ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

根を思う

 

過程・道程・プロセス…。

その時間に、如何に豊かな喜怒哀楽があるかを思う。

人生は過程・道程・プロセスそのものがご褒美、なのだと。

 


植物は、種が土に落ち蒔かれ、やがて芽が出て葉茎が育ち花を開く。

その間、絶え間なく根は地へと命の素をと広げていく。

地中の活動が地表の世界のそれを支えている。

 

無意識と意識の世界。人間の想念の活動と重なる。


見える世界ではない、見えない、見せない、
その奥行きがやがて表の世界で真実を顕わしていく。

 

見えないことのプロセスなくしては、
この見える世界は存在しないことを
想う。

 

 

 

 

そして、根から花まで…

ミクロの細胞の集合体が宇宙の摂理に則って

生命活動が刻々と営まれている。

可視できないけれども

存在している。

 

生物は人間も含め、ミクロ宇宙の集合体で

可視化は間接的にしかできない。

意識ではそれを感じられる。

その落差を常に思う。