読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

白髪

 

 

中年後半になったワタシだが、

日常で、ちょっとしたことで知らなかった、という

ことが、時々あることのひとつ。

 

1月に美容院に行った時、白髪染めの話になって、

美容師さんに「白髪染めはしないですか?」と聞かれた。

「白髪は結構ありますけど、たまにヘナで染めますが、

まめにはできないですね。化学染料は使いたくないし…。」

と、応えた。

 

「一度、化学染料で髪を染めた人が、ヘナを使うと

赤茶けたような、あまり綺麗な色に染まらないんですよ。

お客さんは化学染料の白髪染めを使っていないから、

赤茶けた色にならないですね。」と言われ、納得した。

 

ヘナで染めると赤茶けた色に、皆なるんだと思っていたから、

あの色にワタシの髪はいつなるんだろう?と怖々思っていた。

が、染めた時の色が徐々に薄くなっていくだけで変色はなく、

いつも不思議だった。

 

未だに化学染料の白髪染めは使ったことが

無かったので、美容師さんとの何気ない会話で

やっと訳が分かった。

 

 

化学染料のヘアカラーの毒性も、健康被害や環境問題へ繋がっている。

たまに、ヘナを使うか、次第に増えていく白髪も

楽しめばいいかな…と。

 

体調や精神状態が良い時は白髪も減る気がする。

寝不足や体調を壊す、心配事があると一気に白髪が増える。

髪も心身の状態を知る内なるバロメーター。

白髪を真っ黒に染めてしまうと、次はいつ染めようか…と、

生え際ばかり気するだけで、体調管理には役立たない。

 

 

ともあれ、白髪をあまり気にしない、

そのうち似合うようになれたら、と思う。

マスゴミがバラまく若者世代の流行やカルチャーが席巻し、

もてはやされ過ぎ、それに引きずられるような

日本社会の風潮への疑問と、ささやかな抵抗だ。

 

 

若者礼賛を基準にし見栄えばかりに拘った美容は、

身体を傷め、環境を汚し醜くする…。

 

元来、老成し風格のある大人、老人には、

白髪は似合うと感じる。

(自身がそうなれるかは、カナリ疑問デスガ。)

 

 

日本の大衆文化が、戦後からだろうか。

低年齢層向けで、陳腐にさせられているのは、

やっぱり、企業&マスゴミ…ヤツラの作戦ダナ。(遺憾ダ)

 

 

 と、言ってもあらゆる「事象・事柄」は自分都合の解決などしないもの。

その諦念から、見方を変える、受入れる、適当さみたいなところに、

拘りという執着心からではない、

アイディンティ(自己の一貫性)のようなものが

発生するもんダ、たぶん…。

 

場当たり的な化学染料の白髪染めも、

それを阻んでいるってなことカナ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする