ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

メヴィウスの輪だな

 

 

文字や言葉、あるいは画像や映像で

知識を仕入れ増やし、

様々な場面で多少の結果を出して、

人生の中で展開しても…。

 

結局、正と負、陰と陽、上と下、善と悪、優と劣…。

表裏が立ち現れてくる。それに支配される。

どんな言説を信じても、

とどのつまりその繰り返し。

 

 

実感、体験、小さな一人の内面的悟性の集積の大切さ。

 

それ以外は…、

メヴィウスの輪だな、とこの頃思う。

( 平面的・二次元の、規則的一定の変化)

 

実感、体験そして真実への、

一人ひとりの内面的気付きによって、

その短絡の無味乾燥な平面の…、

永遠ループを断ち切ることが出来る…、

可能性。

それを好奇心とも言えるかも知れん…。

 

 

「新たな」意識の時間空間を獲得する(壮大な事)というのは、

創造するに至る契機・チャンスを

地球という場で、(些細な事で) 刻々と与えられている。

そんなふうに思う。

 

大昔のある時代から…。

 

 

 

今 思うこと

 

私たちの未来をお金に託すことなどできない、

とワタシは思っている。

 

今のワタシがせめて言える事は…。

 

身近な動物や植物、名も知らぬ草や木から、

虫から、海の生き物から…、

小さな真実のささやきを感じ取って、

そこからしか、

未来はやって来ない気がする。

 

満天の星々から降り注ぐ静寂の、真実の伝言を

夢や直感で受け止めて、

淡々と未知を道へと

変えていくことなのではないか。

 

自然が厳しいのは、人間の内なる甘さ甘え故、と。

 

 

 

甘々って慣用句。

意味深?!(笑)

 

 

 

ワタシへ

 


本音、本気、本性をさらけ出す、
「勇気と自信」があるか、自問自答。

 

小難しい立派な思想や哲学や知識で、
己の心象・無意識という領域に、

オブラートで包んでも…。
「本体」が自覚・浄化されなていない
欲望うず巻く毒素の塊ならば、
他者へ毒ガスをバラまいている。

 


オシャレだ、格好いいだの、頭良いだの、有名だの、
たのしい、きれい、かわいい、イヤされるだの…、
刹那や享楽のうたかたの「自己満足、気分」で
己を誤摩化し「本音、本気、本性」から

目を背ける、
人生時間の無駄さ。

 


宇宙に近い超意識で、
毒と分かっているから、
無駄時間と分かっているから、
偽の平和主義や偽の善人である努力故に、
苦悩や迷路が延々と続く。

解っているから分かることが

怖いのだ。

だから、己をダマす技を磨き続ける。

 
本音から目を背けて、惨忍さや冷淡さや意地悪さを
野放しにできる、逃避思考。

 

 正義感、正論、正しさの飽くなき追求は、
あらゆる後悔の残骸。


己への偽りの無さに行き着く果てしない旅。
地球の人生。
内なる過酷なサバイバルゲーム


本音、本気、本性へ。
真実を自身が自覚し獲得するまで、
「己との戦い」である自覚が無い者は、
命を授かっても、
外部情報で偽自己肯定あるいは批判三昧の

お遊戯。

 

死ぬまで偽人生。
それは、地球を摩耗させる人生。

 

己の真実へ向う基本を忘れずに…。
と、ワタシへ本気で伝えよう。

 

 

 

 

油  2


 

ずいぶん前のこと。

紙製の米袋に米糠をしばらく入れ置いてあったのを

ふと見たら、シミが出ている。

そうかぁ。米油か、と分かった。

が、糠からこんなにも自然に油が滲み出すものか、と驚いたことだった。

それまで、糠に油が含まれていることを意識することがなかった。

生物であれば細胞膜を構成する成分として脂質や蛋白質がある。

米は種だ。細胞として膜に油分があるのは当然のことだけれども。

 

自給率が他の食物に比べ最も高い、かろうじて維持できた

米は、日本人の主食である。

 

GHQ政治支配で、農地改革や西洋型の食事プロパガンダを経ても

自給を持ちこたえて来た米作。 

 〜人間に元来“主食はない”という自説はあるけれど…さておき〜

が、それもおそらくは政治的支配の何かと引替えになったのだろう。

日本に対し(勿論・計算ずくの)敗戦国烙印のもと、

USAを傀儡とした偽ユダらのそろばん勘定が合わないことでは、

決して政治采配の自由をも与えないやり方だ。)

 

 

しかも、江戸中期から現代にかけて搗米・精米する習慣が浸透したから、

米糠で油の原料調達し、国内生産可能な食用油だ。

菜種、コーン、大豆 に比べると米糠からの抽出量は少ないそうだが、

他の植物と違って、糠である。限りなく無償に近い。

かつ、植物を無駄に粗末にしないで済む。肥料にも適している

一石二鳥の原料だ。

 

菜種油は江戸時代には、灯りなどの燃料として利用していたそうで。

本来、食用に適さないだろう、と武田邦彦氏が指摘している。

かつ、キャノーラ油(菜種の遺伝子組替油)は、欧州で工業用油として

開発され利用している、食用にしていない代物だ。正に今、日本はゴミ箱状態だ。

キャノーラ油が危険だとする話題がネットでも多く見られる。

 

 

 

輸入に頼らなくても、食用油の「原料」を安価に確保できる。

また、他の食用油より加熱しても酸化しにくい、

生物細胞の酸化も防ぐビタミンEを多く含有したり、と

様々な利点が多い米油。

 

 

 

偽油田が君臨する多国籍企業らは、軍事特需生産物が

世界大戦終了と同時に余剰し、特に日本は余剰農産物の得意先、

否、処理場として戦後以降、標的にされた。

現在も遺伝子組換や放射能汚染などの訳あり資源の処理場扱い。

 

ゆえに、日本の国内資源で製造や市場が成立することを偽油田は許さない。

衣食住のすべて、社会システムの物理的な

「原材料」「燃料」を輸入、他国(特に欧州系・USA企業)に

依存せざるを得ない国家・社会システムにしておくことが、

偽油田にとっては、あらゆる戦略の自由になる手立てとして、最重要項だ。

優性学思想の彼らは、戦略に道理や倫理などみじんも無かろう。

鎖国時代の日本を逆手に取った国民国家の瓦解方策にも思える

 

近年日本の食料自給率は約38%前後を推移。

オーストラリア223%カナダ264%アメリカ130%

フランスは127%ドイツ95%。(農林水省独自計算“カロリ-ベ-ス”より)

 

内需給率を上げる事は国の体力を保つ事であり、すなわち国防だ。

国防の本質を考えると、戦力や武器という物理的なことではなく、

民族性・固有性・地域の自然摂理の維持であろう。

 

また、通貨に価値を保ち続けさせ

貨幣経済の死守は、世界中を簡易に単一に支配する

意図の国際金融家として、大規模な輸出入も必須条件である。

排斥対象国の自給率向上、個人の自給自足生活は、

優性思想の国際金融家にとって御法度だ。

 

 

 

 

茶番劇の事件事故テロ戦争などによって、

国際協定、条約、法律、何とか認定とかを

マスゴミで偽世論を捏造し民意を翻弄しながら、

それらを締結させ、手足を縛るが如く、

偽ユダによる日本支配が続いている。

条約・協定や認定は、調印や表彰のような

儀式(合意というイーブン)によって、

彼らの因果応報(見えない意識層のルール・無意識層)の

回避手段なのだろう。 

また、処分品さえ有難がって、相当の対価を支払う

愚客には、あの手この手(マスゴミ・その元手資金)を使ってでも

逃す事はしなかろう。

 

 *************

 

書籍「逝きし世の面影」で知った

幕末迄の日本の真実の姿や心象。

 

明治維新以降、軍事社会・その狂育で

日本人の幸福感は次第に薄れ、

徐々に人々の心や風景、生活が荒んでいったことが分かる。

勤勉さというプロパガンダがネックとなって、

意地と我欲の産物である競争意識が通念となり始め、

他人の苦しみ悲しみは己の悲しみ、という思いやりと真逆の、

他人の苦しみ悲しみが己の優越感になるという、

多くの人の意識が醜く変わってしまった。

 

我慢と恐怖で村意識を巧みに操られ、善良で真面目な国民性

ゆえに勤勉金銭労働は浸透した。

譲る、労る、慮る、心意気、無償さ…、

様々な徳性は失われていった。

代わりにギブアンドテイク思考が根付きはじめた。

(現代に至ってはテイクアンドギブへと成り下がった)

 

また、知的財産を創出する能力にも長けていた、

日本という国家・国民は戦後、偽ユダにとって使い勝手の良い、

‘世界中の貨幣価値の維持装置’と見做され位置付けされ、

利用されてきたであろう。

 

 

開国や戦後という時代の節目ごとに、

日本人は、西洋の物質文明に一般人も指導者権力者も

脅威を感じ、愚直な反省で疑問も浮かばず、

その文化に憧憬さえ抱いてきた。(現代では同化さえ試みる世相だ)

日本の権力者の野心と引替えに彼らの悪魔思想を受入れてしまった。

一般人は、‘見せかけの公明さで、

マスゴミ・国際的というレッテルの有名性、建前の契約や儀式など)

世界を演出して来た人間を未だ崇敬・信頼している。

その存在(偽油田)から、欺かれ続けていることに、

いつになったら日本人は気付くのだろう…。

 

 

 

***********************

 

 

 話は本題に戻るが、

ここ数年は、マスゴミで米油の話題を取り上げたようで、

見直される風潮が起きた。店頭では以前より流通量も増えたのか、

米油が目立つように並んでいる。

が、その話題を取り上げた直後に、福島原発事故があった

記憶を重ねる必要があろう、と。

日本屈指の米どころである。

放射能汚染の可能性が高い米が安価に流通し、

原料にしていることも考えられ得る。

 

 

 

(だからこそ、国内原料調達可能な米油をマスゴミが取り上げたように憶測。

公共放送局が某情報番組で米油を取上げたのは2008年で大震災(2011年)以前だが、

人工地震だろうことを加味すると、それさえも準備されていたのではないか、と

捻くれた疑念を持ってしまう。巧妙さがズバ抜けているヤツラの指図は

抜かりなく完璧だ…)

 

ちなみに、日本でイタリア料理、いわゆるイタ飯ブーム(マスゴミ発)が

起きた(させた)のも、チェルノブイリ原発事故で、

放射能汚染された輸入トマトを日本で消費させるための

プロパガンダだったであろう、と家人が話していた。

 

 

*********************

 

コンビニやスーパーで市販されている一般的な菓子類の

せんべいやあられが、以前はほとんどUSAやタイの輸入米が原料だった。

だが、ここ数年はやたら国産米を売りにしたパッケージが目立つ。

おそらく、米油と同じような事情と思われる。

立入り禁止以外の場所でも汚染の可能性がある産地の米は

原価が安いだろうこと(企業利益率UP)、

原発事故以降の国内調達可能な原料の米糠油や米菓類の製造に関して、

日本人が減少(激減)する恣意を持つ、偽油田には好都合で、

「国内原料による製造品の消費」には珍しく、口を挟んで来ない、

むしろ、奨励している模様だ。

 

  *********************

 

上記内容を踏まえ、偽ユダ、マスゴミの真の目的を鑑みると、

半世紀近く前の事件にも着目したくなった…。

(カネミ油症事件について記されたブログや社会技術論文、Wikipedia等を参考にさせて頂いた)

 

1968年10月4日に大牟田保健所へ食中毒の疑いとして

‘一市民’(被害症状を持つ九電社員)が、申し出たとのこと。

10月10日付、ライスオイルを事件性があるとして、

朝日新聞西部本社版夕刊が初めて取上げた化学性食中毒、

カネミ油症事件だ。

朝日新聞記者の妻の友人にそれらしい病状があり、

訴求を込めての発信であったという。

 

 

この事件は、北九州のカネミ倉庫株式会社が、

商品名“ライスオイル”と称する米油を製造販売。

脱臭工程中、PCB(絶縁油・ポリ塩化ビフェニル)が、

(1881ドイツ初合成/1929USA工業生産/

品名カネクロール400・鐘淵化学製、鐘紡グループ企業)

(1972年行政指導・1973年化学物質の審査及び製造等の規制に

関する法律を制定・発効1975年。日本では2社が製造。

三菱モンサントは1969年製造開始1974年以降も国内生産。

 

食用米油に混入し、約半年もその現場ミスに気付かず、

一般市場へ出荷され売られていった。

その商品を料理に使った家庭で、次々と前例の無い皮膚病や肝臓疾患が

起きている事で、徐々に事件性が明らかになってきた。

西日本でその被害が広がりおよそ1万4千人が被害を訴えた。

死亡50人、被害者認定されたのは顕著な症状の1857人と少ない

 

 

カネミのライスオイル製造工程残渣の油滓や飛沫油を

養鶏(ブロイラー・採卵鶏)の餌としていたそうだが、

事件沙汰になるの半年前の2〜3月。

同時期に製造された油分飼料によって、

(資料により数字が異なる)70万羽中毒・約20万羽死亡、

または、200万羽中毒、約40万羽死亡という大惨事、

‘ダーク油事件’が起きていた。

 

この時点で家畜衛生試験場や福岡肥飼料検査所等の調査が

あったにもかかわらず、PCBが原因とは究明されず、

曖昧なまま事件が収束したという。

 

同年2月以降の約半年間、企業側の問題放置や、

九大病院皮膚科で前例のない症状を訴える

相次ぐ患者ら(同年2月〜10月)に対し、

のらりくらりの診察が続き、被害が広がってしまった

ことが指摘されている。

食用米油が原因と分かるまで、更に成分分析によって

PCBと断定できるまでに半年を要した。

 

現在とは研究設備の背景・企業倫理、

一般常識の違いを加味する必要はあろう。

(被害が累々と堆積した挙げ句のノウハウで、

社会保障や技術、社会システムが作られていく。

複雑化社会の元凶の一因。

 

朝日新聞夕刊(西部本社版)で、事件沙汰となって、

やっと、病院の診療調査や分析研究に本腰を入れ始めた。

きっかけが「新聞」である。

身近な人、直接関わる人の言葉や訴え、実態より、

印刷され公に知れ渡った出来事、事実を根拠としているであろう

‘媒体・メディア’が、信頼の要になる。

確かに、機動力が形作られ多くの人が動き出すには、

まず「知らせる・伝える」という役に立つ道具である。

だが、一方でマスゴミ汚染脳社会の病理とも言える。

 

マスコミへの過剰な信頼感やその威力がかえって、

目の前に在る現実、実態を軽んじる

思考癖・行動パターンが発生する。

余分なフィルターが大多数の人間の無意識に、

覆い被さっている様にも受け取れる。

 

この件が、事件沙汰になる前の経緯や原因究明に

時間のかかり過ぎたこと。製造工程での原因は、

ほぼ確定してはいるが、断定されてはいない。

他にも疑問が浮かんでくる。

 

 

半世紀経った今も被害を抱えた人たちがおられる。

心身の被害は計り知れない。

 

 

よって、安易な推測は許されないかもしれない。

だが、

米油を国内資源で調達し生産させたくない意図が、

この事件の深層にも隠されているのではなかろうか、と…。

 

 

 

 

油  1

 

 

どんなふうに食用油が作られているのか。

天ぷら油ってどうやって作られるの?

サラダ油って何が原料なの?

サラダって?何故、油の名前になっちゃているの?という

素朴な疑問が子供の頃からあった。

 

最近は様々な工業製造品の製造工程についてもネットで手軽に調べられる。

この歳になって、子どもの頃の様々な疑問が解明し納得できて、助かるな…。

よって、ずいぶん前の疑問を解かんとする内容が多いことはご勘弁を。

 

 

 

油を使う料理に、現代日本では一般的に

サラダ油(原料不明_ブレンドだろう)とか、

大豆油(遺伝子組換)、コーン油(遺伝子組換)、キャノーラ油(菜種遺伝子組換)、

菜種油、パーム油、紅花油、ごま油、米油、綿油、グレープシード油、

エコナ(原料不明)、マーガリン(植物油原料・危険説)

ラードやバター…などを使用する。

 

それらが身体に良いとか悪いとか、議論されて久しい。

昨今はオメガ3.6.9や飽和・不飽和脂肪酸というカテゴリーで、

青魚の油とか、アマニ、えごま、オリーブ油などを

良質なもの、と言っている。

 

 

江戸時代の出島から揚げるという調理法が、

日本中に知れ渡っていっただろうことを思うと、

欧州食もその功罪は、計り知れない。

ひと昔前は、徳川家康が天ぷらを嗜好し過ぎた挙げ句に、

病気で亡くなった、という訓戒のような俗説を皆が口にしていた。

戦時中の節約プロパガンダの名残だったのか、

一般人の全うな判断なのか。

 ともかく、加熱した油分があまり身体に良くないことは、

薄々、皆が感じていたからだろう。

 

 

ちなみに、

「アメリカ小麦戦略と日本人の食生活」鈴木猛夫著の抜粋部分。

“さらに戦前まで少なかった油料理を普及させるために

フライパン運動(油いため 運動)を展開し、

油の必要性を強調する栄養指導が熱心に行なわれた。”

とのこと。

 

 

だが、今もって一般消費者には、酸化の問題とか製造工程が危険という

程度しか認識されていない。人体へ悪影響を及ぼすであろう

食用油が市販されて、特に加熱油による揚げ物の

調理法や惣菜、加工食品が蔓延している。

平然と矛盾している市場は、一般人に疑問を与えない。

 

科学技術の進歩と騒ぐわりには、

いつまで経っても決め手となる信頼できる情報は、

食用油に関しても聞こえて来ない。

食した後、体内の変化をすぐ確認できるものでもない。

 

時代を経るごとに、農地拡大やオートメーション化、

運輸整備がなされ、安価になってもいるから、

油分を使った料理は以前にも増して手軽に食べる機会が増えた。

それに追い打ちをかけるような喧伝も著しい昨今。

 

 

この頃は高性能な調理器具や偽ユダ特許テフロン加工パン等で

油を最小限に抑え、揚げ焼きなのか。

「油を少ししか使っていないから、ヘルシーだよね」、

というようなマスゴミ・CMの垂れ流すキャッチコピーよろしく、

皆が決まり文句を口にしながら、揚げ物や炒め物を嬉々として食す。

 

言葉を置き換えれば、大量生産食用油を“少しでも使っているなら”、

ヘルシーではない。ナニ?ヘルシーって。

記号的文言(キャッチコピー)の刷込みで、思考停止の口癖は、

偽共感と偽安心感をもたらす。

要は、実態・現実からの逃避、ゴイム消費社会、村意識の悪習だ。

 

外部、マスゴミからの大量かつ支離滅裂な偽情報(画像映像の影響大)や

偽食狂育で分析や数値化を盲信し、

身体からの実感を受け止める内なる声・感覚が、

鈍り続けている現代日本人。

 

 

マスゴミからのCM映像や店頭に並ぶ商品パッケージの画像で

脳内イメージを支配され、視覚野に刷込まれた偽イメージ快感を

追従するための好奇心に振り回され、

味覚や食感(五感全体)が飼いならされている。

工場製造食品、化学調味料、添加物と共に、

不自然な植物油を摂取し続けている。

 

 

少し考えれば分かるだろう偽装のオリーブ油、大企業擁護の

インチキ特保Eコナなど原料調達や製造工程不明の食用油

健康志向の一般人をも偽健康情報で翻弄し、

病人は増加の一途を辿る。

油分の旨味に魅せられ、嗜好は止まらず食用油常食している

 

すべての生物が全身の各細胞膜からの指令が如く、

脂質や蛋白質を好む性があるから、

油に対する欲望をコントロールし難いのも致し方ないのだろう。

が、故に闇の勢力はそれをよくご存知のようで、

太古の昔の飢餓感の名残として、脂肪や油分を欲してしまうという

曖昧で眉唾な言説を延々と信じ込ませている。

 

ちなみに、油分と言えばカロリーを頭で考えるのが、現代人の常識の

ようだけれども、根拠にはならないかもしれないが、

千島学説・森下医学を知ってから、ワタシはカロリーという考え方に

信憑性を感じなくなった。

 

 

油分を欲するのは、細胞膜の構成要素の不足から、

来るのではないだろうか。(健康について安易な推測を書いては宜しくないのですが…)

 

肝臓に負担を掛けるような薬品・添加物を

口にする程に、細胞を全身に運搬する酵素などの不足、

細胞膜を生み出す材料それらが不足し、体は無意識に補填を欲し、

油分や蛋白質をやみくもに取り込みたい肉体からの衝動を抑えきれず、

脂っこいもの、高蛋白質が食べたくなるのではないか、と。

 

三大栄養素の過度な精製、

大工場生産の加工食品に添加される薬品類、

酸性雨、化学肥料や農薬で微生物は激減、

土壌劣化により、植物に含有される

ミネラルやビタミン・酵素などの細胞形成を

生物にも促す材料も、足りなくなっているだろうな、と。

更には、水の問題もあろうし、酵素を消耗させる

様々な偽食品や放射能も原因になるだろう。

 

要は、油、蛋白質、糖質をよく言われるホール状態、

食べられる全体の形・全体食を頂くのが自然な食の有様だろう。

抽出する油は人間の視点から考えれば酸化など、諸々の問題があり、

植物の側から考えれば、種を搾取された痛みがある。

地球を奪うようにしてしか存在できない、人工の悪徳を思う。

 

飽食時代を謳歌するのが‘人間第一主義’みたいな、

西洋礼賛思想の刷り込みで、摂取しない方がいい油を

大量に安価に製造販売する、多国籍企業&大企業営利の餌食の

一般人が成り続ける。

 

 

スーパー等の量販店をよく観察すると、

偽油田持ち株企業の製品が一般市場で

確実に需要されるように

多国籍企業製品&大企業製品(こちらも最近は偽油田大株主)

大量消費へ仕向けられていることが察知できる。

消費社会の隅々までゴイム生活が浸透し定着し続けるよう、

市場が形成されていることを知る必要があろう、と思う。

 

 

米ぬか油以外の、キャノーラやコーン、大豆等々、

植物油は、輸入に依存することを前提とした食用油

しかも、この20年位はもうほとんど‘遺伝子組換原料’で、

製造されている。

 

 

 

 今年3月に遺伝子組換についての講演会へ行った。

その時、渡されたパンフレットの中に、「日本がゴミ捨て場になる」

という、キャッチコピー(たぶん偽ユダ人発言)が記されていた。

その後、ネットで遺伝子組替え食品の輸入量と認可品目を調べたら、

やはり、世界中で日本が桁外れに、認可の種類が多いことに驚いた。

 

 

 

 

おばさんのテキトーな知恵

 

 

 大根と里芋を一緒に煮るとどちらも早く煮えるのを
経験的に感じる。たぶん、酵素の作用があるのだろう。

ジャガイモが意外にも、昆布との相性が良いようで、
煮物・煮込みに昆布・粉・刻み昆布は、
ジャガイモの旨味がぐっと出て来て美味しくなる気がする。


しょうがとにんにく使いにも、私なりのちょっとした
ヒントがある。

 

大雑把に言うと、

中華料理はにんにくの香りが強く出るよう、

すり下ろす、包丁の腹でつぶす。
しょうがは刻む。

 

イタリア料理なら、にんにくはスライス、
しょうがはあまり登場しないが使う時は、すり下ろす。

カレーのようなインド料理はにんにくはみじん切りで
しょうがはすり下ろす。

 

何が言いたいかというと、ユーラシア大陸の東側の料理は、
しょうがを刻んだ方が料理の味がしっくりくる。
西側の料理はにんにくをスライスにした料理で味が整う。

 

丁度、真ん中辺りの、
インドはそれより東のアジア圏より西側の影響の味が含まれている。

東側のタイ料理やベトナム料理は、
やっぱり中華に近い風味で、
しょうがやにんにく使いは中華料理と似ているように思う。

 

中東料理は2、3回程しか食べた事がないから、
何とも言えないのだけれども。
おそらく何と言っても、豊富なスパイス、ハーブが
風味を彩るだろうから、しょうがやにんにくも
その中のひとつという感じだろうか。

 

料理は元来、口伝だ。

昔から皆が地元で採れた食材を調理して、

食べて来たものが地域で作り続けられる。

そこにしかない風土・地形や気候、様々な自然の特性。

それが生物の個性・食の特徴を育んでもいるだろう。

風土に添って、理に適っていたから、

今日の私たちが存在できて来たのだろう。

(もう現代はヤツラの思惑通り、崩壊だ。。。)

 

 


人が移動する時、新たな料理が生まれたのだろうか。

切り方ひとつでも、歴史や人々の流れがあるような

気もしたりして。

各地域の個性は、時間・長い時代が

育んで来たんだなぁ、と。

 

 

中華料理を作る時に、しょうがをうっかりすり下ろすと、
どうも味が決まらない。

 

イタリア料理を作る時に、にんにくをすり下ろすと、
にんにくの良い香りが楽しめない。

 

で、日本料理と言えば、

いつからしょうがやにんにくを

使うようになったのか知らないが。
それらは薬味として、
毒消し臭み消しに昔から使われているなぁ、と。

 

 

 

大陸の地図を思い浮かべながら、

植物の旅、植物たちの意志伝言(ちょっと謎めいている)。。。

食材たちの出会い・伝承を

想像するのも、料理を体得するのにちょっとは役に立つかな?と

老婆心で思うこの頃。

 

私の思いつきと経験上のしょうがやにんにく使いを

本物の料理を知っている人が、

聞いたら一笑に伏されるだろう、

テキトーな経験論を書いてみた。

 

中華・タイ・インド・イタリア…どこそこ料理、と

言ったって、

所詮ワタシが作るのは、「擬き」であることを

先に伝えるべきだった。_ _;ょ。(苦笑)

 

 

 

 眠ってらんない…

 


幼い頃に疑問に思っていた事が、
大人になって分かったことを書き留めたく。

 


ワタシは、悪戯珍事件主犯に加え、何処ででも、

すぐ眠ってしまう夢遊病状態の幼児だった。(ちょっと盛ってる?・笑)

「この前も“こんなところ”(思いがけない所)で眠っていたよ。」と、
家族の笑い話に、事欠かなかったのを覚えている。


ところで、その頃、誰に買い与えたのか知らないが、
家に「眠れる森のβ女」の絵本があり、お気に入りでよく見ていた。
眠る事そのものが、好きとか嫌いとか特技!?…の
自身に気付く以前の無意識の年頃にしても、
物語の中で、国中の人々、生き物すべてが百年間も、
眠ってしまった!という光景に魅せられ、うっとり…。
ってな妄想は、居眠り童子の証か。
ワタシだけじゃないんだ〜みたいな?!
卑近な安心感もあってか。(笑)

 


(それにしても、昨今は物質環境の飽和状態極まってか、
生理現象についてまで、好き嫌い得て不得手という基準は何?ですかね。。。)

 

それはさておき。
家にあったそれは、いわゆるねずニー絵本だった。
輪郭線がはっきりし、単純で明解なイラストに惹かれたのもあった。

 

(惹かれてしまう理由もワタシの本性に由来するだろうかな…!?
あながち偽世界が嫌いでもないんだろう。

怖いもの見たさに加えて、輪郭線好きや女性特有の、深層心理の顕われだろう。

ある意味では役に立つなっ。)

 

で、
物語に加え、その幼児向けの劇画タッチな構図もかなりお気に入りだったと思う。
だが、幼心に頭の片隅で、ねずニーのお話に「眠れる森のβ女」があるのが
ぼんやりとだが、合点がいかなかった。

ねずニーはU.S.Aが発祥ということは承知していた。
当時建国200年と騒いでいた。
王国ではないというのに、王様やお姫様がいる国の
物語がU.S.A由来のねずニー絵本に
あるのはなぜだろうか?と。

更に、古の物語にしてはマンガみたいな絵で

変だな、とも感じていた。

 

 

大家族で大人の会話が多い家庭に育った私は、
耳年増のところがあって、幼稚園、小学低学年の頃から
社会について思いを馳せることがあった記憶。

が、さすがに侵略や革命やらの歴史的経緯なんぞ知らんから、
漠然とした疑問を持った訳である。

 

その絵本は好きではあるけれど、
物語そのものに「本物」とか「原作」「源流」という印象はなく、
「借り物」…偽物の、雰囲気も感じていた。

 

神話、民話や伝説の物語には、どこから発祥したのか、誰が生み出しのか。
出典は全てが明確でなくとも、歴史的な背景を感じられるから、
想像が豊かに膨らむのであって、ねずニー絵本の場合は、
歴史に裏打ちされた源流、本質が無いことを子どもなりに嗅ぎ取って
「偽物、借り物的」と感じていた気がする。
陶酔はできても、奥行きがない…という感じ。


当時のワタシには「リメイク」の概念はなかった。
ヨーロッパの民話が発祥で、グリム童話として「いばら姫」の更なる
リメイクであることは後年に理解したのだが、
本家ストーリーから、うまいこと作り替えてあることも後に知り、

愕然とし借り物の印象は一層、強くなった。

 

その絵本に出会ったのは幼稚園の頃だったから、

当時は、大人に自分の疑問を伝える言葉も見つからず、
ずっとぼんやり疑問が頭の片隅にあった。
おそらく、親に「是々然々で疑問だが、何故だ」と聞けば、
ヨーロッパのいばら姫という話をねずニーが、
絵本に作り‘変えた’んだよ、と説明してくれたかもしれない。
が、是々然々ができなかったのは、
今思えば、大事な要素だった気もする。

 

 

本物から流用した「おとぎ話」であるが、
出典、原点、源流を感じないよう‘閉ざす’「何か」。
刺激的で魅力的な演出、華やかさ、
溢れんばかりのサービス精神とエンターティナー性で、
核心を遠ざける「何か」。
借り物的な感じ、本物風なんだけど何かの違和感は、
無意識の中にはあるけれど、自覚ができないところを
巧みに商業利用されている感じが、大人になってやっと分かった。


結論から言えば、それは偽ユダ勢力の
民族性の破壊が目的であり、ピラミッド型社会の強化、
人類ルーツの壮大な改竄であり。

更にB層下部は切捨…B層上部ロボ化の末火星に引っ越し計画があろう。(追記) 

 

偽ユダの哀しき野望が、
有史以来(古代)、中世から現代社会にかけ、
その目的が、一般人の生活の細部にまで

ちりばめられているのだ、と…。

(この辺からは。。。
推察を書きたいのは山々だが、凡人のワタシには
確認しようもゴザイマセンガ、UFOにまで話が及ぶ
トンデモにナリマスノデ割愛シマス。)

 

 

幼心に、ねずニー絵本の借り物的空気を感じる物差しは、
ワタシにとっては要の基準であったようだ。

 

それは小学低学年の頃にも感じて印象に残っている記憶のこと。
親の用事で一緒についていった当時の郵便局や役所には、
商業的な空気とは違って、質素で素朴な建物や職員から

営利目的ではない信頼感を感じ取っていた。

こんな些細な場面のことだが、
共産圏崩壊になった‘させられた’ 訳を垣間みる気がする。 

 

〜(カネによるサービス(偽サービス)過剰の現代から見れば、

昔の公務員らの融通の利かなさ・無愛想さや怠慢さが、妙に懐かしい。

親方日の丸、税金を後ろ盾に威張ってはいたが、偽善ではなかったことを思う。

‘動物園’の生物らしさか。(苦笑) 

 

「サービス精神」は大切だが、カネを介在してのそれは、

労働側の偽善の笑顔と、消費側の不審感の無自覚ゆえ、

両者ともに精神が疲弊・荒廃する、偽サービス過剰の現代社会。

調教されてしまった欧州発祥サーカス動物の悲哀に似ている。<追記>

 

 

それとは対照的に、お客をカネの多寡で値踏みして態度が変わる、
究極の商業主義を漂わせる偽りの空気感に、全く信用ならない…のが、
銀行であり保険会社や証券会社への子どもなりの不審な印象だった。

民間金融企業の看板・建物を目にする度、

心の中でいつもブツクサ浮かんでくる言葉は、

「他人のフンドシ(カネ)で相撲(商売)とってさッ…。
市街の一等地を席巻している儲かり具合は一体何なんだ?」と。
「そんな会社の人間が威張っていられるとは…、
この世の中は逆さまだな…。」てなことを
子どもの頃、生意気にも思っていたのである。(今もって生意気さは健在ダ…。)

 


大企業活動の実態は、大衆のエネルギーを吸い上げ
紙幣に価値を保ち続けさせ、その産物、利益を闇勢力(国際金融資本家)へ
上納する仕組みがあることは、今となっては当然だろうことは分かる。

更に言えば、郵便局も国鉄電電公社も専売公社も道路公団も…
営利目的ではない互助的な国営機関で、
マネーの力では築くことができない、大衆からの信頼感や、
潤沢な税金の力で、国民側に向って育て上げ熟しきった、
母性社会日本の至高!?の賜物(精密に構築された日本独特の公の真心)

マスゴミの公務員や政治家の一過的で浅薄なスキャンダルバッシング’と

共に、偽ユダ勢力は、絶妙な時期に、

国民の民意・風潮・噂話をコントロールし大義よろしく、

国家権力の怠慢を盾に民営化と称し、、、

ちゃっかり大株主として横取りして、、、

こっそり国家体力を削ぎ落とし解体するという…。

(‘TVニュース新聞一面記事’の悪徳さに大概に気付や×。B層!と、

ぼやきたくなるゼッ。‘街のインタビュー’も肝心な発言はやらせですから。。。)

 

 


まあ、資本家万歳の油田論理が社会を長年掌握しているのだから、
もう、どうしようもない。
ヤツラにとっての本丸に突入した今日頃。
全貌が露になりつつある。

 

 


話はそれたが、ねずニーのメッセージは平和とか人類愛。

…に見えるが、実際は、ヒロイズム・選民志向、上昇志向、

二元論思考・勧善懲悪、優性思想と人種差別、
物欲などを網羅した、幼児への啓蒙であり、深刻だ…、と感じる。


2年程前に何故だか気になって、M☆ーズインク3を見たが、
コレが、子どもに向けての映画か?と思う

場面(じめじめしたイジメ)があって、
やっぱりおかしいな、と思った次第。
(深層は制作側の怯えの象徴とも取れるシーンだったが。)

 

ねずニーのように、スタンダードさ、本物を装っての究極の商業主義は、
幼児の柔らかい脳、幼児に蓄積されていく観念から、

真偽を嗅ぎ分ける心眼を攪乱させ、

生物の直感力を壊していく気がする。

 

 

多くの人が知っているから良い(のだろう)、
多くのところに映像や音楽があるから素晴らしい(のだろう)、
ずいぶん前から皆が知っているから信用できる(のだろう)、

施設が立派だ、大勢が働いている、大きいんだから安心(だろう)、
品質が良い、クオリティガ高イから云々、…本物(だろう)。
サービスが行き届いているから大丈夫…(だろう)。

 


が、すべてはカネ・消費ありきで、互いの信用が成立する。

それを信頼に値すると見せかけた偽理想と、

まっとうな精神性(自然のような無償さや主体性。生物の有様)とを

はき違えさせ、スタンダード、本物風に成りすましていく。

 


民営化されてしまった、JP、JR、NTT、JT…も、
同じ手法が末端に顕われている。

 

商業主義の極みは、本物風、体制側の(偽)善意と共に、
皆が、知っている言っているから、というコモンセンスが隠れ蓑だ。
大衆の根拠の無い「漠然とした偽の信頼感」が重要だ。

 


現代社会は、完全商業主義へ向っている過渡期。

ギブアンドテイクが大原則。
国家崩壊で人類単純化で偽ワンワールド化。

 

大衆は同じ物同じ事同じ思考で、
カネをめがけ努力を惜しまないテイク、

虚の価値を操るヤツラは自動操縦で即物的なギブ。

 

現在予測できる商業主義の果ては、
ブロックチェーンでありマイクロチップ…大衆白痴化、ロボット化。
全ては、ヒラケゴマよろしく、ボタン操作の虚の魔界

 


信頼と信用という言葉の違いをワタシなりに解釈すると、
信頼とは相手(人だけでなく生物全体)の本音を感じ取って、
委ねたり譲ったりの心の有り様、

想像力や主体性があってのことと思う。

元来、生物に具わっている心根。

 

信用とは、目に見える予測可能な範囲の
安全確保を互いができる…、という
「即物的」な人間社会に限定された契約を指している、と思う。

 

 

右肩上がりの競争社会、資本主義の限界の突破口として、
最近、流行の仮想通貨やらその先のブロックチェーンの構築は、
‘即物的な信用’を求めての近未来のビジョンであり、
頑なワタシはそれをまったく信頼しない。

 


カネを介さないと成り立たない、

ギブアンドテイク思考中心の現在の社会に、

延々と違和感がある。閉塞感がある。

即物的ではない意識へと向う、
未来の世界へワタシは思いを馳せる。

 

 

**********************

 


そろそろ、
資本主義、商業主義が、人間にとって借り物、偽物でしか

有り得ないことを自覚した方がいいのじゃないか、と

またまた生意気なことを思う。

 

 

カネを持っていない者には、人道も人権も無い拝金社会の暴走。
弱い存在を軽視、排他し、弱い存在はヒロイズムを

満たす為の惨めな道具と化す。

(日本では、カネが大量に流通するようになった、

明治維新以降、約150年前から同じ事を繰り返し、更に悪化している昨今。

そして最大の犠牲は、地球や人間以外の生物が負い続けている。

 

 

**************

 


欧州系団体が貧しい黒人やアジア人へ多大なる支援を通じ、
欧州系は立派、信頼できるという西洋礼賛イメージが刷込まれている。

およそ500年前、中世大航海時代に彼ら先祖は、
凄惨な略奪行為で破壊した、他の国々を今更に、欧州系中心の
国際人道支援団体がアピールかぃ、と。
欧州系は献身的ですごい…ね、みたいな…。

この風潮、どうなんだぃ?と。

 (で、実態は悪意支援なんだょ、、、)

 

 *********

 

本物は商業活動はいらない。
偽物は商業的にならざるを得ない。


いづれ飽きられるから。
忘れ去られるから。

嘘だから。

時間だけは正直だからこそ。

 

繰り返し繰り返し定期的に、宣伝する商品、

また文化や学術的な理論にしろ、人名にしろ、
あらゆる宣伝的要素でマスゴミから世の中に忘れ去られないように、

繰り返し、度々に流される情報は、偽物を本物のように思わせる、

見せかけるために飽くなき喧伝の努力が必要なのだと思う。

(情報や物理的な)大量さ、量や回数の威力で、

本物・本質を凌駕し、隠蔽する。

 


だからこそ、宣伝していない、

ダサいとか、地味なことやもの、

マイナーさや少量が、実は本物、本質だったり。

 


この世界には本物を見つける、

本質を嗅ぎ分ける内なるアンテナが要る。
汚染脳の海に浸かる99%の人類にとって、

それより他に、武器は見つからない。

 

が、その意識さえ破壊しようとする、

水道水にフッ素化合物混入で松果体破壊やら神経毒の甘味料、

遺伝子組替食品で腸を破壊し…。

現代生活の常識全てが汚染脳だ。

やれやれである。

 

 **************

 

ねずニーのブランドが様々な童話の
リメイクで、原作の真意やメッセージは、

かき消され、巧みに童話の趣旨を
優性学や「ピラミッド型」社会に。

血(偽)族的選民とその他、富者と貧者・勝者と敗者、

1%の選民VS競争社会を強固化する
プロパガンダに塗り替えられ、子どもたちへの混乱に
一役買い続けていることが、今ではわかる。

 

子どもの育っていく脳(特に三歳迄)に蓄積されていく

潜在意識(脳細胞幹線の草創期)に、

どのようなイメージを与えるかは、
親の心眼、真偽を嗅ぎ分ける能力・思慮深い判断に

かかっているとも言える。

 

 

現代日本社会でのねずニー世界観は根底で支配するヤツらの

優性学・選民思想を無意識に無防備に受入れさせる土壌を作っている。

繰り返される子ども達(特に母となるであろう女性の将来)の‘偽’夢の量産が、

起因していることだろう。

 

 ****************

 

 

百年眠る話には、かなり魅せられたが、あのネズみ氏を
一度もかわいいと思ったことがない。
子どもの頃、好きになろうとしたことさえあったが(何でだ?!)
全くぴんとくるものがなく、

訳の分からない努力は止めた。(当たり前だ…)

物語性がいっこうに見当たらず(コアなるお話がない)。

 

ミーハーのワタシなりに、

スヌーピーやフレックスは、形や雰囲気が美しく感じたり、

トムとジェリーのアニメは、

あっけらかんとした残酷さが強烈で面白く、

自然と惹かれたがなぁ。。。

 

 

 

1920年代。フレックスザキャットの

酷似のサブキャラクターをねずニースタジオは、
イラストと実写融合の斬新な技術でアニメに登場させヒット中に、
フレックスの作者の抗議で、

そのサブキャラを止めざるを得なかったそうだ。
その改訂版があのネズみ氏であることを知って、
なるほど、ワタシはフレックスの方が、
好きだった訳に納得。(自慢カヨ・・;)


今回、フレックスについてはネット情報を参考にさせて頂いた。
ずいぶん前に、古いねずニーアニメに、フレックスみたいなのが
登場するのに、キャラグッズ業界では、


なぜ、フィリックスは孤高の商品なのだろうか?

なぜ、Feリックスのグッズに年号が、

はっきり書かれているのだろうか?と。

フィリックスはネズみ氏のパクリなのだろうか?と、
思っていたら、逆だった。
Feリックスが本家ということで、やっと合点がいった。


そんな経緯で、ねずニーが‘著作権’命になる理由が、油田の
大切な信条である(数十)倍返しになることも分かった。
世の中、いろんなことがあるんだなぁ。。。

 

まあ、ねずニー家元のお国ではお子様ワールドとして扱われ、

大人達はあまり重視していないようだ。

ん十年前、本家ランドへ観光で訪れたことが あるが、静かなものだった。

ねずミ氏率いる大勢のファンタジーファンには、

失礼な文章表現ではあったが、結局、日本人消費はドル箱だ。

 

ともあれ日本(もともと平面的な表現の国だから)以外で、

子どものファンタジーやアニメーションの社会的地位を押し上げたのは、

ねずニーのマネジメントも貢献した面があるだろう。

やっぱ共存共栄なんだな…。

 

 

 

十数年前に、ラジオで聞いた話。
(記憶がぼんやりだったから、詳細は今回ネットで調べた。)
USAの法律では著作権期限が75年までとなってたが、
当時ねずニーの著作権が切れる直前に、

90年に延長する法案が可決されたという経緯を知った。
仕方ないよな…。

確かに大きな収入源だもんな…。

うるる〜泣ける茶番劇だ。

(民族性破壊や人類ルーツ改竄の為の…)