知り

地域は違えど安堵する。

 

 

 

 

ところで、水道事業の悪徳なる民営化、

その収奪と国家破壊(NWOへ)を目論む偽ユダの動向を

今回のマスゴミ地震報道で、

そのプロパガンダを感じたのだが、

もうひとつ気になったのは、

都市ガスも企業買収の対象であろう、と。

(営為営利が社会を覆い尽くすのが即ち国家破壊のひとつ)

 

大阪の地震が起きる1週間程前のこと。ワタシの暮らす街の

ガス会社の支払い方法を電力会社の支払いと一緒にすることを

促すダイレクトメールが届いた。その広告のキャッチコピーは

電気代ガス代まとめて支払うと「お得です」。

 

都市ガス会社を解体もしくは買収が目的だろうことは

薄々感じていたのだが。やっぱり…、と。

 

買収前には、現存企業の段階で設備投資を最大限・MAXにさせるのも、

ヤツラのあくどい手口だと観察している。

この2〜3年、老朽化と称し街の水道管及びガス管工事が凄まじい。

 

「お得です」のキャッチコピーの真意は、

ヤツラ目的の企業買収を日本人の疑問を排し、思考停止、

穏便かつ、最大限の利益を上げるためにも、

買収時の業務の効率化も、それを達成するのに

重要な目的のひとつであろう。

(M癌やら金マンSッす・B岩…幹部)オツムがお暇な貴族的輩(キモイ奴ら…)が、

そんなしょうもない意地悪根性まるだし業務で、

忙しげに盛り上がることを妄想してしまう。

 

 追記 (6/24)

何度もの大地震があってもガスについて誇張したマスゴミ取材は

今回顕著のように感じたのは先述の通り。都市ガスの原料が天然ガスであり、

ロシアからの輸入と聞く。資源輸出による利益のテリトリーがもともとあって、

そこに踏み込むことをしないルール(暗黙の了解)があったのか。

この先、それを踏み越えるのに、タイミングも加味してTPP合意とも関係があろうか。

(勉強不足で詳しくは分からないが)

 所詮ロシアとUSAも偽ユダレベル(裏側)では繋がっている訳で。日本を破壊あるいは

分断、収奪を企てているのが約500年前からな訳である。(もっと昔からとも)

ちなみに、日本の東と西で電力が50Hzと60Hzの違いは明治に発電機導入の際の、

USA製/(石ヘラー)と欧州製(確かスペイン)/(ロス茶)の違いであり、送電等の設備を変更しないまま、

現代に至っているという。(両財閥は所詮欧州貴族の番頭であるが…)

(東西でHzの違いはヤツラの破壊分断計画の陣地のような刻印として、

日本側はその違いを現在に至るまで変えることができなかったのではないか、とワタシは

妄想のような推測をしている。)

 

 

 

消費者の立場になったふうを装い、大衆の目先の欲を踊らせる文言。

毎度毎度…「お得です」に一般人は性懲りもなく騙され続け、

現在の悪徳なる商業偏向社会に至っている要因のひとつ、と思う。

 

「お得です」の常套句は、いわば、

汚染脳用語であり、要注意なのだが…。

(時にワタシも揺さぶられるが…苦笑)

 

 

****************

 

 

加えて、小学生が被害に遭ってしまったブロック塀倒壊事故。

悲報であり、分析するのは憚られるが。

この事故が何度もマスゴミで取り上げられ、それを

煽る発言のマスコミ評論家らも訝しい。

いつからかは調べていないが、

日本の近代建築の重要な脇役を担ってきた、

中小の建材企業が地道に生産してきたであろうコンクリートブロック。

 

それが、諸悪の権化のように批判するマスゴミの論調にも、

日本の建材、規格や製法を変換させんとする

圧力が業界の内部であるのだろうか、と疑念を持った次第。

 

****************

 

(個人の憶測の域を出ない内容だがご容赦を) 

 

今回の地震では、水道とガス、JR。

全部ではない、、、(通信や電気、物流などもあるにも関わらず)

いくつかのインフラ(収奪予定の)や、その整備が

市民の生活に支障をきたしていることをマスゴミ報道で、

誇張し、垂れ流し喧伝しているように見受けられる。

更に、乗じて政府政権批判も。

 

 TVを一切見ないのでネット動画からの感想で、的外れかもしれないが。

水道水が濁っている、とかでレポーターがわざわざ家庭に入り込んで

紹介している映像に、大きなお世話だ、と動画視聴で思った…。

 

 

個人、各戸、皆、がそうした取材を拒否したとしても、

マスゴミは‘やらせ’までしても撮影するだろうから、

それが民意だとか常識だという、執拗な風潮の捏造ぶりに

毎度ゲンナリ

 

その経緯・偽ユダらを察知している人が、

その勢力について知らない人も大勢いるところで、

マスゴミ従事者に対し「正論で厳格に対応する」ことも

防衛・国防策のひとつだろうか。

 

 

一般人が主体となって、

まともな社会にしていくには…、

マスゴミ業界を志向し従事している個人的な性質もあってか、

大勢の目線から、‘どう見られるか’が、

ヤツラ傘下の、マスゴミ業界人の自尊心の支えである。よって、

 

「不特定多数の大勢の人たちがいるところで、

正論をもって堂々とマスゴミ人とその行動を拒絶することだろうか。

 

マスゴミの威力を排するのに、

各地で、わずかでもひとつひとつの一般人の勇気ある対応・発言行動は、

ヤツラの悪徳計画の進捗を揺るがす可能性として、重要な方策と思う。

 

かつ、工作員と思しき虚偽虚言がまかり通るこの時代。

哀しいかな、

動画の記録が説得力を持つし、その必要性を思う。

 

*************** 

 

人工地震が技術として可能かどうか、実用しているかは、

体制(支配者ら)の不透明極まりない時代に、

大衆側からは、事実は確認しようがない。漠然としか分からない。

マスゴミ報道の矛盾や恣意的な映像や論調、

地震が起きる前もしくは後に、事前に周到に準備されている些細な事例、

事後の経緯で推測し、一般人の日常生活での違和感や記録された書籍などで、

〜〜かもしれない…〜〜程度の検証に過ぎない。

この先も事実を掴んで、一般人が確信に至ることはなさそうだ。

 

 

‘事件事故災害の秘密裏の計画’と

‘偽ユダの目的(人口選別削減や国家破壊というNWO完全支配)’、

点と点が線になる…見える気がする…、

事実・事態が発生し確認するというのが現状。

 

留意したい点は、ヤツラの手法は、事態を発生させ、

目的が作られるという、一般人ののんきな思考とは逆で、

事前の準備に余念がなく、

数十年(…数百年?!)のスパンで、計画が為されていることだろう。

 

目的達成のための大事故は、

約10年以上年前から仕込む。いや、もっと前からか。。。

 

予期せぬ、善良な人物による政治や技術の出現に対しては、

モグラたたきよろしく、暗殺も厭わずあらゆる手段を使って、

ぶっ潰すという、強引で分かりやすい方法が、マスゴミから

垣間見える。(笑)

 

 

*********************

 

最近気付いたことで思いつくままに、列挙すると風化なる事例だが、

桑名毒ぶどう酒事件やら、カネミ油症事件…、時代は下るが

宮崎県の鳥インフルエンザ事故事件も、“やらせ臭”がする。

 

書くまでもないが、地検・検察庁の扱った歴代大事件で、

冤罪ではない事件を探すのが難しい程、

工作員・在日官僚議員ら、の活躍は目覚ましい、かと。(冷笑)

 

裏舞台への想像力を鍛えてもらえる事例が豊富で。(苦笑)

 

**************

 

 

優良な事業者が経営権を放棄せざるを得ない状況を作り、

事前に企業買収を整えて利益収奪の計画を盤石にし、

出来レースやでっちあげの事件事故は、

大衆がその背景に疑問を持たぬように。

 

現場の人たちも、疑問が湧かぬよう、

抗議で混乱を避けるよう、

周到に、事前に仕組まれている現代の茶番劇社会。

 

今回の地震でも、その臭いが、

うすら匂っていた、否、多分にしていたことを感じる。

 

 

**********************

 

20代半ばに、阪神大震災の予知夢を見た。

四日前だった。その内容はここに記さないが、

最近は地震の予知夢は歳のせいだろうか。

見ないのだが、地震を事前に予測する経験的に感じた、

一般的な観察のポイントを記したい。

 

◉まず、ケムトレイルも含め、日頃から雲を観察する。

一日1回は空を観察し感想を記憶。印象が強い時はメモをする。

◉妙に、蒸し暑い、季節とは違う身体からの熱い体感がある時。

(電子レンジで熱せられいるような体感・加熱中の電子レンジ内は知らんが・w・)

地震が発生する数日前(3〜4日前)は、とかくそうした体感が経験的にある。

妙に蒸し暑い日の翌日などは要注意だ。

◉それに伴って、地震の前日等、家族と口論になるような

情緒不安定を互いに感じる時。

また、ペット動物が落ち着きがない様子もある。

◉季節外れの内部・体感からの熱さを感じるような時に、

空を観察すると、規則的なストライプ状の雲があるかどうか。

◉その雲を見た時に、どの方角を中心に弧が発生しているか。

弧の内角方向に地震震源の観察があるかと思う。

◉例外的だが、予知夢も併せ、経験的に、約4日前くらいから顕著になる。

◉また、耳の中でわずかに奇妙なキーン音や耳鳴り、痛みが

突然起こるなども留意。

 ◉(追記)

人工地震の仕込み中か、ケムトレイルをせっせと仕込んでいる時期

要注意ではあるが、ケムトレイルが多い時に限って3〜4日目で大雨に

至る。雨の日は地震が起きない。地中と大気中にある

電波や磁波が緩衝するものか?とも思ったりする。

 

その他。

毎日人工地震を起こせる訳ではないだろう。

暦の中で人工地震に丁度良い(ヤツラ視点で)日があるのだと思う。

地球の引力や気象に大きく影響する、太陽、月や金星などの角度、

位置、バランス…。

 

昭和30年代には大手新聞の記事の見出しに、

おおっぴらに人工地震の可能性を指摘していたというのだから、

昨今は、50年前より汚染脳社会に拍車がかかっている現状だ。

人工地震は、あり得ないと断言する蒼い学者?御用学者?もいるのだから。

 

 

******************

 

人によって予知の時期・タイミングが違う気もする。

ワタシは4日前というのがひとつのポイントだが、

友人の話で興味深かったのは、地震の直前、数秒前に

電気のスイッチがパッチッと鳴るような音の数秒後、

地震がある、とも聞いた。避難にかなり役立つ予知能力だ。

 

人によって予知の体感があるようで。それを繋ぎ合わせれば、

最悪の事態を回避するのに、役立つかもしれない。

 

数十年前から妄想しているのだが…。

どなたかリレー予知サイトを立ち上げて欲しい。

(無責任発言でスミマセン・笑)

 

 

ともあれ、

江戸時代の私たちのご先祖様は、天変地異、

地震や火事などあったとしても、

打ちひしがれ腐ることなく、悲しみを抱えつつも

お互いが励まし合って助け合って、

気持ちを切り替え、飄々と乗り越えていたという。

カネの力ではなく、人々の助け合いが社会を支えていた。

日本の昔の人たちのタフな逸話が、ワタシは大好きだ。

風呂敷ひとつで逃げられる素朴な生活、

生物らしい潔さに憧れる。

 

自然現象を恐怖し憎みたくなるような富を蓄え、

ゆえに身の安全確保に苦悶し、

人々が恐怖の感情で混乱する世相は、

大袈裟に騒ぐマスゴミの影響。

その汚染脳による物質的価値観の依存に他ならない。

 

 

楽観的過ぎるかもしれないが、

人工地震か自然地震かは別として、人工災害とて、

一人一人が地震や災害を予知できる

判断材料を己の内部に培うのには、

日々の自然観察や自己内観・体調観察、意識の扱い方を

各々が身につける、内なる知恵を磨くのには、

良いチャンスだとも。

 

逆境も逆手にとって、知恵を磨き、偽ユダ悪意を

乗り越えたく。