読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

葉加瀬太郎のバイオリンから…

 

 

 

なぜだか葉加瀬太郎の演奏を聴きたくなって

Youtubeで検索して聴いてみた。

 

何だか、心にしみる。

 

何だか、大げさ。

 

何だか、ドラマチックで、やけに作り事。

 

ああ、現代はコミックなんだな…と思った。

 

もう、渾身の・本気の・時代を経た魂は、

ちょっと客観の世界でこの世を見ている。生きている。

だけれども、「今」に在らんとする意識の世界…。

 

だれもが、この世(三次元にて)の演者だと

気付きかけている。

それが、コミックなのだ。

 

立川志輔の落語も大好きなのだけれど。

落語を聞いていると、

この人は多分、すごく、コミック誌が好きな

落語家なのじゃないかな?!という

描写が随所にある。

 

現代の表現者の大半は「コミック」なのだな…。

真剣だけれども傍観者。

人生の悲喜交々は主観ではなく、

幾多の魂の人生経験で操る技を身につけつつある。

一生懸命と脱力。

 

冷静と、…情熱。

言語化しようのない無自覚なその熱情が解るのは次の時代か…洗脳社会故に。

 

 

 

主観を腫れ物のように恥部のように恐れながら照れながら、、

扱う時代の…客体・客観。 

 

そんなスタンスが現代日本社会なんだなぁ…と思った次第。