ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。脱出!」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

マスコミによる汚染脳から脱却のコツ?!  その2

マスコミを利用しなくなり、語彙力が一時低下したように感じた。

これは、良くない傾向だろうか?と考えたこともあったが、さにあらん。

しばらくして、今まで浮かんで来なかった言葉が増えたようにも感じられ、

やはり時間を費やすのなら読書が良い、と実感し始めた。

テレビ世代の私は見続けている長い年月、少なからず自分の観察の視点や

言葉で物事を思考しておらず、テレビの発信する内容や言葉が、私を

支配していたことをマスコミを遠ざけるようになって改めて、

気付かされたのである。

 

マスコミ中毒になっている多くの人間は、脳内の話題が常にマスコミと

自分の考えや感情が連動しているのである。つまりマスコミ情報に思考も感情も

支配、制御され続けているのだ。更に今はケイタイを後生大事にする人間が

増大したから、「マスコミとケイタイと脳」の連動した中毒症状に拍車が

かかっているだろう。

人生が実感の伴わない道具で、受け身で脳だけが右往左往しているのである。

 言語をテレビから仕入れる機会が多いマスコミ中毒者は、

ミラー反応と言えば良いだろうか。

同じような言葉を反射的に発する、あるいは思考や言語が

マスコミから仕入れた語彙を無意識に使う言動になるであろう。

 

幼児がテレビを見ながら踊ったり喋ったりする状態は

同化行動、ミラー反応で、幼児のように明らさまではなくとも、

大人も同化してしまう行動を無意識にしていると推察する。

前回も書いたが前頭葉でほんの少し未来をイメージ

しながら人間は行動をしようとするメカニズムである。

テレビを見ていると自然にイメージや言語の反応がテレビに

相似してくるのは、誰しも薄々は感じていることではないだろうか。

己の意識、人生がひたすらに、マスコミとケイタイで

妨害され続けているのである。

 

マスコミが偽装集団であるから利用しないに越したことは無い、

のみならず、疑似体験に留まる脳へだけの刺激や、

市民への情報が一方通行であるのは、

明らかに意識のコントロール以外の何物でもない。

主体的な人生に有効であるかを問えば、否であろう。

 

 正に汚染脳社会であり、心身を守るのは己の意識だけなのだ。