ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

メモ

 

 

宇宙そのものはエネルギー。
その一部として存在する生物もエネルギー。
宇宙が変化(ヘンゲ)した現象…。

 


家人は、現代の科学・医療で、産まれなくてよい
生命まで救済し、存在できない虚弱の個体まで産まれてくる
その進歩は間違っている、と言う。
残酷な事実を言うと皆、怖いから耳を傾けない、と嘆く。


科学は進歩していると現代人類は思い込んでいるが、

奇怪な社会へ向っているとワタシは思うし、
奇怪さも宇宙の一部の現象と言えるかどうか分からない。
が、ともあれワタシは倫理観から
それを否定するつもりはないのだが…。

 

生物を現象として捉える時に、(エネルギ−=振動・運動現象。)
地球に人間が多過ぎるとか、
個体としての虚弱者は夭折する程度の、
原始的な出産育児でいいのだ、という
家人の論理には疑問だ。


人口削減に熱心な闇の勢力(=意識の揺れ戻しの歪み現象、と思う)。
奴さんらは優生学を駆使し、人々をゴイムとして淘汰したがるが、
反動として人口増加による混乱を招いている気もする。


たぶん、エネルギーの摂理や現象と捉えると説明がつくのだろう。
削減しようとすればするほど、増加するのが宇宙の摂理
生命の理でもあろうか、と。

生命の存在、本質は多いとか少ないの問題ではないように思う。

生物的にまともな、人間で言えば五体満足の存在や
頑強な肉体が宿った存在だけ残れば良いということはない。
身体に問題のあるなしが存在の正否に関係はない。
健康体が虚弱体・障害を持つ子孫を産むこともあれば、
障害を持った者が健康体の子孫を産むこともある。

 


水のありようと、生命・生物は似ている。

この地球にありとあらゆる世界中に空間に、雨であり、川であり、
海であり、水道水であり、下水・汚水・工業水であり、
雲であり、霧であり、生命の水分であり、
大気に含まれる水分であり…。すべての空間に水は有り様が、

常に変化しながら存在している。

そして繋がったり離れたりする。
雨の一滴とコップの水は同じであり、違うのであるが、
本質は同じであり繋がっている。

だが、経緯が違うが同化すれば経緯は共通となり薄らぐ。
あるいは、塩分を含んだ水もあれば、化学物質で汚染された水もあり、
わき水のように美しい水もあれば、

体内にある周波数が違うという水もある。
様相が違っても同化すれば、

美しい水は汚れ、汚れた水は少しきれいになる。
水は合流し平均化され、随に循環していく。

生物もまた意識の運動性を持った

形態・形象・そうした塊の現象である。

生命は意識であり、存在せしめるのはエネルギーであり、
点の運動性(音・波)の記憶・経緯の塊。

 

水は生物の鏡として比喩にもなるし、

水は生物そのものを、地球を司っている。

水もエネルギーの一部。

水が汚れているのは=意識の余白が濁っている。

 

 

人間の日々のドラマがどのような現象であっても、

結末がどんなシナリオであろうが、
そこに変化という運動性があることが、宇宙の法則。
エネルギーの位相は宇宙の運動だ。

 

個体として生命を視て、人類を生物を説明しようとするのは、
生命を物体としての一面だけを捉えているように思う。

すべては分身であり、化身であり、存在はあるがまま。
宇宙「意識」全体の質と量は変わらないというか。
現象としての個体となって分身、化身によって
変化という現象を与えている。


優劣、多少…三次元内での価値付けによる存在の肯定否定は、
後天的な環境によって植え付けられた感情に由来する幻相、と。


生命に機能という欲・による意味付け、

都合という方向付けをするほどに、
存在は希薄な様相となり、虚の存在を発生させることになる。
亜空間からエネルギーを導引しているように思う。

生命に意味付け、方向付け、価値付け…、
目的、機能、都合は
個という点の時間と空間の今=全が消失する。

 

 

言い方を変えると、
生命が、機能を強いられると負のエネルギーが
負の連鎖を作る。
都合や機能が、感情の問題・負(陰)の感情を作っている。

 

きっと、ある時期から地球は、言語・数字

(使わざるを得ないパラドクス)という機能によって、

独裁世界へ向い始め、意識を汚濁させていったのだろう。

 

 


意識はあるがままで、時間と空間(意識の余白)で
変化に見えている、感じるようになっている。


意識の中の記憶(ある限定世界)が
個々の現実を体験するようにもなっている。