ただいま日記

洗脳社会〟の手法を「知って。気付いて。」 自分に帰ろう。今に戻ろう。

生活___食__健康__について

黒豆

大晦日にはおせちを作る。恒例の黒豆も煮る。その前日に多少仕込んで。 ところで、数年前に黒豆も土鍋で煮ると美味しいことが分かった。調理器具の形や素材は食材に案外影響しているようだ。当たり前のことかもしれないけれど。。。 今回は黒豆の用意は少量…

おばさんのテキトーな知恵

大根と里芋を一緒に煮るとどちらも早く煮えるのを経験的に感じる。たぶん、酵素の作用があるのだろう。 ジャガイモが意外にも、昆布との相性が良いようで、煮物・煮込みに昆布・粉・刻み昆布は、ジャガイモの旨味がぐっと出て来て美味しくなる気がする。 し…

プチ断食 追記2

家人から勧められ 心が揺さぶられた…本の一節。 少し長いが転載を。 *************************** 「子どもの文化人類学」原ひろ子著(晶文社) *************************** (26〜31頁より) もうひとつ、“飢え”によっても、肉体と心を統合した “自分”を知…

プチ断食 追記1

書き忘れたことのひとつに。 …食糧が無くて食べられないこと。 飢餓。 …食糧があっても食べないこと。 断食。 (意志?意図?)。 その違いを思った。 近年の食に関する経緯に思いを馳せると、 第二次世界大戦の前後 (幕府開国後の[国際金融家資金提供]の 戦…

プチ断食

ちょっと断食もどきをやってみた。 人参ジュースや葉物ジュース(生野菜からの汁)を 食事代わりに飲む。 (ちなみに企業製造の野菜や果物のジュースは濃縮還元で水分とほぼ糖分だけ。 飲んでも栄養が無いので、生からのジュースとは別物。 野菜や果物の代替…

おすすめ ザワークラウト

ずぅっと欧州勢を批判している。が、 それは中世以降のユダキリ教選民思想勢力を指していて、 一般の普通に生きている欧州の人たちは、 むしろ被害者&白人種優生の差別意識を植え付けられているだけな訳で。 まだ、魔女狩り以前の欧州に精霊信仰があった、 …

おせちの料理を日常に

おせち料理を今年も作った。 が、今回は家族のことがあって分量や種類は控えめになった。ところで、おせちの内容を見渡すと、 常備菜として食卓にあって良いなぁ重宝だなぁ、と感じるこの頃。 例えば“なます”。大根とニンジンを千切りにして 少々の塩揉みを…

カビとかぼちゃ

夏が終わる頃。ここ数年はカボチャを保存する時期と決めている。 昔の人が冬至にカボチャを食べたのは、冬に植物を摂取する機会が減るから、栄養については経験的であったにしても、それを補う知恵として今も尚、習慣は引き継がれているのだろう。 最近の晩…

マヨネーズ

家族の病をきっかけに「食」に関して試行錯誤して8年ほど経過した。 今の食生活は基本的には玄米菜食。時々お魚。たまに少々のお肉も頂く。 (大豆グルテンミートは発酵していない大豆を使用しているので×) 本当は果菜食を目指しているので朝は果物。しかし…

パエリアで時短。…和食こそ、心の豊かさと知恵の深さを培ってきた

昨日は来客という訳で もてなし用らしき料理を作った。 前日までは手巻き寿司を予定していたのだが、 新鮮な刺身を調達するための時間が無くなり、 結局、夜遅くまで開いているスーパーでメニュー変更をした。 パエリア、スープ、口取り、サラダ、デザートに…