ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

おばさんのテキトーな知恵

 

 

 大根と里芋を一緒に煮るとどちらも早く煮えるのを
経験的に感じる。たぶん、酵素の作用があるのだろう。

ジャガイモが意外にも、昆布との相性が良いようで、
煮物・煮込みに昆布・粉・刻み昆布は、
ジャガイモの旨味がぐっと出て来て美味しくなる気がする。


しょうがとにんにく使いにも、私なりのちょっとした
ヒントがある。

 

大雑把に言うと、中華料理はにんにくをすり下ろし、
しょうがは刻む。

イタリア料理なら、にんにくはスライス、
しょうがはあまり登場しないが使う時は、すり下ろす。

カレーのようなインド料理はにんにくはみじん切りで
しょうがはすり下ろす。

 

何が言いたいかというと、ユーラシア大陸の東側の料理は、
しょうがを刻んだ方が料理の味がしっくりくる。
西側の料理はにんにくをスライスにした料理で味が整う。

 

丁度、真ん中辺りの、
インドはそれより東のアジア圏より西側の影響の味が含まれている。

東側のタイ料理やベトナム料理は、
やっぱり中華に近い風味で、
しょうがやにんにく使いは中華料理と似ているように思う。

 

中東料理は2、3回程しか食べた事がないから、
何とも言えないのだけれども。
おそらく何と言っても、豊富なスパイス、ハーブが
風味を彩るだろうから、しょうがやにんにくも
その中のひとつという感じだろうか。

 

料理は元来、口伝だ。

昔から皆が地元で採れた食材を調理して、

食べて来たものが地域で作り続けられる。

そこにしかない風土・地形や気候、様々な自然の特性。

それが生物の個性・食の特徴を育んでもいるだろう。

風土に添って、理に適っていたから、

今日の私たちが存在できて来たのだろう。

(もう現代はヤツラの思惑通り、崩壊だ。。。)

 

 


人が移動する時、新たな料理が生まれたのだろうか。

切り方ひとつでも、歴史や人々の流れがあるような

気もしたりして。

各地域の個性は、時間・長い時代が

育んで来たんだなぁ、と。

 

 

中華料理を作る時に、しょうがをうっかりすり下ろすと、
どうも味が決まらない。

 

イタリア料理を作る時に、にんにくをすり下ろすと、
にんにくの良い香りが楽しめない。

 

で、日本料理と言えば、

いつからしょうがやにんにくを

使うようになったのか知らないが。
それらは薬味として、
毒消し臭み消しに昔から使われているなぁ、と。

 

 

 

大陸の地図を思い浮かべながら、

植物の旅、植物たちの意志伝言(ちょっと謎めいている)。。。

食材たちの出会い・伝承を

想像するのも、料理を体得するのにちょっとは役に立つかな?と

老婆心で思うこの頃。

 

私の思いつきと経験上のしょうがやにんにく使いを

本物の料理を知っている人が、

聞いたら一笑に伏されるだろう、

テキトーな経験論を書いてみた。

 

中華・タイ・インド・イタリア…どこそこ料理、と

言ったって、

所詮ワタシが作るのは、「擬き」であることを

先に伝えるべきだった。_ _;ょ。(苦笑)

 

 

 

 眠ってらんない…

 


幼い頃に疑問に思っていた事が、
大人になって分かったことを書き留めたく。

 


ワタシは、悪戯珍事件主犯に加え、何処ででも、

すぐ眠ってしまう夢遊病状態の幼児だった。(ちょっと盛ってる?・笑)

「この前も“こんなところ”(思いがけない所)で眠っていたよ。」と、
家族の笑い話に、事欠かなかったのを覚えている。


ところで、その頃、誰に買い与えたのか知らないが、
家に「眠れる森のβ女」の絵本があり、お気に入りでよく見ていた。
眠る事そのものが、好きとか嫌いとか特技!?…の
自身に気付く以前の無意識の年頃にしても、
物語の中で、国中の人々、生き物すべてが百年間も、
眠ってしまった!という光景に魅せられ、うっとり…。
ってな妄想は、居眠り童子の証か。
ワタシだけじゃないんだ〜みたいな?!
卑近な安心感もあってか。(笑)

 


(それにしても、昨今は物質環境の飽和状態極まってか、
生理現象についてまで、好き嫌い得て不得手という基準は何?ですかね。。。)

 

それはさておき。
家にあったそれは、いわゆるねずニー絵本だった。
輪郭線がはっきりし、単純で明解なイラストに惹かれたのもあった。

 

(惹かれてしまう理由もワタシの本性に由来するだろうかな…!?
あながち偽世界が嫌いでもないんだろう。

怖いもの見たさに加えて、輪郭線好きや女性特有の、深層心理の顕われだろう。

ある意味では役に立つなっ。)

 

で、
物語に加え、その幼児向けの劇画タッチな構図もかなりお気に入りだったと思う。
だが、幼心に頭の片隅で、ねずニーのお話に「眠れる森のβ女」があるのが
ぼんやりとだが、合点がいかなかった。

ねずニーはU.S.Aが発祥ということは承知していた。
当時建国200年と騒いでいた。
王国ではないというのに、王様やお姫様がいる国の
物語がU.S.A由来のねずニー絵本に
あるのはなぜだろうか?と。

更に、古の物語にしてはマンガみたいな絵で

変だな、とも感じていた。

 

 

大家族で大人の会話が多い家庭に育った私は、
耳年増のところがあって、幼稚園、小学低学年の頃から
社会について思いを馳せることがあった記憶。

が、さすがに侵略や革命やらの歴史的経緯なんぞ知らんから、
漠然とした疑問を持った訳である。

 

その絵本は好きではあるけれど、
物語そのものに「本物」とか「原作」「源流」という印象はなく、
「借り物」…偽物の、雰囲気も感じていた。

 

神話、民話や伝説の物語には、どこから発祥したのか、誰が生み出しのか。
出典は全てが明確でなくとも、歴史的な背景を感じられるから、
想像が豊かに膨らむのであって、ねずニー絵本の場合は、
歴史に裏打ちされた源流、本質が無いことを子どもなりに嗅ぎ取って
「偽物、借り物的」と感じていた気がする。
陶酔はできても、奥行きがない…という感じ。


当時のワタシには「リメイク」の概念はなかった。
ヨーロッパの民話が発祥で、グリム童話として「いばら姫」の更なる
リメイクであることは後年に理解したのだが、
本家ストーリーから、うまいこと作り替えてあることも後に知り、

愕然とし借り物の印象は一層、強くなった。

 

その絵本に出会ったのは幼稚園の頃だったから、

当時は、大人に自分の疑問を伝える言葉も見つからず、
ずっとぼんやり疑問が頭の片隅にあった。
おそらく、親に「是々然々で疑問だが、何故だ」と聞けば、
ヨーロッパのいばら姫という話をねずニーが、
絵本に作り‘変えた’んだよ、と説明してくれたかもしれない。
が、是々然々ができなかったのは、
今思えば、大事な要素だった気もする。

 

 

本物から流用した「おとぎ話」であるが、
出典、原点、源流を感じないよう‘閉ざす’「何か」。
刺激的で魅力的な演出、華やかさ、
溢れんばかりのサービス精神とエンターティナー性で、
核心を遠ざける「何か」。
借り物的な感じ、本物風なんだけど何かの違和感は、
無意識の中にはあるけれど、自覚ができないところを
巧みに商業利用されている感じが、大人になってやっと分かった。


結論から言えば、それは偽ユダ勢力の
民族性の破壊が目的であり、ピラミッド型社会の強化、
人類ルーツの壮大な改竄であり。

更にB層下部は切捨…B層上部ロボ化の末火星に引っ越し計画があろう。(追記) 

 

偽ユダの哀しき野望が、
有史以来(古代)、中世から現代社会にかけ、
その目的が、一般人の生活の細部にまで

ちりばめられているのだ、と…。

(この辺からは。。。
推察を書きたいのは山々だが、凡人のワタシには
確認しようもゴザイマセンガ、UFOにまで話が及ぶ
トンデモにナリマスノデ割愛シマス。)

 

 

幼心に、ねずニー絵本の借り物的空気を感じる物差しは、
ワタシにとっては要の基準であったようだ。

 

それは小学低学年の頃にも感じて印象に残っている記憶のこと。
親の用事で一緒についていった当時の郵便局や役所には、
商業的な空気とは違って、質素で素朴な建物や職員から

営利目的ではない信頼感を感じ取っていた。

こんな些細な場面のことだが、
共産圏崩壊になった‘させられた’ 訳を垣間みる気がする。 

 

〜(カネによるサービス(偽サービス)過剰の現代から見れば、

昔の公務員らの融通の利かなさ・無愛想さや怠慢さが、妙に懐かしい。

親方日の丸、税金を後ろ盾に威張ってはいたが、偽善ではなかったことを思う。

‘動物園’の生物らしさか。(苦笑) 

 

「サービス精神」は大切だが、カネを介在してのそれは、

労働側の偽善の笑顔と、消費側の不審感の無自覚ゆえ、

両者ともに精神が疲弊・荒廃する、偽サービス過剰の現代社会。

調教されてしまった欧州発祥サーカス動物の悲哀に似ている。<追記>

 

 

それとは対照的に、お客をカネの多寡で値踏みして態度が変わる、
究極の商業主義を漂わせる偽りの空気感に、全く信用ならない…のが、
銀行であり保険会社や証券会社への子どもなりの不審な印象だった。

民間金融企業の看板・建物を目にする度、

心の中でいつもブツクサ浮かんでくる言葉は、

「他人のフンドシ(カネ)で相撲(商売)とってさッ…。
市街の一等地を席巻している儲かり具合は一体何なんだ?」と。
「そんな会社の人間が威張っていられるとは…、
この世の中は逆さまだな…。」てなことを
子どもの頃、生意気にも思っていたのである。(今もって生意気さは健在ダ…。)

 


大企業活動の実態は、大衆のエネルギーを吸い上げ
紙幣に価値を保ち続けさせ、その産物、利益を闇勢力(国際金融資本家)へ
上納する仕組みがあることは、今となっては当然だろうことは分かる。

更に言えば、郵便局も国鉄電電公社も専売公社も道路公団も…
営利目的ではない互助的な国営機関で、
マネーの力では築くことができない、大衆からの信頼感や、
潤沢な税金の力で、国民側に向って育て上げ熟しきった、
母性社会日本の至高!?の賜物(精密に構築された日本独特の公の真心)

マスゴミの公務員や政治家の一過的で浅薄なスキャンダルバッシング’と

共に、偽ユダ勢力は、絶妙な時期に、

国民の民意・風潮・噂話をコントロールし大義よろしく、

国家権力の怠慢を盾に民営化と称し、、、

ちゃっかり大株主として横取りして、、、

こっそり国家体力を削ぎ落とし解体するという…。

(‘TVニュース新聞一面記事’の悪徳さに大概に気付や×。B層!と、

ぼやきたくなるゼッ。‘街のインタビュー’も肝心な発言はやらせですから。。。)

 

 


まあ、資本家万歳の油田論理が社会を長年掌握しているのだから、
もう、どうしようもない。
ヤツラにとっての本丸に突入した今日頃。
全貌が露になりつつある。

 

 


話はそれたが、ねずニーのメッセージは平和とか人類愛。

…に見えるが、実際は、ヒロイズム・選民志向、上昇志向、

二元論思考・勧善懲悪、優性思想と人種差別、
物欲などを網羅した、幼児への啓蒙であり、深刻だ…、と感じる。


2年程前に何故だか気になって、M☆ーズインク3を見たが、
コレが、子どもに向けての映画か?と思う

場面(じめじめしたイジメ)があって、
やっぱりおかしいな、と思った次第。
(深層は制作側の怯えの象徴とも取れるシーンだったが。)

 

ねずニーのように、スタンダードさ、本物を装っての究極の商業主義は、
幼児の柔らかい脳、幼児に蓄積されていく観念から、

真偽を嗅ぎ分ける心眼を攪乱させ、

生物の直感力を壊していく気がする。

 

 

多くの人が知っているから良い(のだろう)、
多くのところに映像や音楽があるから素晴らしい(のだろう)、
ずいぶん前から皆が知っているから信用できる(のだろう)、

施設が立派だ、大勢が働いている、大きいんだから安心(だろう)、
品質が良い、クオリティガ高イから云々、…本物(だろう)。
サービスが行き届いているから大丈夫…(だろう)。

 


が、すべてはカネ・消費ありきで、互いの信用が成立する。

それを信頼に値すると見せかけた偽理想と、

まっとうな精神性(自然のような無償さや主体性。生物の有様)とを

はき違えさせ、スタンダード、本物風に成りすましていく。

 


民営化されてしまった、JP、JR、NTT、JT…も、
同じ手法が末端に顕われている。

 

商業主義の極みは、本物風、体制側の(偽)善意と共に、
皆が、知っている言っているから、というコモンセンスが隠れ蓑だ。
大衆の根拠の無い「漠然とした偽の信頼感」が重要だ。

 


現代社会は、完全商業主義へ向っている過渡期。

ギブアンドテイクが大原則。
国家崩壊で人類単純化で偽ワンワールド化。

 

大衆は同じ物同じ事同じ思考で、
カネをめがけ努力を惜しまないテイク、

虚の価値を操るヤツラは自動操縦で即物的なギブ。

 

現在予測できる商業主義の果ては、
ブロックチェーンでありマイクロチップ…大衆白痴化、ロボット化。
全ては、ヒラケゴマよろしく、ボタン操作の虚の魔界

 


信頼と信用という言葉の違いをワタシなりに解釈すると、
信頼とは相手(人だけでなく生物全体)の本音を感じ取って、
委ねたり譲ったりの心の有り様、

想像力や主体性があってのことと思う。

元来、生物に具わっている心根。

 

信用とは、目に見える予測可能な範囲の
安全確保を互いができる…、という
「即物的」な人間社会に限定された契約を指している、と思う。

 

 

右肩上がりの競争社会、資本主義の限界の突破口として、
最近、流行の仮想通貨やらその先のブロックチェーンの構築は、
‘即物的な信用’を求めての近未来のビジョンであり、
頑なワタシはそれをまったく信頼しない。

 


カネを介さないと成り立たない、

ギブアンドテイク思考中心の現在の社会に、

延々と違和感がある。閉塞感がある。

即物的ではない意識へと向う、
未来の世界へワタシは思いを馳せる。

 

 

**********************

 


そろそろ、
資本主義、商業主義が、人間にとって借り物、偽物でしか

有り得ないことを自覚した方がいいのじゃないか、と

またまた生意気なことを思う。

 

 

カネを持っていない者には、人道も人権も無い拝金社会の暴走。
弱い存在を軽視、排他し、弱い存在はヒロイズムを

満たす為の惨めな道具と化す。

(日本では、カネが大量に流通するようになった、

明治維新以降、約150年前から同じ事を繰り返し、更に悪化している昨今。

そして最大の犠牲は、地球や人間以外の生物が負い続けている。

 

 

**************

 


欧州系団体が貧しい黒人やアジア人へ多大なる支援を通じ、
欧州系は立派、信頼できるという西洋礼賛イメージが刷込まれている。

およそ500年前、中世大航海時代に彼ら先祖は、
凄惨な略奪行為で破壊した、他の国々を今更に、欧州系中心の
国際人道支援団体がアピールかぃ、と。
欧州系は献身的ですごい…ね、みたいな…。

この風潮、どうなんだぃ?と。

 (で、実態は悪意支援なんだょ、、、)

 

 *********

 

本物は商業活動はいらない。
偽物は商業的にならざるを得ない。


いづれ飽きられるから。
忘れ去られるから。

嘘だから。

時間だけは正直だからこそ。

 

繰り返し繰り返し定期的に、宣伝する商品、

また文化や学術的な理論にしろ、人名にしろ、
あらゆる宣伝的要素でマスゴミから世の中に忘れ去られないように、

繰り返し、度々に流される情報は、偽物を本物のように思わせる、

見せかけるために飽くなき喧伝の努力が必要なのだと思う。

(情報や物理的な)大量さ、量や回数の威力で、

本物・本質を凌駕し、隠蔽する。

 


だからこそ、宣伝していない、

ダサいとか、地味なことやもの、

マイナーさや少量が、実は本物、本質だったり。

 


この世界には本物を見つける、

本質を嗅ぎ分ける内なるアンテナが要る。
汚染脳の海に浸かる99%の人類にとって、

それより他に、武器は見つからない。

 

が、その意識さえ破壊しようとする、

水道水にフッ素化合物混入で松果体破壊やら神経毒の甘味料、

遺伝子組替食品で腸を破壊し…。

現代生活の常識全てが汚染脳だ。

やれやれである。

 

 **************

 

ねずニーのブランドが様々な童話の
リメイクで、原作の真意やメッセージは、

かき消され、巧みに童話の趣旨を
優性学や「ピラミッド型」社会に。

血(偽)族的選民とその他、富者と貧者・勝者と敗者、

1%の選民VS競争社会を強固化する
プロパガンダに塗り替えられ、子どもたちへの混乱に
一役買い続けていることが、今ではわかる。

 

子どもの育っていく脳(特に三歳迄)に蓄積されていく

潜在意識(脳細胞幹線の草創期)に、

どのようなイメージを与えるかは、
親の心眼、真偽を嗅ぎ分ける能力・思慮深い判断に

かかっているとも言える。

 

 

現代日本社会でのねずニー世界観は根底で支配するヤツらの

優性学・選民思想を無意識に無防備に受入れさせる土壌を作っている。

繰り返される子ども達(特に母となるであろう女性の将来)の‘偽’夢の量産が、

起因していることだろう。

 

 ****************

 

 

百年眠る話には、かなり魅せられたが、あのネズみ氏を
一度もかわいいと思ったことがない。
子どもの頃、好きになろうとしたことさえあったが(何でだ?!)
全くぴんとくるものがなく、

訳の分からない努力は止めた。(当たり前だ…)

物語性がいっこうに見当たらず(コアなるお話がない)。

 

ミーハーのワタシなりに、

スヌーピーやフレックスは、形や雰囲気が美しく感じたり、

トムとジェリーのアニメは、

あっけらかんとした残酷さが強烈で面白く、

自然と惹かれたがなぁ。。。

 

 

 

1920年代。フレックスザキャットの

酷似のサブキャラクターをねずニースタジオは、
イラストと実写融合の斬新な技術でアニメに登場させヒット中に、
フレックスの作者の抗議で、

そのサブキャラを止めざるを得なかったそうだ。
その改訂版があのネズみ氏であることを知って、
なるほど、ワタシはフレックスの方が、
好きだった訳に納得。(自慢カヨ・・;)


今回、フレックスについてはネット情報を参考にさせて頂いた。
ずいぶん前に、古いねずニーアニメに、フレックスみたいなのが
登場するのに、キャラグッズ業界では、


なぜ、フィリックスは孤高の商品なのだろうか?

なぜ、Feリックスのグッズに年号が、

はっきり書かれているのだろうか?と。

フィリックスはネズみ氏のパクリなのだろうか?と、
思っていたら、逆だった。
Feリックスが本家ということで、やっと合点がいった。


そんな経緯で、ねずニーが‘著作権’命になる理由が、油田の
大切な信条である(数十)倍返しになることも分かった。
世の中、いろんなことがあるんだなぁ。。。

 

まあ、ねずニー家元のお国ではお子様ワールドとして扱われ、

大人達はあまり重視していないようだ。

ん十年前、本家ランドへ観光で訪れたことが あるが、静かなものだった。

ねずミ氏率いる大勢のファンタジーファンには、

失礼な文章表現ではあったが、結局、日本人消費はドル箱だ。

 

ともあれ日本(もともと平面的な表現の国だから)以外で、

子どものファンタジーやアニメーションの社会的地位を押し上げたのは、

ねずニーのマネジメントも貢献した面があるだろう。

やっぱ共存共栄なんだな…。

 

 

 

十数年前に、ラジオで聞いた話。
(記憶がぼんやりだったから、詳細は今回ネットで調べた。)
USAの法律では著作権期限が75年までとなってたが、
当時ねずニーの著作権が切れる直前に、

90年に延長する法案が可決されたという経緯を知った。
仕方ないよな…。

確かに大きな収入源だもんな…。

うるる〜泣ける茶番劇だ。

(民族性破壊や人類ルーツ改竄の為の…)

 

 

 

 

 

それでいい それがいい

 

 

歳をとることが楽しみな人はどれくらい居るだろうか。

ワタシは楽しいと思っている。

 

若者の楽しさとは違う楽しみを知ることができるのは

人生の悲喜交々・生活の種々雑多な経験値による時間より他は無い。

 

マスゴミ狂育の影響で昨今は若者’文化が持て囃され、礼賛され過ぎ。

虚飾に埋没。

若年層の脳はPCが如く、データ状態の記号知識の、

仮そめ自己満足に、

憂慮してしまうのは、歳のせいか。。。

杞憂?お節介?だろうか…。

 

 

 

肉体的な体験や直感が希薄で、

肉体を動かさない故に精神の苦悩が膨張し、

知恵の獲得はおぼつかず、

人間の感性・実感が希薄の阿呆社会の様相だ。

ある意味で短絡した苦悩…。

 

 

 

物質的な‘便利’‘快適’が、元来の生物経験の未熟さから、

精神破壊を起こし、

不便・苦痛の虚の精神状態に陥っている…ことにさえ、

気付けない現代人。

 

 

 

 

 

ともかく

実感として…歳を取ることは楽しいのだ。

 

なるほど、そうか、ワタシはそういう人間なんだ。

いづれ、あの世に行く準備に入る歳になると、

淡々と己を見ることができる楽しさ。

 

セコい野心よ、サヨナラぁ〜だ。

 

 

 

後悔や醜態を認めて受入れる楽しさは、

人生後半の作業で、その安堵は

哀しみや悲しみ、苦しみ…、

怒り、そして切なさ。

 

負の感情を受入れる器を

社会から作らせて頂いた有難き所産。

ってなことを思う。

 

 

そんな意図しない面白い創造の時間・様相を

客観できることは、オモロい。

 

 

いきなりだが、マツコデラックスさんが、

後悔をうまいこと受け入れての、表現をしていた。

 

「みんな後悔はあるけど、それも人生なんだ」って思うのよ、と。。。

 

 

完璧なんてありゃしない。

完全なんて糞食らえ。

完璧・完全って基準はなんですか?と。

 

 

あるがまま。

そのまま。

美はあなたの内にありますよ…と。

 

 

メモ

 

 

宇宙そのものはエネルギー。
その一部として存在する生物もエネルギー。
宇宙が変化(ヘンゲ)した現象…。

 


家人は、現代の科学・医療で、産まれなくてよい
生命まで救済し、存在できない虚弱の個体まで産まれてくる
その進歩は間違っている、と言う。
残酷な事実を言うと皆、怖いから耳を傾けない、と嘆く。


科学は進歩していると現代人類は思い込んでいるが、

奇怪な社会へ向っているとワタシは思うし、
奇怪さも宇宙の一部の現象と言えるかどうか分からない。
が、ともあれワタシは倫理観から
それを否定するつもりはないのだが…。

 

生物を現象として捉える時に、(エネルギ−=振動・運動現象。)
地球に人間が多過ぎるとか、
個体としての虚弱者は夭折する程度の、
原始的な出産育児でいいのだ、という
家人の論理には疑問だ。


人口削減に熱心な闇の勢力(=意識の揺れ戻しの歪み現象、と思う)。
奴さんらは優生学を駆使し、人々をゴイムとして淘汰したがるが、
反動として人口増加による混乱を招いている気もする。


たぶん、エネルギーの摂理や現象と捉えると説明がつくのだろう。
削減しようとすればするほど、増加するのが宇宙の摂理
生命の理でもあろうか、と。

生命の存在、本質は多いとか少ないの問題ではないように思う。

生物的にまともな、人間で言えば五体満足の存在や
頑強な肉体が宿った存在だけ残れば良いということはない。
身体に問題のあるなしが存在の正否に関係はない。
健康体が虚弱体・障害を持つ子孫を産むこともあれば、
障害を持った者が健康体の子孫を産むこともある。

 


水のありようと、生命・生物は似ている。

この地球にありとあらゆる世界中に空間に、雨であり、川であり、
海であり、水道水であり、下水・汚水・工業水であり、
雲であり、霧であり、生命の水分であり、
大気に含まれる水分であり…。すべての空間に水は有り様が、

常に変化しながら存在している。

そして繋がったり離れたりする。
雨の一滴とコップの水は同じであり、違うのであるが、
本質は同じであり繋がっている。

だが、経緯が違うが同化すれば経緯は共通となり薄らぐ。
あるいは、塩分を含んだ水もあれば、化学物質で汚染された水もあり、
わき水のように美しい水もあれば、

体内にある周波数が違うという水もある。
様相が違っても同化すれば、

美しい水は汚れ、汚れた水は少しきれいになる。
水は合流し平均化され、随に循環していく。

生物もまた意識の運動性を持った

形態・形象・そうした塊の現象である。

生命は意識であり、存在せしめるのはエネルギーであり、
点の運動性(音・波)の記憶・経緯の塊。

 

水は生物の鏡として比喩にもなるし、

水は生物そのものを、地球を司っている。

水もエネルギーの一部。

水が汚れているのは=意識の余白が濁っている。

 

 

人間の日々のドラマがどのような現象であっても、

結末がどんなシナリオであろうが、
そこに変化という運動性があることが、宇宙の法則。
エネルギーの位相は宇宙の運動だ。

 

個体として生命を視て、人類を生物を説明しようとするのは、
生命を物体としての一面だけを捉えているように思う。

すべては分身であり、化身であり、存在はあるがまま。
宇宙「意識」全体の質と量は変わらないというか。
現象としての個体となって分身、化身によって
変化という現象を与えている。


優劣、多少…三次元内での価値付けによる存在の肯定否定は、
後天的な環境によって植え付けられた感情に由来する幻相、と。


生命に機能という欲・による意味付け、

都合という方向付けをするほどに、
存在は希薄な様相となり、虚の存在を発生させることになる。
亜空間からエネルギーを導引しているように思う。

生命に意味付け、方向付け、価値付け…、
目的、機能、都合は
個という点の時間と空間の今=全が消失する。

 

 

言い方を変えると、
生命が、機能を強いられると負のエネルギーが
負の連鎖を作る。
都合や機能が、感情の問題・負(陰)の感情を作っている。

 

きっと、ある時期から地球は、言語・数字

(使わざるを得ないパラドクス)という機能によって、

独裁世界へ向い始め、意識を汚濁させていったのだろう。

 

 


意識はあるがままで、時間と空間(意識の余白)で
変化に見えている、感じるようになっている。


意識の中の記憶(ある限定世界)が
個々の現実を体験するようにもなっている。

 

 

 

米からの…雑感

 

 

三十年も前のこと。(歳がバレるワィ笑)

いきなり某新聞本社へワタシは電話をした。

代表電話しか知らないから、電話交換手が応対。

なぜ電話をしたかと言うと、アメリカ合衆国を“米”

表記するのを止めるべき、という意見を伝える為だった。

電話交換手は、変人の対応も慣れているのだろう。

約十分くらいだったか。少々困惑しながらも聞き流され、

何の手応えもなく、こちらも無駄は承知の上だったから、

とりあえず、その場を退散した。

 

唐突な訴えで若気の至りだったが、あながちその意見は間違っていないと

今でも思う。子供の頃から、マスゴミUSA偏向情報に不信感があり、

十九歳の頃、とうとう訴えたのだった。

 

幕末、開国の動乱に始まって王政復古日銀の設立、

軍国主義=個人の意志を破壊した、

〜富国強兵,殖産工業,立身出世,良妻賢母,勤勉労働…〜、

日清日露の勝戦第二次世界大戦の敗戦にしろ、

民主主義にしても、日本は資源が少ないという決まり文句も喧伝で、

すべては台本ありきのお膳立てで、闇勢力の悪意の戦略。

半島系権力掌握と偽ユダ制御による日本破壊が目的であることを

今は既知しているが、当時は知る由もなかった。

 

余談だが、思春期から青年期に変わるこの頃、

生立ちの中で数多の疑問を通して、

またマスコミ情報や大企業台頭を怪訝に思いながら、

環境破壊への危機を身近に感じていた。

とどのつまりお金のない社会』にしないと

不味いんじゃないか、と。

ワタシは十九歳の時にそれを

直覚(ある種思い込み!?)してしまって、

以来、夢想するようになった。その夢想を起点に、

疑問を紐解く情報の出会いも、偶然に重なった。

そして未だ、気持ちの方向性は変わらない。

 

 

 

 

米国という当て字としての文字使いは、英やら仏と同様、

欧州勢からの開国強要請を受け、幕末頃に‘亜米利加あるいは

亜墨利加と表記されるようになったようで。

それ以降、マスゴミ・狂育で米国と記すのが慣例だ。皮肉にも文字通り、

日本人の胃袋を偽の食糧(亜<偽の意>・米)で掴み、

長年にわたって益増をはかり、

ずさんに膨張し続けてきた国際金融家主導・傀儡の国家だなぁ、と。

 

戦後以降の日本は、英語教育に力を入れているにも関わらず、

未だ、メディアの“米国”の表記も奇妙なものだ。

(紙面・テロップの都合でもなかろう。アジアや他国はカタカナだ…。)

 

日本人にとって主食の『米』の文字を

幕府にとっての侵略国家に使い始めたのは、

欧州視察を重ねた討幕派と欧州勢の策略だったろうか。

幕府側のミス!?だろうか。

ともかく、欧州各国の表記に有難げな漢字を使用してしまったのは、

日本にとって、過ちの象徴のように感じる。

現代日本人の実感としては、迷国”くらいが妥当だったんじゃないか、と。

 

 

 

 

話は逸れるが、『お米』に因んだ話。

戦前までの日本は、パラっとした特徴の

お米を食べていたそうで。

十年程前、無農薬米を購入するため

ネット検索していた時、販売しているサイトで知った。

 

戦前までの日本人の暮らしは、身体を充分に使う暮らしだったから、

働く男性は、お茶碗八杯くらい当たり前だったと、書かれていた。

が、実はその大食ぶりは米の澱粉の違いでもあったとのこと。

 

 

昨今、市販されている米や栽培植物は、

ほとんどが農業試験場や種苗大企業で

営利目的の改良を重ね、農協を通じ農業者へ波及させている。

F1種、遺伝子組替などの不自然な種苗だ。

栽培した人が自家採種し、植物の自然な生命活動での種の存続を

脅かす、種苗を買い続けさせる経済最優先の農業や園芸。

 

だが、偽油田自身ら自然食に強烈に固執する。

99%の人類には偽食糧で肉体を病化、劣化、自然破壊

させんとする油田勢力の卑しき優生思想の分裂行為。

ちなみに以前、「ただいま」ブログで記したが、

自家採種を復活させようと活動している方のところへ、故J石フ工ラー

来日の際、宿泊先から調査として電話をしてきた、という

話を聞いたことがある。

どんだけ、監視してんだ?!…ヤツラは、と。

 

 

 

植物が種から育つことを99%の人類が、

忘却しそうな勢いの偽植物の波及ぶり。

都市の花壇やホームセンターの種苗を見る度に、

一度きりの種、人工的な色の花、開花する季節を無視した花苗、

本来の香りを抹消させた草木、

種の採種できない野菜株、外来種の改良品種の樹木、

…偽植物オンパレードに、ゲンナリしてしまう。

 

 

今までなかった営利目的の人造植物がこの世界、

土壌に、空間に、組み込まれる時、

虫や微生物の営みから、じわじわ破壊されていく。

 

見えない気付かないけれど「在る」かけがえのない

自然界の真の調和が、ぶち壊されてしまう。

同時に、人間の自然に対する感受性、五感も

劣化していく薄気味悪さ。

それでも知らぬが仏で騙されている者の方が、

カネの魔力で操られ、気分良く”いられる、という

汚染脳ぶりのご時勢だ。

 

 

特筆すべきは、コシヒカリ’はUSA側(国際金融家ら)に特許があり続け、

日本人がその銘柄を栽培し食すほどに、ヤツラに$$$$が、

入っていく裏事情があるという。(某氏講演より)

 

 

コシヒカリは、戦後(昭和31年頃)にJAを通じ、

マスゴミも加勢し波及した米の改良品種銘柄。(研究背景をワタシは知らないが)

米の銘柄・いわゆるブランドに拘る(差別化・排他性)ようになったことも、

元々日本人の感覚(お米そのものに神を感じる)からすれば、歪んでいる。

しかも、戦争による食糧難を乗り越えつつあった、

食糧があるだけで感謝の念に湧く時代のハズ、が…。

 

食への渇望感が勢いとなって、

オリンピック・万博というマスゴミ主導のイベントも加勢し、

日本人全体が食物の選好み、食物への傲慢さへ、とすり替わっていった。

マスゴミや鬼業の、精神性を劣化させる

汚染脳威力が、なんと凄まじいことか。)

 

 

当然、汚染脳で「ブランド」に拘らさせられていると思うのだが、

その裏事情を知ってからは確かに、コシヒカリがやたらと、

マスゴミや食品産業の

「ふっくら、もちもち」=コシヒカリ=「米」の代名詞を

連呼している宣伝( ≠ 喧伝)に納得がいった。

毎年、新米の時期その銘柄が‘廃れぬよう’繰り返し

詳細に取材し連呼し盛り上げよう、とするしつこいニュースや、

マクロ画像映像を駆使する(イメージ…脳内視覚野の汚染脳)

企業広告、宣伝に頷ける。

 

 

コシヒカリは、もち米とうるち米を掛け合わせた改良品種。

もち米はアミロペクチンが100%で、コシヒカリ

アミロースが約17%なのだそう。

 

ササニシキ系のようなサラッとした昔からのお米は、

アミロースを約20%以上含有し、もちもち感、粘りが少ない。

和食に合う、冷めても美味しいのはアミロースを多く含んだお米だそうだ。

ちなみに、ササニシキという銘柄は、コシヒカリ誕生の7年後とのこと。

最近はアミロース約10%にまで落とした、コシヒカリよりもっと、

超モチモチの改良品種米も登場し…。

 

 

 

癌の食養生にどちらかと言えば、

向いているお米はアミロース多めの

ササニシキ系、と先述した当時のお米販売サイトに

そう記されていた。

 

アミロースはアミロペクチンに比べ、

体内でゆっくり糖に変化するというから、

確かに癌細胞の栄養はブドウ糖だから、

ゆっくり分解される時に、

多様な栄養素も巻き込みながら、

エネルギーに変わるアミロース

多いお米の方が無難なのだろう。 

 

 

****************

 

 

 

母乳の出がわるい時には、もち米を食べると良い、と

昔の人は経験的に分かっていた。

血液を主成分とした母乳が、よく出るようになるという

体内の変化・状態は、母乳が多くの糖を含み、

出血にも類似しているだろう、と思われる。

 

これはワタシの安易な推論だが、

癌は、患部の細胞全般が炎症で、脆くなり出血しやすくなっている。

つまり、糖化の早いアミロペクチンを多く含んだお米を食すのは、

少しでも出血を押さえるべき時期には、

細胞にとって負担な澱粉質であろう、と。

(詳細は他ページにて。

アミロースは分子構造がシンプルで、

構造が分解しにくい=つまりゆっくりということも知った)

 

よって、食養生が必要な炎症を伴った病気は、ゆっくり糖になる

パラッとしたアミロースを多く含んだお米の方が比較的、

細胞活動の負担を軽減したり、

正常な細胞へ活動を促すか、と想像もしてみたり。

 

 

 

そもそも、現代に頻発するようになった、

癌と言う病には特に、澱粉質から主なる

エネルギーを摂取するのは、適切ではないことはさておき。

 

大昔からの“食習慣から考えれば、

品種・澱粉質の違いなど微細なことかもしれない。が、

先祖が食べて来たお米とわずかな違いにしろ、

もち米を交配したアミロペクチン

多く含むコシヒカリ系のマイナス影響は、

ケである日常に食するというのは、

案外、大きいかもしれない。

 

 

 

 

稲作はもともと暑い地域の農作物であり、さらっとした

お米が主流であったことは味覚、食感のことも思えば、

自然な流れであるだろう。

餅を冬に、あるいは祝い事(ハレ)に食べるもの、としてきた

日本の習慣も、経験を通じて、育てにくさもてあって、

理に適っていた。

ハレ・祭りの食は、各細胞のいわば興奮状態でもある。

 

 

糖化を促進しエネルギーへ換え、体内活動で、

血流を速める働きがある性質の(アミロペクチン澱粉

摂取するのは、一時的に暖まるのに役立つのだろう。

 

が、温暖な季節は体内のエネルギー転化には過剰で、

活動的な時期の身体にとっては無駄なエネルギーになる、と

言えるだろうか。

 

 

日本人は、戦後の食糧難を経て、

飢えの恐怖心を払拭する経済の復興を果たし、

正気に戻った頃、絶妙なタイミング(これも作戦ダロ?!)で、

コシヒカリを波及させた。ヤツラがマスゴミや企業で

喧伝し続けたその先に…。

 

大衆は、〜舌、味覚さえウマければ、身体にわるかろうが、

不自然であろうが、食べ物に生命力が無かろうが、

何でも喰らう、安価なら尚よし〜

欲、好奇心の暴走、美意識の劣化。

 

企業(鬼業)は、

〜身体に毒であろうが病気になろうが、

ゴイム(一般人)の存在は他人事。

〜売れればいい。

〜在庫にならなきゃそれでいい。

〜利益が上がればどうでもいい。

何の材料だろうが、食中毒’や苦情さえ避ければ、問題ない。

理念や良心の崩壊。

が、実は上場企業活動の真の目的は、

有色人種削減だから、大企業であるほど、

更には、多国籍企業ヤツら大株主企業がくまなく関与し、

巧妙な手口で、悪質な商品が作られているだろう。

広告は目隠しのためである。

今や、日本のまともだった大企業大半の大株主が、ヤツらだ。

 

 

 

 

戦後以降の日本は、マスゴミ・大企業・偽栄養学の狂育が跋扈し、

食物への冒瀆とも言うべき汚染脳が浸透した。

 

コシヒカリグルメブーム(貴族ゴッコのグルメ病)を

牽引し、爆発的な普及を遂げたのだ。

(日本人生産者らの‘村意識をJAを通じ、ヤツラは利用している訳で)

 

現代は、そのブランド名に拘り、執着し、常食している人が大半だ。

が、先述したように自然のリズム、季節を無視したような…

体に少々負担になるお米を現代日本人は

食べている、(させられている)と言える。

「米」が負担になっているのは外的世界も同じか…トホホ。

 

せめてもの救いなのは、もちもちの米は八杯も、

常食できない。ヤツラの誤算か?!

いやいや、冷めたら不味い米飯の保温電力消費やら、

幼児児童脳汚染脳の給食ベースのパン食(輸入小麦)で、

お米離れ、モノミール快感のパスタ類に、

油、肉や乳製品を付随して更に消費させ、

民族性の食文化崩壊のためには、

計算通りだったろう。

 

 

コシヒカリという銘柄は代表的な例だが、

それに準じる銘柄米など、技術にまつわる

既得権益も膨大なものだろう。

 

 

ド素人のワタシは知る由もない、日進月歩の種苗改良や遺伝子組替の

技術に関する数多の特許利益は、常に1%支配層へ向っている訳で。

何と言う、不気味なブラックボックスだろうか。

食べるほどに、生物・植物と関わる程に、

99%人類の、ごく普通の生活と思っている、

何もかも…全てが、利益に化けて、ヤツラへ向う

一方通行の、ピラミッド構造が、哀しいなぁ……。

 

 

コシヒカリをやたら推奨する団体は、

眉唾集団ということで…。

コシヒカリは篩(フルイ)の役割=漉光← オヤジギャク ??

偽の光。しつこくてスミマセン。笑

 

 

 

 

 

 

  

 

廃仏毀釈_過去帳の抹殺で。  

 

 

 

明治以降、西洋文明礼賛になっていった原因のひとつは、
廃仏毀釈(1868年頃から約5年間)で、
過去帳が抹殺」されたからダ〜〜ッ、という、
今更?の時代錯誤でニッチな話題&こじつけの自説…。

 

以前にも、なぜ日本には新興宗教が多いのか、というテーマで
廃仏毀釈に触れてみたが、最近の現代日本人心理の変貌ぶりに
日常で度々違和感を抱き、改めて引き合いに出したくなった。

 

 


****


今を楽しく生きる意義は疑うべくも無く、
たとえその楽しさが能天気であっても…。

けれども、今、生きていることは過去の因果があって
自身も存在している訳で。その因果をまた次世代が受け継ぐ。


****


過去からの因果を想像するための系譜、その記録の過去帳
(中世イエズス会奴隷貿易集団に加担した隠れ切支丹勢力
封じ、一般人に波及しないよう幕末まで寺院で管理した戸籍)

身近な事実情報や口伝(近い方法)が当たり前に残っていたなら、
多様な記憶を蓄積する性質の人間にとっては、
生物としてまともな生き方、江戸期までの、この地の風土に相応しい
理に適った暮らし方が、現代にも生かされたかもしれない。
子孫自身の内部からの判断材料にもなって、
外部・遠い存在(政治経済の支配・マスゴミや狂育)からの情報に流されず、
その支配を阻めたかもしれない。が、現代日本はそうではない。


現代日本人の判断力や価値観は近代以降、マスゴミ・狂育の台頭で
外側からの情報に翻弄され盲目にされ続けた約150年間。

幕末までの社会よりこの期間、西洋産業革命に端を発し、
次世代に莫大な負の遺産

(特に自然環境破壊、生態系崩壊・食物連鎖混迷・肉体劣化)を
作り続けてしまっている。

 

廃仏毀釈について寺院仏像などの破壊が目に見える形で、
その被害を伝えているが、一方で過去帳が喪失されたことに
目を向けることはあまりないように思う。

が、むしろ過去帳が失われたことの方が
一般人にとっては実害が大きかったのではないか、と考えてもみる。

 

(ホントはずっと政府が隠蔽し保管している、と推察。
先祖が半島系出身の公務員優遇の事例を某書籍で読み知ったので…。
過去帳が今も尚、寺院でわずかに保存されていることについて、
差別的な情報と定義して、某大宗教団体など部落差別の視点からか
人権問題を訴えている向きもあるようだ。
〈差別問題を訴える団体にも真実と偽物があるだろう。
過去帳の件は、根底がプロパガンダのように思う。〉

 

だが、昨今の保険証番号や免許証、
マイナンバー制度やクレジット、ポイント…カード類の
個人情報の蓄積や、Faceb00kでの、
限定公開で信用獲得の方法が、
むしろ個人詳細情報は闇勢力への進呈と化し、
ネットショッピングによる個人趣向情報の獲得、
スマホ等ラインの対人情報が、半島系介し支配層に
利用される裏側の流れを想像すると、
現代の個人情報の扱いの方が、
広告主側の旨味はもちろんのこと、
それ以上に不気味で、気付かない状態での格付けや、
監視社会に一般人が無防備に加担し続け、
支配側の意図的差別の温床にもなろう。


その果ては、個々情報のあらゆる蓄積によって、
近未来に人類が生物としての生命活動を
剥奪されかねない人工知能へ、無意識に加勢…の危惧を思う。)

 

 

******************

 


明治時代(近代)以降の先祖について私たちは
多少知っていて仏壇や墓で拝んでいるのに、
江戸時代(近世)までの先祖をほとんど知らないが故に、
軽んじている。もしくは、お伽話のように、
(実際それは欧州支配層の意図だったのだが。)
時代の延長線上にはない、まるで異国のことに思える程、
薄ぼんやりとしている。


また、江戸時代の人々へ、身体を酷使し打ち拉がれた生活者、
武士が常に庶民の愚行を裁いているような支配社会、
近代科学を知らなかった未発達社会のイメージを
マスゴミドラマ映画小説等で刷込まれている、
西洋科学礼賛に汚染脳されているワレワレ。
下手すれば近世までの先祖をバカにしている。
ナンとも、けったいなワレワレ現代日本人。

ところがどっこい真逆な世界だったわけで。
コレを汚染脳と言わずして、何と言おう…。
ちと大げさかぁ。笑…。いやいやホント笑えない。

 

最近では仏教への信心がある人くらいだろうか。
先祖を敬うことを心がけてきたはずの日本人だったが、
ご先祖様の対象が大半の日本人にとっては、
三〜五代前の祖々父母迄。
近代、明治以降の家系の経緯だ。
どんな家族構成で、生業は何だったか。
祖父は戦争へ行ったとか、被害はどんなふうだったとか。
どんな出来事・苦労があったか、親や祖父母から口伝くらいのもの。
生きている者同士が伝えるから3〜5代位になってしまうのは
当然かもしれないが、それでも古い時代の記録が残っていたら、
系譜を知り自身を知る大まかな手がかりには
なるだろうが、そうではない。

 

もう今では団塊の世代以降が祖父母の人が占めるようになったから、
現代日本人の受験や就職の競争社会からの価値観や記憶が多かろう。

 

明治以前はせいぜい、武士だったとか、庄屋・酒蔵・豪商だったとか、
どこそこの殿様に仕えていた家系だか、公家だったとかで、
傍からすれば、箱もの・肩書き・お家自慢に
げんなりする程度のことを耳にするだけ。

 

 

*********
*********

 


闇の勢力について知り得た矢先、渡辺京二著『逝きし世の面影』に出会った。
それまで私たち先祖、江戸時代に生きた一般の人々の真実の姿、
その精神性の豊かさを知る機会がほとんど無かったのは、マスゴミや狂育で意図的に、
一般の生活総体の情報をブロックされてきたであろうことを思わずにはいられなかった。

 

 

故に、過去帳がそれなりに残存していたなら、
具体的な事実に基づいて、先祖や地域、生活、生業の事も実感を持って口伝ができ、
「系譜への想像力」ともなって、西洋礼賛に傾いていく明治期世相の
不自然さを見分け、政治経済・狂育マスゴミ汚染脳用の西洋ブランド志向、
肩書き・箱ものに拘る軽薄さ、虚飾を嗅ぎ分け、
眼力・心眼、直感の力で、19〜20世紀の大戦争さえも
被害回避の可能性を考えてみたりする。
江戸期から続く、自然環境と調和した心地よい社会の
継続も有り得たようにも思う。

使いたくはない語彙だが、
アイデンティティ」(自己一貫性容認)は系譜を踏まえる意識であり、
心眼を保つのに不可欠のように思われる。

 


***************


ちなみに、先述書籍の幕末訪日欧州人の観察記録集によると、
貴族階級や上級武士は虚弱な容貌、貧相な印象で、
逆に庶民は皆、肉体が立派で幸福感にみなぎり、
生き生きとしている、と伝聞している。
彼らに相応しく階級差別の視点ではあるが、的確な観察だろう。

(西洋文明を受入れるにあたって、編み出された明治政府の造語多数。
差別的用語「士農工商」や「競争」という熟語もそのひとつ。
また、食用牛など四つ足と呼ばれる動物の屠殺は明治以降。
明治以降に部落差別が激化したのではないか。
某宗教団体は寺院にわずかに残存する過去帳を人権(平等)のためと
抹殺を唱えるも、明治政府造語の差別的語彙には辻褄が合わない。

有識者いわく江戸期は、階級差別が無い社会だった、と伝える。
江戸の街ではお互いの出身地を聞かないのが礼儀だったり、
武士も町人も一緒に行事や趣味を楽しんでいたという。
むしろ、武家が町人に気配りをしないと暮らせない程だったとも。
あるいは、遊女の年季が明けると、女性として豊富なキャリアとして評価され、
おけ屋が嫁ぎ先の世話をしたという。


江戸社会の豊かさの要因には、

ユダキリ・イエズス会(一夫一婦制や処女性への強固な宗教倫理を含め)を
排除したお陰で、人にとって、動物としての性への寛容さや昇華・自浄作用が具わった、
バランスのとれた世界だったであるのだろう。

 

社会に競争という言葉が無い時代の子育ては、

きっと生物としての幸福感を満たすものだったろう。

 

日本人全体が内面的な自由と平等を享受すると共に、
自然の豊かさが幸福感を醸した時代の余韻を完全に忘却し、西洋礼賛になってしまった、
近代から現代日本をつくづく遺憾…に思う。
(明治以降の造語辞典が必要だなぁ、と思う。)

 

***************

 

江戸期は長年、戦争が無かった故に武士(戦士)の出る幕はなく、
米などの年貢で貨幣流通も現代よりずっと少なく、性への寛容もあってだろうか、
一般社会では犯罪もほとんどなかったという。
自然淘汰のようにして一般社会の政治支配が手薄になってくれた
お陰の時代。
‘なってくれた’と指したのは、
中世末期から江戸初期にかけての政治采配
(秀吉の伴天連追放令や、鎖国、切支丹禁教令/秀忠期)に
中世の日本人指導者の民族や風土保守への英断に、感謝の念がわく。

 

______

 

◇肉体労働を請負う発展途上国と呼ばれた国々が、
昨今、知的労働を主軸にして来た国家を凌駕し、

身体の為せるマンパワーによって
国の底力を付けてきているようにも見受けられる。
ある意味で、自然淘汰(平等さ)は身体によって、
いつでもどこにでも起きる…ことを見てとれる。
電脳・脳化社会が生命の意義を滅ぼすことも窺わせる。

 

◇国家が役に立つ意義は、蛮族国家、価値観の全く異なる民族への、
防衛外交であり(主に、ユダキリに対して)、
民族性・地域性・固有性の保守で、それは自然摂理遵守のためだ、と。


◇経済最優先の結末として、植物動物生物全般の原種・在来種の
人為的意図的な激減・絶滅、生態系の自然環境破壊は痛々しい。
日本のみならず各国地域の人の、
情緒・感性、固有の文化を根幹から劣化させる。


◇日本人が中世イエズス会がらみの南蛮貿易により、
世界中へ奴隷として推定10万〜20万人(当時人口2〜5%)を火薬輸入と引替えに、
二束三文で売買されたのだ。かつ子女の悲惨な扱いを知り(天正遣欧少年使節団…記録)
中世イエズス会による日本(主に九州)の寺院破壊もひどかったようだが、
それよりも、日本人奴隷の問題は深刻で悲惨だった。

そして現代日本人が全くそれを知らないって、どういうことナンダ??…と。
中世、欧州勢によってアフリカ南米アジアと同等か、
それ以上にワレワレの先祖が苛烈な被害に遭っていた、ノデス。

 

◇中世欧州ユダキリの略奪殺人強姦の歴史から現代マスゴミの虚言喧伝に至るまで、
見せ方・アピール・パフォーマンス(だけ)が、
巧妙で上手過ぎる西洋文明を世界中が崇めてしまって…、
ずっ〜〜〜と催眠状態・心眼喪失。トホホ)))

 

◇現在の戸籍同様、過去帳は象徴的に記憶を辿る系譜の単なる材料
(人名、出生・死亡・家族名・血縁有無・家系様態・職業など)に過ぎない。
ただ、年代毎に全体の出生死亡によって社会状況・史実が明確になる物的証拠になる。

過去帳は、隠れ切支丹を幕府がなぜ排他しなければならなかったのか、
中世の日本人奴隷被害を証明できた可能性も考えられる。更に遡れば、
現代に続く朝廷が535年(K氏説)以来、倭国の傀儡であることの
判明を回避するため、明治政府陣営は廃仏毀釈過去帳抹消に至ったのか、
と妄想にまで及ぶ。

 江戸期に切支丹信仰を防ぐ目的で寺院に集約された記録物であるが、

その慣例はそれ以前からあったことが前提にはなろう。)

 ______

 

 

 

****

 

で、、、「内政は庶民に任せろっ」、「政治家の役割は外交ダ。

シニョレッジは最小限にして、デキレバやめてクレ。
政治権力が国内一般人の生活の邪魔をするな!」ってなことを思う。
まあ、現代政治家にはまったくもってムリだろう。。。
シニョレッジ生命線の闇勢力とグルだからなぁ。

 

大企業株、年金・保険資金や公社民営化後の株、闇の勢力が運用。
税金半分はUSA国債購入。


現代日本は‘闇支配勢力皆さまのための政治。
国民は、労働も消費も勉強も遊んでも病んでも拝んでも…
何デモカンデモ、カネがらみ全ては、
支配指数‘UPナ・ノ・ニ、民主主義という建て前の文言で、無自覚状態。
偽善政治、ココニ極マレリ。



*********
*********

 


話を戻し…。
過去帳廃仏毀釈によって失われたことで、
幕末以前の先祖の人生、身近な出来事や系譜がすっぽ抜けてしまった。
それは、自分自身を知るための想像する材料の喪失、
まるでパズルのコマを無数に失ったように。

 

過去帳(明治以前の戸籍)がそれなりに残存し公開に障壁が無ければ、
具体的な事実に基づいて、先祖や地域、生活、生業の事も実感を持って口伝ができ、
もっと『地に足が着いた古い先祖への畏敬』を今でも

しっかり持っていたかもしれない。

各々のアイデンティティが、お仕着せの西洋礼賛を嗅ぎ分け、
眼力・心眼を切瑳することへ意識を向ける内省も有り得ただろう…。

自身とあまり関係のない喧伝用の歴史上人物、
特に西洋の著名人、人生や性格、文化や歴史には、
やけに詳しいの…に。

己の曾々々…祖母父のことは、全然知らない。

ホントは…異常なこと、、、ではないデスカ???
どうかしていやしないかぃ?と。

手書きではない、印刷物って怖いなぁ、と思う。
(いつか書きたいテーマダ)

 

******

 


ここまで、日本人がマスゴミや狂育でどっぷり汚染脳されたのも、
個人の、自分なりの、疑問や違和感を過去の様々な系譜
(親や祖父母…先祖から口伝してきた事)に
照らし合わせ、想像し判断する材料を奪われたこと、を思う。

 

ルーツ、系譜を想像する能力に蓋をしているような思考。
系譜を想像できないことは、

例えば、トラウマを解消できないとか、
家系で同じ問題が繰り返されてしまうことだろうか。

が、負の面よりも、

むしろ、先祖が地域社会で貢献したこと、
特技や才能や知恵があった先祖のこと。
家系を誇りに思える日本人の真実の姿、先祖の情け深さだったり、
優しさ、忍耐強さ、逞しさ、賢明さを知り得たかもしれない。

そうした系譜によって自身を内側から感じ、感謝を持って
自信につながる、あるいは内省する情報。

だが、あいにく、ごっそり抜け落ちているのである。

 


問題の原因の理由を考えてもキリはない。

けれども、わずかにでも系譜に想像や検討を付けながら
人生の過去からの大きな流れを感じて生きることは、
多少なりとも、元来の自身のアイディンティになる(なった)だろう。

 

*************

 

 

長くなったが、
ホントはココからが伝えたいことナンデス。


ルーツ・系譜を知る情報、材料を失ったということは、
先祖のことのみならず、
「様々な事柄・生活の系譜への想像力を閉ざされた」ように思う。

記憶を探る思考の作業に、全く分からない領域があると、
それに関して思考停止になってしまう。
それに付随した思考を無意識に無視する癖が付く。


些細なことなら影響もないだろう。が、
大半の国民が、自身の先祖へ思いを馳せる情報が3〜5代より以前、
ぷっつりと事実の記録・記憶が途絶えているのである。


で、話は飛躍するが、その記憶喪失・催眠の状態が、
日本風土に合わない衣食住・生活全般を
安易に受入てしまう発端であろう、と。

それは、
現代の肉食偏重であり、
過剰な金銭崇拝であり、(明治期に汚染脳された勤勉労働・金銭労働)、
育児・教育の過度な叱咤であり、競争意識、優越劣等感であり。
サラリーマン的職業感(元来の生物としての自由意志の喪失)を当然として受け入れてしまったり。
空気・水・風景が汚染され自然環境が破壊され続け

動物昆虫植物が異変をきたしていても
疑問や違和感、恐怖心が湧かなかったり。
差別化、排他意識であり、
大衆汚染脳支配用の偉人伝や文化人有名人芸能人のような、
外付けのふわふわした有名性に執着し夢想する人生イメージを促し、
ピラミッド型競争社会の構造に加担していたり。
物質偏重や物質との関わりの混乱(ゴミ問題の根源)、
便利や安易な消費による合理効率化であり。

とどのつまり、ユダキリが演出し続ける、西洋礼賛の汚染脳であろう。

 


ファーストフードやコンビニや簡易加工食品への無防備さ。
大豆やトウモロコシを加工した遺伝子組替え食品に何の疑問も
持たず受入れてしまう想像力の無さ。

砂糖、塩、大豆、米、油という基本食材、
洗剤や衣類…のあらゆる自然環境破壊へのプロパガンダ
長い年月で継続されていても、表面的な情報に目を奪われ、
利己的健康意識に目を向けるばかりの、
汚染脳情報で疑問が湧かず、あらゆる問題の系譜が
想像できなくなっている。

箱もの、ブランド的なレッテルに囚われ、
外的な基準でしか信用は成立せず、心眼を失っている。


マスゴミのニュースも各々が系譜を記憶し観察し、
想像すれば、概ね見抜けるようなことも、
すっかり騙される。連日騒ぐ一過的なキャンダルに目を奪われ、
バッシングに加勢し、肝心なことを見失うよう仕組まれている、が
それに気付かない。

マスゴミで飼育された電脳家畜の現代人。


あらゆるところに汚染脳プロパガンダがちりばめてあっても、
ルーツ、系譜を想像する能力に蓋をしているような思考状態が
現代日本人にもすっかり染み付いてしまっているが故に、
国際金融家&半島系八タさんらの策略に
嵌まりっぱなしなのである。

系譜の想像力の遮断症候群。
(最近は症候群という言葉も使わなくなったなぁ。笑)

 

 

 

己を知ることは、人生に於いて要であることは言うまでもない。
ミクロな自身を知る視点と共に、
幕末と明治の落差は、国家神道を掲げ戦争漬けの軍事国家にするため、
国際金融家が手引きした明治政府の暴挙にだったことを知ること、
その時期から、一般人の思考停止がマスゴミや狂育で仕向けられつつ、
自らが加担してしまった、
マクロからの視点、その流れも自覚したいもの。

 

昨今のスピリチャルブームの前世とかで
根拠の曖昧な情報に、多くの人間が惹かれてしまうのも、
過去帳、記録の事実関係が、すっかり抹消されている面もあるだろう。

前世を否定はしないが、真実の歴史ではないと思う前世ストーリー、

喧伝用の偽歴史をなぞった前世判断は、一笑に付すわけで。

 

 

欧州へ行くと、国の歴史のみならず地域家系の系譜を
よく理解していて、(キリスト教会管理下で保守・継続)
古い時代からの誉れに、各日本人の自国の歴史知識の浅薄さに
たじろぐようなことも耳にする。

 

 

が、欧州国際金融家の思惑で操作された
明治政府が仏教破壊や民族の系譜を断ち切らせるに至ったことを
思えば、欧州の歴史を崇めている場合ではない。

まして、
奴隷制で繁栄を謳歌し今も尚、プロパガンダ

汚染脳を煽動する欧州ユダキリ文明に、何の敬意を払う必要があろうか。

 

現代のワレワレがマスゴミを通じて崇める欧州文明は、

主に、江戸文明からの‘逆輸入’が多分に含有されていて、
現代社会の文明の価値観が成り立っていることを
ワレワレ日本人は、知る由もなく、探ることさえ気付けないほど、
西洋礼賛汚染脳…ナンデスョ、と。

 

*********

 

選民用の家系や肩書きの話、
喧伝用歴史上の人物、武勇伝など、
生命の根源、三次元の生命としては
ホントは何の役にも立たない気がする。

 

 

………今更、過去帳を捜索するわけにもいかない。

 

いわゆる、公家やら上級武士やら庄屋やら酒蔵やら豪商なら、
それなりに系譜が探れて、やっぱりウチは良い家系…で、となろう。

 

が、自慰的で自慢の古くさい価値観は、もうどうでもいい。

ピラミッド型支配を継続したい人口1%に協力する必要は無い。

 

今、この時代に生きる自身より他、

心の拠り所はいらない。

脱・汚染脳のためにも。

 

 

 *********


で、

オチのようなことだけれども。

 

「記憶と忘却・偶然と必然」は
「意識と無意識」の世界で

相関関係があることを常々思う。

 

過去のことに囚われず、

今を楽しみ、過ぎて行く瞬間、瞬間を
あっさり歓喜をもって忘却することは、

偶然を纏う、良き必然を召還する、

宇宙の、三次元の、則を
感じてもいる。

 

 

ともあれ、

真実を嗅ぎ分ける内省力・心眼を弱めてしまった

この地のワレワレ。

 

 

なぜ、先祖はこの地に暮らすようになったのか。
遠い先祖はどんなふうに食べ物を得ていたのか。

先祖はどんな思いで、働いていたのか。
先祖はどんなふうに結婚をし子育てをしていたのか。

先祖はどんなふうに性を満たしていたのか。
先祖の寝る時間や寝具はどんなふうだったろうか。
先祖の衣類はどうやって調達し、また洗濯をしていたのか。
先祖は排泄をどんなふうに行なっていたのか。
先祖はどんなふうに水を火を得て暮らしていたのか。
先祖はどんな日用品を使って暮らしていたか。
先祖はどんな家でどんな暮らし方をしていたのか。
先祖はどんなふうに文字を暮らしに役立てていたのか。
先祖はどんなふうに美や音を楽しんでいたのか。
先祖はどんなふうに旅をしていたのか。

先祖はどんなふうに人間関係を築いていたのか。
先祖はどんなふうに動物たちと関わっていたのか。

先祖はどんな病で苦労し、乗り越えたり、死を受入れていたか。

先祖はどんなふうに人生を楽しんでいたのか。
先祖は自然をどんな思いで見つめていたのか。

 

ワタシは、満天の星々に夜空が埋め尽くされていた時代に、
深い憧憬を憶え、現代都市の夜空には悲しみしか感じない。

 


想像と事実と系譜が一致していくよう、
日々の暮らしを見つめることが
肝要に思う、この汚染脳時代。

 

自己の内なる「虚勢・虚栄」を客観し、
自己の内なる「怨念・執念」を解放し、
今、中庸に生きる意識へ起点が在れば、判れば、
結局、過去はどうでもいい話なんでしょう…ケドネ。


意識化して無意識に戻す、作業の時代だなぁ、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

ケイタイばっかり見ていると、今にロボットになっちゃうよ

 

 

マスゴミは国際金融家らの出先機関と、ワタシは認識している。が、

子供の頃はそんなこと知る由もなかったし、かつ

今よりは人道的な道具だった気がシナクモない気がスル。

 

例えば、昭和50年代のNHKは、午後11時〜12時になると、

日の丸が風にたなびく映像と共に、君が代が流れ

放送を終了した。右翼な印象でニッポン側の政治的な洗脳があったにせよ、

組織への信頼感や期待感が少しはあった。

(ワタシ子供だったのにそんな時間まで起きていたとは…。ーー;)

 

民放でもアニメを放映する時間帯の企業CMの隙間に、

かの怪しい広告機構だったとは思うが、

「テレビばっかり見ていると今に尻尾が生えてくる」

というキャッチコピーで子供達がアホにならないよう、

テレビから自戒の警告もしてくれた記憶。

(TV大好き過ぎて一週間の主にアニメスケジュールは暗記していたワタシは、

かつ、各局系列や新聞社との連携や特徴を漠然とは認識してもいた…。

20代後半に自作総論として、芸能界芸能人(公共電波の便乗・露出人間)は

“人間博物館、あるいは人間標本”用だね〜…と

友人に話したら、そうだね〜と同意してくれて、妙に嬉しかった…。

 

マスゴミ業界を末端で従事し、実感としての素朴な感想ダッタノ…ノサ。)

 

 

ヤツラにとってはあらゆる戦略があって、

1960年代〜マスゴミ・TV信用基盤の獲得キャンペーン期

だったからなのかもしれない。

いや、公共の電波を使う企業や公共団体としての責任、

良心が、少しはあったのだろうか。

 

(日本側の視点で言えば、ヤツラは、他国と戦争中や冷戦中は、極東が手薄になるから…。

50〜60年代は朝鮮戦争やらキューバ危機やら…東西冷戦体制の基盤整備、

70年代はベトナム戦争でUSAヘトヘト、石油経済でチャージして。

80年代からはイスラム圏略奪&破壊、イイ戦争、

90年代アフガニスタン・ユーゴ・ウクライナ等で共産主義実験国を解体。

想定外〜<失策>。

一般人にとってまともな社会だったから…ね。

 

00年代前後は、マスゴミバーチャル戦争ゴッコで湾岸や911

(ハイテク戦争技術でバーチャル戦争での回避)

 

スケジュールご多忙中は、

北やら中国と日本はほどほどの威嚇&抑止用(他国インチキ貿易折衝のため)。

で、最近は他の地域がお暇で、北と日本を騒がせている訳で。心中お察しします。 笑)

 

いかんせん、マスゴミに触れる程、想念が汚れるなぁ〜

というのが実感だ。

 

 

 

「八百万神の世界観の一筋縄ではいかない面倒な、

曖昧さが特徴の、自然種系に近い大半の日本人」を

少しでも簡易に支配したい偽ユダや半島系支配層(人工種系)は、

まず是が非でも、曖昧でない思想や世論を二極に、

分断させたかったのだろう。

 

戦争責任を追求させ喧伝する左派と、

天皇制肯定を喧伝する右派を造ったのは、

マスゴミの司令塔(GHQ)戦略だった訳で。

(ある意味この地では、

それさえ抑止に変化ヘンゲしてしまう気もするが…。

  

戦前の日本は書籍販売が自由で、卸問屋が多数あったというが、

戦後GHQ占領政策で、失笑に値するのは著書出版にあたって、

書籍の卸問屋を解体し書籍流通を「日販または東販」を

通さないと全国有名書店に書籍が並べられない法整備をした経緯がある。

 

焚書という言葉が暗に示しているのは有史以来、

外世界からの情報が支配のために、如何に制御されて来たかを

物語っている…。

 

市販の約9割くらいの書籍からは(今はネットも…)

勉強するほど、

情報を外から集めるほどに、

自分の主体的な意識、内なる意識を見失うよう

汚染脳世界がそうできているのだなぁ、と…。

 

文字・印刷物・電子媒体による知識や思想や世論が、

如何に後付けで、

自分の内なる発露ではないことを

ワタシたちは身を持って感じないと、マズいんじゃないかな…と思う。

 

 

 

だけれども、汚染脳世界を究極的に見つめると、

自身の内面世界を外面世界に映し出している。

現世「うつしよ」とはよくできた言葉だなぁ。

 

客観主観という境界の意識をどこで付けるか…の判断と、

その曖昧さと、相対の面白さ…。

 

 

己の暗部を見るのに、外部のダークサイドへの投光。

プチ・パラレルワールドかぁ。。。