ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

〝主義〟やら、中庸という言葉。思い出すこと

 

 

〝主義〟という言葉を知ることになったのは、

小学生末か、中学生になった頃と記憶する。

 

社会という科目が、地理・歴史・現代社会と

分かれてから、主義という言葉が

授業で殊更に耳に目にするようになり。

 

当時、思春期の頃に。

〝主義〟という言葉には、思想、思考の「偏り」が

あるからこその熟語だな・・・と思った。

 

〝主義〟というものを主張すれば、

その逆の義が発生するという原理があろう、と。

 

どちらが本当か?の戦いの言葉だな・・・と。

〝主義〟という言葉に、授業で出会った時。

そんなふうに直感として

感じたことを覚えている。

 

宗教も同様で、世界平和、人類皆平等を声高に叫ぶも、

他の団体との争いは何事ぞ?

宗教団体間の縄張り争い、集金力の競争。

すべてを包むはずの理念団体のはずが戦いを極める。

ヒエラルキーの頂点は高くなる一方。何が愛だ?平等だ?

矛盾しているではないか?

 

 

ひとつの括りが、起きれば、始まれば。

それ以外との対立、対峙が発生するに決まっている。

そんな主張の世の中で。

 

思春期の私は、本当の真ん中はなんだろか?と。

疑問に思った。

 

 

**********

 

中学生になった時、漢文に触れる国語の授業でのこと。

「中庸」という言葉に出会って、いたく感動した。というのか、

ずっと抱えていた疑問を中庸という言葉でやっと腑に落とせる

可能性をこの熟語に見出した。

 

ずっと知りたかったことは、この中庸という熟語の感覚・・・。

解釈?

言葉の説得力で様々な今までの疑問を落とし込めるのか、と。

 

**********

 

家人は、言葉が発生して生物としての人間は、

間違った方向へ進んでしまったのだと常々言葉にする。

皮肉な会話と思う。

 

 

**********

 

バランス・中庸を崩すことの奥義も

宇宙の采配・・・なのだろうか?!?!?!?

 

 

 

 

 

「旅」について思うこと  ____5

 

 

2019年6月に記した続き。

約2年前の、旅についての記事から…。

 

*********

 

 

現代人は、間接的な______映像、画像、文字______から

影響を受け実体験からの、感受が希薄になっている、というようなことを述べた。

(ブログに記すことも間接であることは承知でスガ)

 

〝比較〟でしか思考が形作られなくなっているのではないか。

と、言うような内容を美術館、何々展の絵画鑑賞を例に挙げ記した。

 

〝比較〟〝競争心理(優越劣等感による刺激)〟、

あるいは〝仮想体験(人為的な設定・演出)〟で

アドレナリンのような興奮、オキシトシンのような鎮静。

右往左往…多忙な・・・諸々のホルモンを分泌することで、

快感を得るという、行動様式(支配)が当然となり、

日常、自然界の本質からの、素朴な実感・体験の真実、各々の個性的な疑問、

その重要さに気づく世界から遠のいた二次元思考、間接体験の所産。

 

仮想なる、人工なる___病理の意識状態にも疑問を持てなくなっている。

 

***********

 

「百聞は一見にしかず」と諺はあるが、今や映像、画像、印刷物

「一見」の代替としてまかり通っている。

 

ワタシも闇の権力のたぐいを記すのはあくまでも、

書籍で読んだり人から聞いたこと、ネット上の間接情報と、

そしてぼんやりとした経験と想像の域である。

ただし、生活の中に空気の如く侵入している

貨幣支配を実感しているから、推察・推理は広がってしまう。

 

*********

 

 さて。(前置きがいつも長いナ。w)

 

旅について記したいことの一つは、

〝リゾート地〟についての疑問だ。

 

 

若い頃、ご多分にもれずワタシも1、2度、

有名な南の島へ旅行に行ったことがある。

一度は、親戚の案内で立派なリゾートホテルに

泊まることができ、ともあれ一つのよき思い出だ。

ただし、ホテルの接客演出や客室、食事、建物、プールなどの記憶はあれど。

自然の豊かさを堪能した記憶は薄い。

ホテルの目の前にある青い海、白い砂浜。

グラビアよろしく遠目ではTHEリゾートの風景であったが。

海に入り泳いでみると案外と水が濁っていた。少々がっかりであった。

観光地だから期待しても仕方がないか、と。

二度目は某マラソン大会のために行った

リゾート地であるが、その時は普通のホテル泊。

たまたま地元に住む日本人と話す機会があり、環境問題について聞いたところ、

案の定、地元住民にとっては観光地が故の、環境汚染は深刻とのこと。

更に、教育や交通についても住み難さ、問題を挙げていた。

 


*********

 

今回の偽ウィルス騒動。そしてアフターコロナと言われるこれからの

時代は、大衆の海外旅行はかなり規制が

増えるだろう、とワタシは予想している。

 

今までのような万人が消費万歳の経済体制では無くなりそうな気がする。

大衆に向けては社会主義的な施策。

(汚選民用の自由社会・そこにも数千年に由来する理由があろう、と推察する)。

 


よって、資本主義社会に飼い慣らされた

ゴイムワレワレにはAIバーチャル旅行も計画中か。

お誂え向きか。。。

金金汚選民ド偉いさんだけが、

実体験観光旅行が可能だろうか?!(苦笑)

(宗教的呪詛による一定期間の不徳帳消し末端期)

 


それにしても観光、観光地というものが、そこに暮らす生活者に

とっての住環境の劣化、経済活動のキッチュ化は、

多くの人が薄々は感じてきたことだろう、と思う。

 


歴史という時間を味方につけた京都のような

例外は少々あるかもしれないが。(歴史教育洗脳は横に置き。)

 

 

主要都市部に程近い、数十年前に温泉等で繁盛した観光地が、
今や廃墟と化している場所は、日本に多数ある。
海外旅行の格安、一般化と、自動車高性能化、
道路の交通網インフラが整備され過ぎたことも要因だろうが。

 

観光という概念、価値観が一般化して久しいが、

何の発言力もないワタシだが、今も尚も懸念してしまうのは、

元々は人の出入りが少ない地域、

人の手があまり入っていない自然環境のみならず、

素朴な地域の人たちの心までも、荒ませる可能性だ。

 

旅の恥はかき捨てなる無責任な観光客。

礼節を知らない烏合の衆を相手にし続けると_____。

見ず知らずの人と関わる時に、地元の素朴な人は疑心暗鬼が前提と化してしまう。

お金を落としてくれることだけが、目的になる場合も。

そんな心象を観光客との関係、対_人間同士に呼びこんしまう。

悲しいことではなかろうか。

くわえて、ゴミ問題、環境問題もいっそう深刻化するであろう。

 

移民の多い国に、危険や支障が

増大することと、共通した問題だ。

 

 

 

*********

 

 

大自然を捉えたキレイな広告やら画像映像に、一瞬は好奇心はそそられるものの。

子供の頃から、リゾート地、リゾートホテルと言うものに

幾ばくの違和感があった。

 


美しい海に垂れ流される、大量の宿泊者の化学物質を含んだ汚水は、

浄化できているだろうか。山頂付近のホテルや施設も然り。

それ以前に、そのリゾート地を開発するのに、

どれほどの自然を破壊し、多種生物の住処をぶち壊して、

人間サマだけが貴族ゴッコをすること。その、傲慢さ。罪深さ。

生物の営みを想像すると、ゾっとし、堪らなく胸が痛む。

 

一度なりともリゾート経験したのだから、そんなことを

のたまうと偽善者となるわけだが……。

 

としても、TV雑誌等のリゾート紹介記事を

目にするとそんな感覚になってしまう。

ペシミスト、悲観的と家人からは批判される。

 

 

*********

 

 

幕末までの日本には、登山やスキー、海水浴は存在しなかった。

山に登るのは修行者であったり、海に潜るのも海女や漁師、

お役目の人たちだ。

レジャーそれに付随するスポーツ等余暇の使い方、

概念(貴族の暇つぶし。見栄の張り合い・競争)は、

様々な意味において、不要であっただろう、と思う。

もちろん、四季折々豊かな身近な自然。

多種多様の鳥や小動物、虫たちも生活の中に溢れていたのだから。

 

 

 

海、山、動植物、自然への「畏敬の念」は、

今や、過去の遺産のようであるが。

 

自然を活用するのを最小限に留める、

普遍の姿勢ではないのか。

 

深山幽谷のような立入り禁止であろう自然空間には

母国の物見遊山の者、まして他国の人間が弄ることは、

地霊精霊への冒涜と言えないか。

 

もちろん日本人も外国の聖域でそうした無礼をしているなら、

許されるものではない。

 

 

近代以降の欧州的人間中心主義のような

傲慢の暴走を防ぐことができるなら、と。

 

 「慎み」という美意識は巡り巡って

人間の、日常生活環境の、水や土や空気の清浄を保つ、

多生物の繁栄に、という循環へ繋がっている。

 

 

 

当時訪日した欧州貴族勢の多くのエージェントたち。

幕末から明治初期の日本をくまなく調査旅行をし、

日本の自然環境を相当に、把握したようだ。

(「逝きし世の面影」参照)

 登山やハイキング、海水浴、スキー、ゴルフ諸々。

貨幣経済活動をセットにし、自然環境を人工化への

欧州貴族ゴッコのリゾート設計、

つまり観光という概念が確立された訳である。

 

あらゆる印刷物を始まりとして、

多種メディア、大量情報の茶番に踊らされ続ける消費社会。

今日までくまなく世界中に貨幣が巡ってきた。

自然破壊、生物排他と引き換えに。

自然に凄まじい犠牲を払わせて。

 

*********

 

現在では観光庁にエ-ジェン トか(イギリス)_?!

D_後金損氏の、貨幣礼賛なる発言で、

日本全体を陳腐なテーマパーク化させん、とハリっ切ってようで。

暴力支配、略奪強奪強姦はさすがにできない状況下での、

ステルス汚染脳支配を今もひたすら目的にしている。

何百年経過しても厄介な欧州支配層。

それは、何であるか。。。

(ユダキリ教用の旧約聖書の茶番予言盲信デアル。元地球人関与であろう、と。)

かつ、数年前の富岡八幡宮事件とも間接的な関連を想像する。

 

 

*********

 

 

遠い昔の日本人にとって。

自然は、畏怖・崇敬の空間であったことを

忘れたくない、とワタシは思う。

 

 

*********

 

 

現代人が汚染脳されているアイディンティティが、

虚・負〜競争_強奪_排他、すなわち利己によるものだからか?


欧州貴族勢の文化的価値観、キリスト教的人間中心主義の影響を

もろに被ってきた虚しさ。

 

偽情報社会の常識を疑うことが先決だ。

その常識が、偽の夢や代替の希望を人々に抱かせ、

かえってゆとりを失い、日常を形骸化させ唯物的になり、

混乱しているのではないか。

 

地球、他生物をひたすら疲弊させていることを

とみに感じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 【3/12 一部追記】

 

 

 

親の背を見て子は育つ

 

 

この日本の古い言葉は、

人間の能力の何が最も大切かを物語る、と思う。

言葉という道具の限界というのか。


昔の日本の人の経験による指摘の言葉が、本質を伝える。

 

教条的な教本を使っての宗教が、本質からズレて行くのも、皮肉にも
この言葉に集約されているではないかと。


ある種の世界観(キリスト教思想)を批判する者を

批判し、忌み嫌うことは、

観念の渦中。その罠に気づかないのだろう、と。

 

*******

 

各々自身の実感・体験経験。小さな日常の気付き。

その欠片を少しづつ当て嵌め重ねて、

各々の人間の意識は研ぎ澄まされていくのだろう、と思う。

地球摂理はそんな感じではないかな。。。

人間は他生物への助力の役割なのだから。

人工的利己優先な言葉、それに満ちた書籍に、正解はないわけで。

 

 *******

 

人間中心主義の思考に、落とし込まれた

選民意識。

 

救われたい願望、エゴがある程に、

カンニングよろしく、答えがわかる方法(楽ちん、短絡の方法)を選び、

他の提示する仮の正解を

盲信・すがるようにして信じ、自分を騙しながら肯定して。

 

やがて、自分自身の人生・思考、思想が希薄になり依存心が増幅する。

布教やら、多くの人に伝えなければ・・という、奴ら御用達の

マスコミのような、衝動性が、偽の己を突き動かす。

現代の情報過多、情報飽和状態は、そうした動向、

集合的思考の所産であろうと。

 


権威や権力、金銭の力に無意識に頼り、イデオロギーを盲信し、
他者を否定する人生へと変貌する。

 

悪魔社会へのシナリオ。

 


宗教者の多くは、ブランド的価値観に反応しやすい。

(机上の価値に浸っているから)


学校やら、巷の組織、啓蒙的団体。

(西洋的価値観の社会組織はフェーマス・有名性や権威的であることが、

 最重要。。。w)


そこで交わされる会話は、優越劣等感を苛むような会話に溢れている。


なぜなら、具体の、個人の、尺度が分からなくなっているから。

それが、西洋的団体やら西洋宗教の仇。


個人の、八百万の神、アミニズムの感性と、逆行した心理。

 

 

 (わかりにくい表現でスンマセンw)

 

 

人間中心主義への哀悼。

 

 

 

キリスト教的価値観から遠ざかることが賢明であろうと思う。

教育的歴史ではなく。

 

史実・体験に、出会っていくと。

 

決して、その宗教が、地球にとって、

正解ではないことに気づくのではないか。
気づかないのは、汚染脳の証ではないのか、と。


綺麗事で埋め尽くされた愛愛愛が文言の宗教思想団体_その営利。

生物・自然を愛でるよう文言言説で振る舞いつつも、

自然破壊をジワジワと起こす思想、思考回路。

あまたの団体。

 

そして軍事費調達の構図が根元にある。

欧州貴族勢___自己愛の果て。

 

(与えても与えてもバケツに穴が空いたが如く。底無し沼のような。

 巡りの停止。良心良識の底下げ。

 

 誠意・善意のエネルギーを浪費消耗摩耗し担保させる構図_

 呪詛による

 集合無意識(負のエネルギー化)。

 奴ら用の〝正エネルギー担保〟

 集合無意識の旨みを吸い取るような___。)

 

 

ちょっとイっちゃってる発言で恐縮だが・

キリスト教_関連に関わり

肌で感じてきたことデシテ。w

 

 

 

〝アイアイ アイアイ アイアイ アイアイ

 おさ〜るさ〜ん、だよ〜〟  ♪w♪

 

 

「ほすぴたりてぃー、ぼらんてりてぃー、ちゃりてぃー」

欧州、白人社会なりの愛の意味であるのを。。。

 

LOVE〝ラブ〟と倒錯させられている、

明治以降の汚染脳された、ワレワレ日本人。

 

 

 

 ********

 

特定(選民)人間支配を確立、強固にするための
組織であり。道具であり。ノウハウであり。
そこに、真理真実を見出せるとは、到底思えない。

 

********

 

いいのだ。かの信者はそれに傾倒し続ければ。
いいのだ。かの宗教はその迷宮に身を浸していれば。
いいのだ。かの組織はそれを利用し続けて汚染脳を全うすれば。

 

********


だがしかし。

地球は限界に近づいているのでは??と。

所詮それは、

人工の、元地球人の悪辣なエゴ支配思想に翻弄されるエネルギーであり。

それを我々は如何に、見抜き取捨するかの、

歴史的一過の出来事(3〜2千年)でしかない、と。

 

元地球人・逃亡種(1万五千年〜8千年)即ちグレーと、

キリスト教ユダヤ教は、汚洗脳の団体。と、思われるから。

 

この地球の摂理、自然摂理では、彼らの思想は、

部品でしかないことを思う。

 

部品がどんなに大きくなっても。

歪んだ部品思想が大きくなるほどに。

地球はバランスを崩すだけで。


********

 

人間〝中心〟主義の、欧州貴族の傲慢さ、その病理に気づかない人たちの
思想・思考へ、
哀悼を思う。(お気の毒だな。)

 


********

 

 「情」

地球の意と思ふ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレー(元チキュウ。現$星人)_と_リセット_____ですか!?w・・・  〝ダメボス会議〝5月→8月〟!?(*)

 

 

 

 

超エリートたちは大衆の口コミ・噂が

案外と、脅威、恐怖なのだろうナ、と思う。

 

だからこその、グ-グル・一強をたった数年で、

独占確立したことも肯ける。

 

 

検索エンジンのシステム構築について、

特許・誓約契約を駆使し、奴ら勢力が

ネットというインフラを独占支配へ向けて

数十年前のIT企業間の攻防戦。

 

素人なりにある程度、想像できる。

 

今、検索エンジンの基盤技術が、

全てグ-グルのノウハウに占拠され組み込まれ、

情報を大衆が得るのに、意図的に情報操作されていることは、

多くの大衆は気付いている。

 

が、それに太刀打ちできない現況。

探す、調べる、見つける__という、人間、生物の本能や行動様式を

相当に研究しての支配確立であっただろうか、と。

 

 

約30年前の自由なネット環境を知っている者からすれば、

今やひたすら広告的、営利的なサイトが検索上位にのぼって来ることが、

監視社会、すなわち〝貨幣&電子マネーシステム完全支配〟へ向けての、

その強化体制の異常さを実感。

日々あんぐりしながら麻痺するしかない。

そんなネット環境であることを客観視している人はどれくらい

いるのだろうか。

 

 

********************

 

 

お金の巡りを庶民、立場の弱い者に透明性を

強要し、立場の強い者、経済超エリート、多国無国籍企業陣営は、

とことん不透明さが黙認されている。

 

平等という概念を持つようになったのはいつからなのか。

ロスチャイルド 資金提供と囁かれる資本論

マルクス主義に影響された人たちの詭弁であったか。

 

と、知識もないくせに偉そうなことを考えてしまう。

 

 

*******

 

巷で広がっている、グレートリセット という言葉。

 

 

www.jiji.com

 

大衆の生活には地球資源節約を強要するであろう、

社会主義的な提言のVIP集会。

 

そのVIP集会は、エゴイスト支配軍団の利己利益資産死守、

その分配の方法と。

 

如何にグレー(現キン星人)〝と〟の関係で、

自己保身を維持できるか。

巨大資産を今後も維持しながらの、社会主義的な世相、

大衆から如何に最大のエネルギーを吸い上げ増やすか?

 

そんな残念なことを決めようと目論んでいると、

妄想が暴走気味のワタシは、想像してしまう。w

 

自然界の本質からズレた研究観点で、中世以降の欧州を中心とした

ド偉いさんタチが地球社会、大衆社会を疲弊させながら、

かつ倭人由来の日本全体のエネルギーを奪い、

目の敵にしながら利用し倒すことが、卑しくしょぼい奴ら大目標。

 

ド偉いさんタチは大衆社会を病的な世界へ作り替え、

その中で享楽の甘い蜜を吸いたいための話合いが、

ダメボス会議___(懐疑)

 

地球の史実、現$星人、エリートら遺伝__出自が判れば

いづれは終わる。

 

(いつものトンデモ内容デシタ。またもやオヤジギャグが。w)

 

 

 

 

 

ふと思ふこと

 

人生とは何か。
What is life.

どう生きるべきか。
How to live.


哲学でいうところの演繹法帰納法と喩えられるか。

仏教が前者、後者がキリスト教イスラム教と。

日本にとっての古神道・古ユダ教。

実と虚。

 

 

******


宇宙・意識の物質存在が始まったのは捻れであると、
K氏から窺った記憶。

 

本意・本質、今の当方の意識では解り得ない。

二次元に矛盾が多様に存在し始めての、
捻れという振る舞いの現象・物質界であるのだろうか。

 

そんなことも知る由もないが。

 

****** 


己の意識とは__どこから来るのか。
己の感覚とは、どこから来るのか。
己の感情とは、何であるか。
己の運命とは、何であるか。
己の生命とは、何であるか。

 

外側の世界は、意識現象の混沌なる帰結として

映し出される物質現象の世界。

 

自問自答をする時。

本質に触れながら、本質に触れられるよう

思考を重ねることができれば幸い、と常々思う次第。